【1月14日の市況】日経平均5日続伸、吉野家HD 第3四半期の営業利益が黒字転換して株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

翌日にバイデン次期大統領による追加経済対策の発表が控えているということで、この日は様子見ムードとなりました。

NYダウ 31,060.47 -8.22 (-0.03%)
NASDAQ 13,128.95 +56.51 (+0.43%)
S&P500 3,809.84 +8.65 (+0.23%)
NYダウ小幅反落、8ドル安 景気敏感株に利益確定売り
【NQNニューヨーク=横内理恵】13日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小反落し、前日比8ドル22セント安の3万1060ドル47セントで終えた。主要な米株価指数は過去最高値圏にあり、足元で上げが目立っていた景気敏感株に利益確定売りが出た。バイデン次期大統領が14日に発表する予定の経済対策への期待が投資家心理を支え、下...

経済指標

12月 消費者物価指数(CPI)

2020年12月の消費者物価指数(CPI)は前月比0.4%の上昇となり、市場予想と一致しました。

12月の米消費者物価、0.4%上昇 ガソリン価格急騰で(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が13日発表した2020年12月の消費者物価指数=CPI(1982~84年=100)は、前月比(季節調整済み)0.4%上昇した。2カ月連続の上昇で、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測と一致した。ガソリン価格の急騰が全体を押し上げた。ガソリンが8.4%上がったため、エネルギー価格は4.0%上...

米地区連銀経済報告(ベージュブック)

この日は米地区連銀経済報告(ベージュブック)の発表もありました。

米経済「わずかに拡大、一部で減速」地区連銀経済報告(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)が13日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)は、2020年11月末以降、米経済は「大半でわずかに拡大」したが、一部は「横ばい」もしくは「減速した」と総括し、前回報告より景気判断をやや引き下げた。「新型コロナウイルスの感染急増と厳しい感染抑制策」の影響がでていると指...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、まちまちの動きとなりました。

日経平均は朝はわずかに下げて始まったものの、すぐにプラスに転じてみるみる上げ幅を拡大。

一時500円を越える上げ幅となり、あと少しで2万9千円に届きそうになりましたが、午後2時頃から半導体株を中心に利益確定売りが出て上げ幅を半減させました。

日経平均は今日もバブル崩壊後の高値を更新し、TOPIXも昨年来高値を更新しました。

今日の引け後には台湾の半導体大手TSMCの決算発表があるということで、その前に一旦売っておこうという動きが出たようです。

日経平均 28,698.26 +241.67 (+0.85%)
TOPIX 1,873.28 +8.88 (+0.48%)
JPX日経400 17,001.38 +86.12 (+0.51%)
JASDAQ平均 3,784.60 -23.87 (-0.63%)
マザーズ指数 1,207.54 -31.22 (-2.52%)
東証大引け 5日続伸 連日で30年5カ月ぶり高値更新 米経済対策期待で
14日の東京株式市場で日経平均株価は5日続伸し、前日比241円67銭(0.85%)高の2万8698円26銭で終えた。1990年8月3日(2万9515円)以来およそ30年5カ月ぶりの高値となった。14日にバイデン次期米大統領が追加の経済対策の内容を公表する予定で、米国での大規模な財政出動が手掛かり材料。いずれ景気は回復に...

経済指標

11月 機械受注

今日の取引時間開始前には2020年11月の機械受注の発表があり、前月比1.5%増と市場予想よりも良い結果となりました。

機械受注、11月1.5%増 基調判断「持ち直しの動き」に
内閣府が14日発表した2020年11月の機械受注統計によると、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比1.5%増の8548億円だった。QUICKがまとめた民間予測の中央値は6.5%減だった。うち製造業は2.4%減、非製造業は5.6%増だった。前年同月比での「船舶・電力を除く民...

12月 オフィス空室率

午前の取引時間中には2020年12月のオフィス空室率の発表がありました。

空室率は前月比0.16%上昇の4.49%、平均賃料は前月比1.01%の下落となりました。

20年12月の東京都心オフィス空室率、0.16ポイント上昇の4.49%
オフィス仲介の三鬼商事(東京・中央)が14日発表した2020年12月の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は前月比0.16ポイント上昇の4.49%だった。上

個別材料

吉野家HD 第3四半期の営業利益が黒字転換して株価大幅高

牛丼の吉野家ホールディングス<9861>は、1月13日に2020年3~11月期の連結決算を発表しました。

純利益は54億9900万円の赤字となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

今日の吉野家HDの株価は第3四半期だけで見ると営業利益が黒字に転換してきたことが好感され大幅高となりました。

吉野家HD<9861> 2,039 +127 (+6.64%)
吉野家HDが大幅反発、9~11月期営業損益は6億円強の黒字転換 | 個別株 - 株探ニュース
 吉野家ホールディングス<9861>が大幅反発している。13日の取引終了後に発表した第3四半期累計(3~11月)連結決算は、売上高1268億8200万円(前年同期比20.6%減)、営業損益53億3600万円の赤字(前年同期28億9000万円の黒字)、最終損益54億9900万円の赤字(同17億7400万円の黒字)と大幅な...
吉野家HDの20年3~11月期、最終損益は54億9900万円の赤字 通期予想据え置き
吉野家ホールディングスが13日発表した2020年3~11月期の連結決算で、最終損益は54億9900万円の赤字となった。前年同期は17億7400万円の黒字だった。2021年2月期通期の純利益予想は据え置いた。最終損益は90億円の赤字(前期は7億1300万円の黒字)を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス...

