【3月4日の市況】日経平均大幅反落で2万9千円割れ、日立造船 従来品の7倍の容量を持つ全固体電池を開発し株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも続落となりました。

10年債利回りが再び1.5近辺まで上昇してきたことを受け、高PERのハイテク株を中心に売りが出ました。

NYダウ 31,270.09 -121.43 (-0.39%)
NASDAQ 12,997.75 -361.03 (-2.70%)
S&P500 3,819.72 -50.57 (-1.31%)
NYダウ続落121ドル安 長期金利上昇でハイテク株総崩れ
【NQNニューヨーク=古江敦子】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比121ドル43セント(0.4%)安の3万1270ドル09セントで終えた。新型コロナウイルスのワクチン普及への期待から買いが先行したが、米長期金利の上昇でハイテク株への売りが膨らんだ。ナスダック総合株価指数が大幅安となるにつれ、ダウ平均...

経済指標

2月 ADP雇用統計

この日は2月のADP雇用統計の発表がありました。

非農業部門の雇用者数は前月比11万7000人増となり、市場予想を大きく下回りました。

米雇用、2月は11.7万件増に鈍化 民間調査(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米民間雇用サービス会社ADPが3日発表した2月の全米雇用リポートによると、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)は前月から11万7000人増にとどまった。前月の改定値(19万5000人増)から伸びは鈍化し、雇用回復の停滞を示唆した。22万5000人程度の増加を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場...

2月 ISM非製造業景況指数

2月のISM非製造業景況指数は前月比3.4ポイント低下の55.3となり、市場予想を下回りました。

2月の米非製造業景況感3.4ポイント低下 9カ月ぶり低水準(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米サプライマネジメント協会(ISM)が3日発表した2月の非製造業(サービス業)景況感指数は55.3で、前月から3.4ポイント低下した。4カ月ぶりの低下で、2020年5月以来9カ月ぶりの低水準となり、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(58.9程度)を下回った。「新規受注」が51.9で9.9ポイント...

米地区連銀経済報告(ベージュブック)

米経済「わずかに拡大」、見通しは改善 地区連銀報告(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)が3日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)は、米経済が1月から2月中旬にかけて「わずかに拡大した」と総括した。新型コロナウイルスワクチンの普及で「企業の見通しは明るい」と指摘した。賃金上昇圧力が高まっており、一部で物価は「わずかに上がる」との予測があった。同報告に...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが下落しました。

日経平均は昨晩の米国市場の流れを引き継いで安く始はじまり、午後1時過ぎには848円安まで下げ幅を拡大する場面もありました。

これにより日経平均は再び2万9千円を割り込みました。

銅価格が下がってきたので、非鉄金属株が大きく売られました。

昨日はアジア市場全体が高かったんじゃが、今日はその逆になってしもうたのぉ。

日経平均 28,930.11 -628.99 (-2.13%)
TOPIX 1,884.74 -19.80 (-1.04%)
JPX日経400 17,034.57 -182.64 (-1.06%)
JASDAQ平均 3,777.36 -36.59 (-0.96%)
マザーズ指数 1,171.81 -25.85 (-2.16%)
東証大引け 大幅反落、2万9000円割れ 米長期金利上昇を警戒
4日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落し、前日比628円99銭(2.13%)安の2万8930円11銭で終えた。2月5日(2万8779円)以来およそ1カ月ぶりの安値となり、節目の2万9000円を割り込んだ。下げ幅が800円を超える場面もあった。米長期金利が再び1.5%に迫る水準まで上昇したことをきっかけに、相対的な...

個別材料

日立造船 従来品の7倍の容量を持つ全固体電池を開発し株価ストップ高

環境プラントなどの日立造船<7004>は3月3日に行われた展示会で、従来品の約7倍の容量を持つ全固体電池を開発したと発表しました。

これを受け今日の日立造船の株価はストップ高となり、昨年来高値をつけました。

容量は1000mAhだそうで、最低でもあと3倍くらいはないとスマホには使えません。

自動車に使えるようになるまでには、まだまだ時間がかかりそうです。

日立造船<7004> 920 +150 (+19.48%)
日立造船、容量世界最大級の全固体電池を開発
日立造船は容量が世界最大級の全固体電池を開発した。容量は1000㍉㌂時で同社の従来品から約7倍に増えた。高温下など特殊な環境で動作するのが特徴で、人工衛星や産業機械など活用の幅が広がりそうだ。年初から大阪市の工場で試作品の少量生産を始めた。3日に都内で開かれた展示会で発表した。セ氏マイナス40度~プラス100度の厳しい...

