【2月4日の市況】日経平均大幅反落、ソニー 業績予想を上方修正して株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

この日は追加経済対策成立への期待から景気敏感株が買われ、再び高値に近付いてきたハイテク株が売られました。

NYダウ 30,723.60 +36.12 (+0.12%)
NASDAQ 13,610.54 -2.23 (-0.02%)
S&P500 3,830.17 +3.86 (+0.10%)
NYダウ続伸36ドル高 追加経済対策への期待が支え
【NQNニューヨーク=戸部実華】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比36ドル12セント高の3万0723ドル60セントで終えた。米政権の追加経済対策が実現に向けて前進しているとの見方が広がり、投資家心理が改善した。景気敏感株の一角が買われた。与党・民主党は財政調整法を活用して単独で経済対策を成立させ...

経済指標

1月 ADP雇用統計

1月のADP雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月比17万4000人増となり、市場予想を上回りました。

1月の米雇用17万人増、2カ月ぶりプラス 民間調査(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米民間雇用サービス会社ADPが3日発表した1月の全米雇用リポートによると、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)は前月から17万4000人増加した。2カ月ぶりの増加で、緩やかながらも雇用が回復基調に戻ったことを示唆した。5万人程度の増加を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測を上回った。前月分...

1月 ISM非製造業景況指数

1月のISM非製造業景況指数は前月比1.0ポイント上昇の58.7となり、市場予想を上回りました。

1月の米非製造業景況感、58.7に上昇 約2年ぶり高水準に (写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米サプライマネジメント協会(ISM)が3日発表した1月の非製造業(サービス業)景況感指数は58.7で、前月の改定値から1.0ポイント上昇した。3カ月連続の上昇で、2019年2月以来1年11カ月ぶりの高水準となり、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(57.0程度)を上回った。「企業活動・生産」は59...

決算発表(夕)

イーベイ<EBAY>

グローバルECのイーベイ<EBAY>は2020年10~12月期の決算を発表しました。

売上高も1株当たり利益も今後の見通しも市場予想を上回ったため、時間外の株価は大幅高となっています。

イーベイの1-3月売上高と利益見通し、市場予想上回る-顧客増で
米イーベイが3日公表した1ー3月(第1四半期)の売上高と利益の見通しは、アナリスト予想を上回った。電子商取引ブームの中で同社が新たな顧客を獲得していることが示唆された。株価は時間外取引で約10%上昇した。

ペイパル<PYPL>

オンライン決済のペイパル<PYPL>は2020年10~12月期の決算を発表しました。

売上高も今後の見通しも市場予想を上回ったため、時間外の株価は大幅高となっています。

ペイパルの10ー12月期、売上高が市場予想上回る-新規アカウント急増
オンライン決済サービス会社、米ペイパル・ホールディングスは昨年10ー12月(第4四半期)に新規アカウント数が急増したことを明らかにした。ホリデーシーズン向けのオンラインショッピングで利用が活発だったほか、顧客が仮想通貨を取引できるようになったことが寄与した。

クアルコム<QCOM>

半導体のクアルコム<QCOM>は2020年10~12月期の決算を発表しました。

売上高も1株当たり利益も市場予想をわずかに下回り、今後の見通しとしては半導体不足の拡大を示唆しました。

これにより時間外の株価は大幅安となっています。

クアルコム、世界的な半導体不足の拡大示唆-時間外で株価下落
スマートフォン用半導体メーカーで最大手の米クアルコムは3日、需要への対応に苦戦していることを明らかにし、世界的な半導体不足の拡大を示唆した。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数の中ではマザーズ指数だけが上昇し、その他の指数は下落しました。

日経平均は昨日までの上昇が急ピッチだったこともあり、今日は利益確定売りに押されました。

これまで日経平均を引っ張ってきたハイテク株が売られ、出遅れていてた小型株などが買われました。

今日は日経平均だけが大きく下げましたね。

日経平均 28,341.95 -304.55 (-1.06%)
TOPIX 1,865.12 -5.97 (-0.32%)
JPX日経400 16,867.00 -91.98 (-0.54%)
JASDAQ平均 3,825.03 -11.44 (-0.30%)
マザーズ指数 1,262.30 +3.34 (+0.27%)
東証大引け 4日ぶり反落、300円安 値がさハイテク株に利益確定売り
4日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落し、前日比304円55銭(1.06%)安の2万8341円95銭で終えた。急ピッチの上昇が続いて昨年来高値(2万8822円)が視野に入ってきたため、利益確定売りや戻り待ちの売りが優勢だった。日経平均は今週に入り前日までの3営業日で1000円近く上昇していた。高値警戒感が...

個別材料

ソニー 業績予想を上方修正して株価大幅高

イメージセンサやゲームのソニー<6758>は、2月3日に2020年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比87%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比37.4%増としていましたが、今回86.4%増へと改めました。

また、未定としていた期末配当予想を30円としています。(年間で前期比10円増配)

これを受け今日のソニーに株価は大幅高となり、昨年来高値をつけました。

通期の純利益は初めて1兆円を越えるようです。

ソニー<6758> 11,650 +1,015 (+9.54%)
ソニーの20年4~12月期、純利益87%増 通期予想を上方修正
ソニーが3日発表した2020年4~12月期の連結決算で、純利益は前年同期比87%増の1兆647億7600万円となった。2021年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比86.4%増の1兆850億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは8369億8300万円だった。ソニーはオーディオ・ビジ...

