【2月19日の市況】日経平均続落、日東精工 生体内溶解性マグネシウムの開発に成功したと発表し株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、以下のような材料で3指数とも下落しました。

  • 10年債利回りが1.3近辺へと上がってきて高PERな銘柄が売られた
  • 新規失業保険申請件数が増えてきた(下に記載あり)
  • 原油価格の上げが一服してきた
NYダウ 31,493.34 -119.68 (-0.38%)
NASDAQ 13,865.35 -100.13 (-0.72%)
S&P500 3,913.97 -17.36 (-0.44%)
NYダウ反落119ドル安 金利先高観でハイテク株に売り
【NQNニューヨーク=岩本貴子】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落した。前日比119ドル68セント(0.4%)安の3万1493ドル34セントで終えた。米失業保険申請件数が市場予想より多く、雇用回復の勢いが鈍いと受け止められた。長期金利の先高観測を背景に、PER(株価収益率)が高いハイテク株などが売られたこと...

経済指標

前週分の新規失業保険申請件数

毎週恒例の新規失業保険申請件数は86万1000件となり、市場予想よりも悪い結果となりました。

米失業保険申請86万件 2週連続増、雇用回復に遅れ(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が18日発表した失業保険統計(季節調整済み)によると、7~13日の週間の新規申請数は86万1000件で、前週の改定値から1万3000件増えた。前週分が上方修正されたため、2週連続の増加となった。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(77万3000件程度)を

1月 住宅着工件数

1月の住宅着工件数は前月比6.0%減となり、市場予想を下回りました。

米住宅着工、1月はマイナス6.0%、5カ月ぶり減少(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が18日発表した1月の住宅着工件数は158万戸(季節調整済み、年率換算値)で、前月の改定値から6.0%減った。5カ月ぶりの減少で、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(166万戸程度)を下回った。前年同月比でも2.3%減った。前月に急増した主力の一戸建てが反動で落ち込み、前月比12.2%減の...

2月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

2月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数は前月比3.4ポイント低下の23.1となり、市場予想を上回りました。

2月のフィラデルフィア製造業景況感、わずかに低下(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米フィラデルフィア連邦準備銀行が18日発表した2月の製造業景況指数は23.1で前月から3.4ポイント低下した。2カ月ぶりの低下だが、低下幅はわずかで、製造業の拡大が続いたことを示した。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(20.0程度)を上回った。同調査は管轄地区内の約120の製造業者が対象。前

決算発表(朝)

ウォルマート<WMT>

小売りのウォルマート<WMT>は2020年11~2021年1月期の決算を発表し20億9100万ドルの赤字となりました。

ウォルマート<WMT> 137.66 -9.54 (-6.48%)
ウォルマート赤字2200億円 11~1月、日英の事業売却で(写真=ロイター)
【ニューヨーク=白岩ひおな】米小売り最大手ウォルマートが18日発表した2020年11~21年1月期決算は、最終損益が20億9100万ドル(約2210億円)の赤字に転落した。前年同期は41億4100万ドルの黒字だった。日本や英国事業の売却に伴う関連費用の計上などが響いた。一方、ネット通販の利用拡大などを背景に売上高は7....

決算発表(夕)

アプライド・マテリアルズ<AMAT>

半導体製造装置のアプライド・マテリアルズ<AMAT>は2020年11~2021年1月期の決算を発表しました。

売上高も1株当たり利益も今後の見通しも市場予想を上回り、時間外の株価は大幅高となっています。

米アプライド、堅調な第2四半期売上高見込む 半導体装置の需要増加
米半導体装置メーカー、アプライド・マテリアルズは18日、第2・四半期の売上高が市場予想を上回るとの見通しを示した。世界的な半導体不足を背景に、半導体装置への需要が上向いている。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが下落しました。

日経平均は昨日からの世界的な株安の流れを引き継ぎ3日続落となりました。

取引時間中は3万円を割り込む場面もありましたが、終値は3万円台をキープしました。

今日のその他のポイントは以下のようになっています。

  • 米アプライド・マテリアルズの決算が良かったことによる半導体関連株の買い
  • WTI原油先物が若干下がってきたことによる関連株の売り
  • 国内ワクチン接種開始で上昇が顕著だった外出関連株の利益確定売り
  • ビットコイン関連株の利益確定売り

昨日はTOPIXが下げても日銀がETFを買わず、今日買うかどうかが話題となっていましたが、やっぱり今日も買いませんでした。

日経平均 30,017.92 -218.17 (-0.72%)
TOPIX 1,928.95 -12.96 (-0.67%)
JPX日経400 17,464.14 -122.57 (-0.70%)
JASDAQ平均 3,824.14 -17.60 (-0.46%)
マザーズ指数 1,265.43 -7.24 (-0.57%)
日経平均3日続落、218円安 3万円台は維持
19日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前日比218円17銭(0・72%)安の3万0017円92銭で終えた。週を通して3万円台を維持した。今週前半にかけて急ピッチで株価が上昇していたことから短期的な過熱感が意識されやすく、利益確定目的の売りが優勢だった。週末を前に持ち高整理の売りも出た。前日の米株安の流れを引き...