リコー 20%の自社株買いを発表し株価ストップ高

複合機などのリコー<7752>は、3月3日に1億4500万株(20.02%)・1000億円を上限とする自社株買いを発表しました。

取得期間は3月4日~2022年3月3日としています。

これを受け今日のリコーの株価はストップ高となりました。

リコー<7752> 1,117 +150 (+15.51%)
リコー、発行済み株式の20.02%・1000億円上限に自社株買いへ
リコーは3日、自己株式を除く発行済み株式総数の20.02%を上限に、自社株買いを実施すると発表した。3月4日から2022年3月3日まで、市場から1000億円を上限に取得する。取得した全株式に加え、2000万株を22年4月30日に消却する。

ソフトバンクG 出資先の企業が破産申請手続きをすることになり株価大幅安

ソフトバンクG<9984>も出資している、金融のグリーンシル・キャピタルが英国で破産申請の手続きを開始することになったとの報道が3月3日にありました。

これを受け今日のソフトバンクGの株価は大幅安となりました。

NASDAQが下げていることも効いているようです。

ソフトバンクG<9984> 10,050 -550 (-5.19%)
グリーンシル・キャピタル、破産申請手続き開始-事業売却交渉も継続
金融ベンチャーのグリーンシル・キャピタルは、英国で破産申請の手続きを開始する。同社は突然の信用喪失でローン債権の買い手を失い、ドイツに置く銀行部門のグリーンシル銀行も当局の監視下にある。

ファーストリテイリング 全品9%を超える値下げを発表し株価大幅安

4月から消費税の総額表示が義務化されることになりますが、ユニクロやジーユーは現在付いている税抜き表示の値札を付け替えず、3月12日からその値段を税込み扱いとしてくれるのだそうです。

これにより全品約9.1%の実質的な値下げとなります。

これを受け今日のファーストリテイリング<9983>の株価は大幅安となり、10万円を割り込んでしまいました。

ファーストリテイリングだけで日経平均を205円押し下げました。

ファーストリテイリング<9983> 99,230 -5,720 (-5.45%)
ユニクロ全商品約9%値下げ、本体価格をまんま「税込み価格」に
ファーストリテイリング傘下のユニクロが3月12日から全商品を約9.1%値下げすることが明らかになった。同じ傘下のジーユー(GU)もほぼすべての商品が同じ値下げの対象となる。現在、税抜き価格で表示している金額をそのまま税込み価格とすることで対応する。

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

積水ハウス

ハウスメーカーの積水ハウス<1928>は、3月4日に2021年1月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比12.5%減となりました。

期末配当は従来予想の37円から39円へと2円増額しています。

併せて2022年1月期の業績予想を発表。

純利益は前期比9.3%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で86円としています。(前期比2円増配)

また、800万株(1.17%)・150億円を上限とする自社株買いを発表しています。

取得期間は3月5日~2022年1月31日としています。

積ハウスの2022年1月期、純利益9.3%増 予想平均上回る
積水ハウスが4日発表した2021年1月期の連結決算で、純利益は前期比12.5%減の1235億4200万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(1170億4700万円)を上回った。2022年1月期の純利益は前期比9.3%増の1350億円を見込む。QUICKコンセンサスの1347億5800万円を上回る...

内田洋行

オフィス家具の内田洋行<8057>は、3月4日に2020年8月~2021年1月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比13.6%減となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比8.9%増としていましたが、今回34.6%増へと改めました。

また、年間配当予想を従来の90円に特別配当30円を追加して120円(前期と同額)としています。

GIGAスクール構想が効いてきたようです。

内田洋の20年8月~21年1月期、純利益13.6%減 通期予想を上方修正
内田洋行が4日発表した2020年8月~21年1月期の連結決算で、純利益は前年同期比13.6%減の15億4600万円となった。2021年7月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比34.7%増の47億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは36億5000万円だった。内田洋は情報システム、オフィ...

DyDo

飲料のダイドーグループホールディングス<2590>は、3月4日に2021年1月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比80.2%増となりました。

併せて2022年1月期の業績予想を発表。

純利益は前期比18.9%減になりそうだとのことです。

配当予想は前期と同額の年間60円としています。

DyDoの2022年1月期、純利益18.9%減
ダイドーグループホールディングスが4日発表した2021年1月期の連結決算で、純利益は前期比80.2%増の32億400万円となった。2022年1月期の純利益は前期比18.9%減の26億円を見込む。DyDoは主力の国内飲料事業では、ロングセラー商品「ダイドーブレンドコーヒーオリジナル」など缶コーヒーを強みとしており、販売チ...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国ではパウエルFRB議長の発言があります。

また、以下のような指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数

以下のような決算発表もあります。

  • ブロードコム<AVGO>
  • ギャップ<GPS>
  • コストコ・ホールセール<COST>

国内

明日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 日本駐車場開発<2353>
  • 鳥貴族HD<3193>
タイトルとURLをコピーしました