ジャックス 業績予想を上方修正(減益幅縮小)して株価大幅高

クレジットカードのジャックス<8584>は、2月3日に2020年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比6.9%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比16.1%減としていましたが、今回6.8%減へと改めました。

これを受け今日のジャックスの株価は大幅高となりました。

ジャックス<8584> 2,179 +184 (+9.22%)
ジャックスの20年4~12月期、純利益6.9%増 通期予想を上方修正
ジャックスが3日発表した2020年4~12月期の連結決算で、純利益は前年同期比6.9%増の91億6900万円となった。2021年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比6.8%減の100億円を見込む。ジャックスは三菱UFJフィナンシャルグループのコンシューマーファイナンスカンパニー(消費者金融会社)として、ク...

日立 業績予想を上方修正して株価大幅高

総合電機・重電の日立製作所<6501>は、2月3日に2020年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比5.6倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比3.4倍としていましたが、今回4.2倍へと改めました。

これを受け今日の日立の株価は大幅高となり、昨年来高値をつけました。

日立<6501> 4,776 +215 (+4.71%)
日立の20年4~12月期、純利益5.6倍 通期予想を上方修正
日立製作所が3日発表した2020年4~12月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比5.6倍の3078億7800万円となった。2021年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比4.2倍の3700億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは3601億2700万円だった。日立はIoT...

古河電池 業績予想が増益に転じて株価大幅高

自動車バッテリーなどの古河電池<6937>は、今日の午後の取引時間中に2020年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比52.6%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比28.5%減としていましたが、今回29.5%増へと改めました。

この決算が発表されると古河電池の株価は急上昇しました。

古河電池<6937> 1,739 +103 (+6.30%)
古河池の20年4~12月期、純利益52.6%増 通期予想を上方修正
古河電池が4日発表した2020年4~12月期の連結決算で、純利益は前年同期比52.6%増の21億500万円となった。2021年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比29.6%増の29億円を見込む。古河池は鉛蓄電池、アルカリ蓄電池、整流器などの電源機器の製造、販売、据付工事およびサービス点検を行う。損益面につ...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

武田薬品工業

医薬品の武田薬品工業<4502>は2月4日に2020年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比4.2倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比2.8倍としていましたが、今回4.1倍へと改めました。

武田の20年4~12月期、純利益4.2倍 通期予想を上方修正
武田薬品工業が4日発表した2020年4~12月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比4.2倍の1789億700万円となった。2021年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比4.1倍の1805億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは1671億3600万円だった。武田は230...

テルモ

医療機器のテルモ<4543>は、2月4日に2020年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比12.4%減となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比20.2%減としていましたが、今回12.0%減へと改めました。

テルモの20年4~12月期、純利益12.4%減 通期予想を上方修正
テルモが4日発表した2020年4~12月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比12.4%減の586億100万円となった。2021年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比12%減の750億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは709億2800万円だった。テルモは医療機器大手...

マツダ

自動車のマツダ<7261>は、2月4日に2020年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は782億4800万円の赤字となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では900億円の赤字としていましたが、今回500億円の赤字へと改めました。

マツダの20年4~12月期、最終損益は782億4800万円の赤字 通期予想を上方修正
マツダが4日発表した2020年4~12月期の連結決算で、最終損益は782億4800万円の赤字となった。前年同期は323億7500万円の黒字だった。2021年3月期通期の純利益予想は引き上げた。最終損益は500億円の赤字(前期は121億3100万円の黒字)を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは874...

イビデン

ICパッケージなどのイビデン<4062>は、2月4日に2020年4~12月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.6倍となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比32.4%増としていましたが、今回2.1倍へと改めました。

イビデンの20年4~12月期、純利益2.6倍 通期予想を上方修正
イビデンが4日発表した2020年4~12月期の連結決算で、純利益は前年同期比2.6倍の213億9900万円となった。2021年3月期通期の純利益予想は引き上げた。純利益は前期比2.1倍の240億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは221億4700万円だった。イビデンはパソコンやスマートフォンな...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数

また、以下のような決算発表があります。

  • メルク<MRK>
  • ギリアド・サイエンシズ<GILD>
  • ゴープロ<GPRO>
  • フォード・モーター<F>

国内

明日の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 12月 全世帯家計調査

また、取引時間中には以下のような決算発表があります。

  • デンカ<4061>
  • ユニチカ<3103>
  • 日本水産<1332>
  • SUBARU<7270>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • コムシスHD<1721>
  • ミクシィ<2121>
  • スシローGHD<3563>
  • 日本製紙<3863>
  • 日産化学<4021>
  • AGC<5201>
  • 日本製鉄<5401>
  • 神戸製鋼所<5406>
  • 洋缶HD<5901>
  • ダイフク<6383>
  • ミネベアミツミ<6479>
  • スズキ<7269>
  • 島津製作所<7701>
  • 千葉銀行<8331>
  • 三井不動産<8801>
  • NTT<9432>
  • セコム<9735>

タイトルとURLをコピーしました