経済指標

1月 全国消費者物価指数(CPI)

今日の取引時間開始前には1月の全国消費者物価指数(CPI)の発表があり、前年同月比0.6%下落の101.4と市場予想よりは良い結果となりました。

1月の全国消費者物価、0.6%下落 下落は6カ月連続
総務省が19日発表した1月の全国消費者物価指数(CPI、2015年=100)は、生鮮食品を除く総合指数が101.4と前年同月比0.6%下落した。下落は6カ月連続。QUICKがまとめた市場予想の中央値は0.

個別材料

日東精工 生体内溶解性マグネシウムの開発に成功したと発表し株価ストップ高

ネジなどの日東精工<5957>は、京都府立医科大学や富山大学などと共同で取り組んできた医療用生体内溶解性高純度マグネシウムの開発に成功したと2月18日に発表しました。

これを受け今日の日東精工の株価はストップ高となりました。

このマグネシウムは骨折した骨の固定などに使用し、骨がくっつき始めたら徐々に溶けてなくなるのだそうです。

日東精工<5957> 567 +80 (+16.43%)
日東精工---買い気配、医療用生体内溶解性高純度マグネシウムの開発に成功
*10:11JST 日東精工---買い気配、医療用生体内溶解性高純度マグネシウムの開発に成功 日東精工は買い気配。京都府立医科大学・富山大学などと共同で開発に取り組…

COTA 自社株買いと育毛剤で株価大幅高

トイレタリーのCOTA<4923>は2月18日に75万株・9億5000万円を上限とする自社株買いを発表しました。

取得期間は2月25日~4月30日としています。

また、埼玉工業大学と共同研究していた育毛剤についての発表も行いました。

これを受け今日のCOTAの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

COTA<4923> 1,759 +113 (+6.87%)
コタが急騰し連日の昨年来高値更新、新規育毛剤の開発を発表し自社株買いも実施へ//モーニングスター
 コタ&lt;<a href="/StockInfo/info/snap/4923" target="_blank">4923</a>&gt;が急騰&#12...

ACCESS 村田製作所とDX関連で協業すると発表し株価大幅高

IoT関連のACCESS<4813>は、今日の午前の取引時間中にDXの分野で村田製作所<6981>と協業すると発表しました。

これを受け今日のACCESSの株価は大幅高となりました。

ACCESS<4813> 855 +53 (+6.61%)
村田製作所<6981> 9,785 +118 (+1.22%)
村田製作所とACCESS、幅広い業界のDX化を推進するソリューション開発で協業
ACCESSのプレスリリース(2021年2月19日 09時30分)村田製作所とACCESS、幅広い業界のDX化を推進するソリューション開発で協業

DIC 今期純利益51.5%増の業績予想を発表し株価上昇

インキのDIC<4631>は、今日の昼の時間帯に2020年12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比43.7%減となりました。

併せて2021年12月期の業績予想を発表。

純利益は前期比51.5%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で100円(前期と同額)としています。

この決算が伝わるとDICの株価は上昇しました。

DIC<4631> 2,814 +47 (+1.70%)
DICの2021年12月期、純利益51.1%増 予想平均下回る
DICが19日発表した2020年12月期の連結決算で、純利益は前期比43.7%減の132億3300万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(155億3300万円)を下回った。2021年12月期の純利益は前期比51.1%増の200億円を見込む。QUICKコンセンサスの282億円を下回る。DICは印刷...

来週に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 2月 製造業PMI、非製造業PMI
  • 1月 中古住宅販売件数

スケジュール

来週の主な予定は以下のようになっています。

2月22日(月) 日本 1月 コンビニ売上高
2月23日(火) 日本 休場(天皇誕生日)
米国 2月 消費者信頼感指数
パウエルFRB議長 議会証言
2月24日(水) 日本 1月 食品スーパー売上高
米国 1月 新築住宅販売件数
2月25日(木) 日本 1月 全国百貨店売上高
1月 全国スーパー売上高
1月 外食売上高
米国 前週分の新規失業保険申請件数
1月 耐久財受注
2月26日(金) 日本 1月 鉱工業生産
1月 小売業販売額
米国 1月 個人所得、個人消費支出
タイトルとURLをコピーしました