【3月2日の市況】日経平均反落、ヒマラヤ 業績予想を上方修正して株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも上昇しました。

10年債利回りが1.4あたりに落ち着いてきたことで投資家心理が改善し、先週売られた株を中心に買いが入りました。

NYダウ 31,535.51 +603.14 (+1.95%)
NASDAQ 13,588.82 +396.48 (+3.01%)
S&P500 3,901.82 +90.67 (+2.38%)
NYダウ603ドル高、4カ月ぶり上げ幅 金利上昇一服で(写真=AP)
【ニューヨーク=後藤達也】1日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅反発し、終値は先週末比603ドル14セント(1.9%)高の3万1535ドル51セントだった。上昇幅は約4カ月ぶりの大きさ。米長期金利の上昇が一服し、先週値下がりした銘柄を中心に買う動きが広がった。IT(情報技術)株の多いナスダック総合指数も3.0%高...

経済指標

2月 ISM製造業景況指数

2月のISM製造業景況指数は前月比2.1ポイント上昇の60.8となり、市場予想を上回りました。

2月の米製造業景況感、2.1ポイント上昇、3年ぶり高水準(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米サプライマネジメント協会(ISM)が1日発表した2月の米製造業景況感指数は60.8で前月から2.1ポイント上昇した。2カ月ぶりの上昇で、2018年2月以来3年ぶりの高水準となり、製造業が好調であることを示した。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(58.9程度)も上回った。指数の構成項目のうち「新...

決算発表(夕)

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM>

Web会議のズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM>は、2020年11月~2021年1月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比17倍となり、時間外の株価は大幅高となっています。

Zoom、11~1月売上高4.7倍 大幅増加続く(写真=ロイター)
【シリコンバレー=佐藤浩実】ビデオ会議システム「Zoom」を提供する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが1日発表した2020年11月~21年1月期の決算は売上高が前年同期比4.7倍の8億8248万ドル(約940億円)だった。純利益は17倍の2億6039万ドルで、新型コロナウイルス下のビデオ会議の定着ぶりを示した。い...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数の中ではマザーズ指数だけが上昇し、その他の指数は下落しました。

日経平均は昨晩の米国市場の流れを引き継いで高く始まり、29,996円まで上昇する場面もありましたが、その後すぐに勢いを失い10時半を過ぎたところでマイナスに転じ、さらに下げ幅を拡げていきました。

米株指数先物に引きずられてどんどん下がってしまいました。

日経平均 29,408.17 -255.33 (-0.86%)
TOPIX 1,894.85 -7.63 (-0.40%)
JPX日経400 17,137.31 -74.75 (-0.43%)
JASDAQ平均 3,809.12 -6.78 (-0.18%)
マザーズ指数 1,222.43 +4.98 (+0.41%)
東証大引け 反落、短期の過熱感強まる 米先物安など嫌気
2日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比255円33銭(0.86%)安の2万9408円17銭で終えた。中国・上海株式相場や日本時間同日午後の米株価指数先物が軟調となったことなどを受け、景気敏感株などに利益確定売りが出て指数を押し下げた。朝方は前日の米株高を手掛かりに上昇したが、続かなかった。日経平均の下げ幅は一...

経済指標

1月 失業率、有効求人倍率

今日の取引時間開始前には1月の失業率、有効求人倍率の発表がありました。

完全失業率は前月比0.1ポイント低下の2.9%。

有効求人倍率は前月比0.05ポイント上昇の1.10倍となりました。

1月の失業率2.9%、有効求人倍率1.10倍 2カ月ぶり改善
総務省が2日発表した1月の完全失業率(季節調整値)は2.9%と前月に比べ0.1ポイント低下した。厚生労働省が同日発表した1月の有効求人倍率(同)は1.10倍で前月から0.05㌽上昇した。いずれも2020年11月以来、2カ月ぶりに改善した。緊急事態宣言による雇用情勢への影響は1月時点では見極めづらく、改善が続くかは見通せ...