マネックスG コインチェックがテレビCMを再開することになり株価大幅高

暗号資産取引所のコインチェックが再びテレビCMを開始することになりました。

これを受け親会社のマネックスG<8698>の今日の株価は大幅高となり、昨年来高値をつけました。

数日前に大きく下げていたビットコインもまた高値に近付いてきましたね。

マネックスG<8698> 514 +50 (+10.78%)
“事件”以来3年ぶり コインチェック、テレビCM再開
コインチェックがテレビCMを再開。2018年、顧客から預かっていた仮想通貨「NEM」が不正アクセスで流出する「コインチェック事件」が発生し、CMも止めていた。

ABCマート 減益幅が減ってきて株価大幅高

靴小売りのエービーシー・マート<2670>は、1月13日に2020年3~11月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比55.3%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

今日のABCマートの株価は、減益幅が減ってきたことが好感され大幅高となりました。

ABCマート<2670> 5,720 +230 (+4.19%)
ABCマートの20年3~11月期、純利益55.3%減 通期予想据え置き
エービーシー・マートが13日発表した2020年3~11月期の連結決算で、純利益は前年同期比55.3%減の102億8200万円となった。2021年2月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比58.9%減の122億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは148億6200万円だった。ABCマートは...

サイゼリヤ 第1四半期は黒字で株価大幅高

イタリアンファミレスのサイゼリヤ<7581>は、1月13日に2020年9~11月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比80.9%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

緊急事態宣言の再発令など厳しい状況が続きますが、とりあえず第1四半期は黒字で着地したということで、今日のサイゼリヤの株価は大幅高となりました。

サイゼリヤ<7581> 1,973 +102 (+5.45%)
サイゼリヤの20年9~11月期、純利益80.9%減 通期予想据え置き
サイゼリヤが13日発表した2020年9~11月期の連結決算で、純利益は前年同期比80.9%減の2億5000万円となった。2021年8月期通期の純利益予想は据え置いた。最終損益が36億円の赤字(前期は34億5000万円の赤字)を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは27億5000万円の赤字だった。サイ...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

ファーストリテイリング

ユニクロなどでおなじみのファーストリテイリング<9983>は、1月14日に2020年9~11月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比1%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

ファストリの9~11月期、純利益1%減 国内や中国のユニクロは好調
ファーストリテイリングが14日発表した2020年9~11月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比1%減の703億円だった。赤字が継続している一部事業の業績悪化で、税金の負担率が上昇したのが響いた。ユニクロ事業は、新型コロナウイルスの感染拡大で海外の一部が落ち込んだものの、国内や中国は在宅時間の増加を背景とし...

マネーフォワード

家計簿アプリや会計ソフトのマネーフォワード<3994>は、1月14日に2020年11月期の連結決算を発表しました。

純利益は24億2300万円の赤字となりました。

併せて2021年11月期の業績予想を発表。

純利益は9億800万円~13億800万円の赤字になりそうだとのことです。

マネフォの2021年11月期、最終損益が13億800万円の赤字 予想平均下回る
マネーフォワードが14日発表した2020年11月期の連結決算で、最終損益は24億2300万円の赤字となった。前期は25億7200万円の赤字だった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(24億9900万円の赤字)を上回った。2021年11月期の最終損益が13億800万円の赤字(前期は24億2300万円の赤字)...

プレナス

お弁当のほっともっとでおなじみのプレナス<9945>は、1月14日に2020年3~11月期の連結決算を発表しました。

純利益は9億3100万円の赤字となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では21億円の赤字としていましたが、今回17億6000万円の赤字へと改めました。

プレナスの20年3~11月期、最終損益が9億3100万円の赤字 通期予想を上方修正
プレナスが14日発表した2020年3~11月期の連結決算で、最終損益は9億3100万円の赤字となった。前年同期は9億4900万円の赤字だった。2021年2月期通期の純利益予想は引き上げた。最終損益が17億6000万円の赤字(前期は23億9400万円の赤字)を見込む。プレナスは「ほっともっと」ブランドで全国展開する持ち帰...

USEN-NEXT

音楽サービス、動画配信などのUSEN-NEXT HOLDINGS<9418>は、1月14日に2020年9~11月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比62.3%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

現時点でPTS取引の株価は大幅高となっています。

USENHDの20年9~11月期、純利益62.3%増 通期予想据え置き
USEN-NEXTHOLDINGSが14日発表した2020年9~11月期の連結決算で、純利益は前年同期比62.3%増の23億7400万円となった。2021年8月期通期の純利益予想は据え置いた。純利益は前期比1.9%増の50億円を見込む。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスは50億500万円だった。USENH...

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数

台湾・TSMCの決算発表

今日の取引時間終了後には台湾・TSMCの決算発表がありました。

設備投資額は今年も大幅に増やすようです。

半導体製造装置関連銘柄の明日の株価に注目です。

TSMC、第4四半期は過去最高益 今年の設備投資最大60%増に
半導体受託生産大手の台湾積体電路製造(TSMC)が14日発表した2020年第4・四半期(10─12月)決算は、過去最高益を計上した。また、今年の設備投資額は前年比で最大60%拡大させ、過去最高を見込む。
TSMCの21年設備投資、最大2.9兆円計画-技術的優位維持狙う
半導体の受託生産世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は、2021年の設備投資計画を最大280億米ドル(約2兆9100億円)に設定し、前年実績から大幅に引き上げた。世界のテクノロジー・自動車大手企業に選ばれる半導体メーカーに同社を押し上げた先端技術でリードを守る。

国内

明日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 串カツ田中HD<3547>
タイトルとURLをコピーしました