個別材料

ヒマラヤ 業績予想を上方修正して株価ストップ高

スポーツ用品店のヒマラヤ<7514>は、3月1日に2021年8月期の通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では2億7200万円の黒字としていましたが、今回9億円の黒字へと改めました。(前期は7億8900万円の赤字)

これを受け今日のヒマラヤの株価はストップ高となり、昨年来高値をつけました。

ヒマラヤ<7514> 1,062 +150 (+16.45%)
ヒマラヤ、通期の純利益予想を上方修正 2億7200万円から9億円に
ヒマラヤは1日、2021年8月期の最終損益が9億円の黒字(前期は7億8900万円の赤字)になる見通しだと発表した。従来予想の2億7200万円の黒字から上方修正した。営業損益は13億7000万円の黒字(前期は4億8700万円の赤字、従来予想は5億5000万円の黒字)、経常損益は15億円の黒字(前期は3億2800万円の赤字...

サンデンHD 第三者割当増資で214億円調達すると発表し株価ストップ安

カーエアコン用コンプレッサーのサンデンホールディングス<6444>は、第三者割当増資で約214億円を調達すると、3月1日に発表しました。

引受先は中国の家電大手ハイセンスだとのことです。

この新株発行による希薄化が嫌気され、今日のサンデンHDの株価はストップ安となりました。

サンデンHD<6444> 383 -80 (-17.28%)
サンデンHD、中国家電大手ハイセンスから214億円調達
経営再建を目指す自動車向け空調大手のサンデンホールディングス(HD)は1日、中国家電大手・海信集団(ハイセンス)グループ傘下のハイセンス・ホーム・アプライアンス・グループを引受先とする第三者割当増資を通じて約214億円を調達すると発表した。海外拠点の再編などに充てる。新株の発行価格は256円。ハイセンスは特別目的会社を...

ワークマン 2月の月次売上高が前年割れして株価大幅安

作業服のワークマン<7564>は、3月1日に2月の月次売上高を発表しました。

既存店売上高は前年同月比3.7%減となりました。

前年割れになったのは3年5カ月ぶりとのことで、今日のワークマンの株価は大幅安となりました。

ワークマン<7564> 7,650 -290 (-3.65%)
ワークマンが冴えず、2月既存店売上高は3年5カ月ぶり前年割れ - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
ワークマン(7564)が冴えない。午前10時20分時点では前日比300円(3.7%)安の7640円と売りが先行している。1日に2月の月次前年比速報を発表。既存店売上高は前年同月比3.7%減だった。マイ

Zホールディングス LINEと経営統合したものの株価は大幅安

ヤフーでおなじみのZホールディングス<4689>は、3月1日にLINEと経営統合しました。

戦略発表会ではPayPayとLINEペイの統合やAIに5000億円投資することなどが発表されました。

今日のZホールディングスの株価は、一旦材料出尽くしということなのか大幅安となりました。

Zホールディングス<4689> 636.3 -32.2 (-4.82%)
ZHD・LINE統合、AI開発5000億円 決済PayPayに一本化
ヤフー親会社のZホールディングス(ZHD)とLINEは1日、経営統合した。合計売上高は約1兆3000億円と楽天に迫る。2022年にキャッシュレス決済を統一するなど国内の足場を固める一方、人工知能(AI)開発を中心に5年で5000億円を投資し、東南アジアに照準を定める。技術やサービスで先行する海外の巨大IT企業に対抗する...

メルカリ アリババと提携すると発表し株価大幅高

フリマアプリのメルカリ<4385>は、3月1日にアリババと提携し越境ECを始めることを発表しました。

これを受け今日のメルカリの株価は大幅高となりました。

また、この件でのシステム開発などに携わることになったBEENOSの株価も大幅高となりました。

メルカリ<4385> 5,480 +220 (+4.18%)
BEENOS<3328> 2,597 +249 (+10.60%)
「メルカリ」とアリババグループ「淘宝(タオバオ)」、「閑魚(シェンユー)」の連携をBEENOSがサポート
BEENOS株式会社のプレスリリース(2021年3月1日 15時00分)とアリババグループ、の連携をBEENOSがサポート

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような決算発表があります。

  • ターゲット<TGT>
  • ヒューレット・パッカード・エンタープライズ<HPE>
タイトルとURLをコピーしました