【今日の市況】日経平均続伸、かんぽ生命 自社株買いを検討しているとの報道で株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、以下のような材料でまちまちの動きとなりました。

ポジティブ材料

  • 追加経済対策協議が合意に近づいているとの報道があった
  • FOMCを通過し、量的緩和が長期化しそう

ネガティブ材料

  • この日発表された11月の小売売上高が良くなかった

NASDAQは過去最高値を更新しました。

NYダウ 30,154.54 -44.77 (-0.15%)
NASDAQ 12,658.18 +63.12 (+0.50%)
S&P500 3,701.17 +6.55 (+0.18%)
NYダウ反落44ドル安、量的緩和の長期化は支え
【NQNニューヨーク=岩本貴子】16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に反落し、前日比44ドル77セント(0.1%)安の3万0154ドル54セントで終えた。11月の米小売売上高が市場予想を下回り、短期的な米景気の下振れリスクが懸念された。米政府の追加経済対策への期待や、米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和の...
FRB、ゼロ金利を据え置き 資産購入のガイダンスを変更 FOMC
【NQNニューヨーク=松本清一郎】米連邦準備理事会(FRB)は16日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利のフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.00~0.25%で据え置いた。米国で新型コロナウイルスの感染者数や死者数が高止まりしており、景気回復は足踏みしかねない情勢だ。ワクチン普及には時間かかる...
FRB議長、コロナ「今後数カ月が試練」 記者会見要旨(写真=ロイター)
米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は16日、米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大について「今後数カ月が試練の時となる」と述べた。発言の要旨と質疑応答の概要は以下の通り。きょう、我々は金利に関する強力なフォワードガイダンス(将来の指針)を再確認した。資産購入に関する追...

経済指標

11月 小売売上高

この日は11月の小売売上高の発表があり、前月比1.1%減と市場予想を下回りました。

11月の米小売売上高、1.1%減 コロナで消費にブレーキ(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が16日発表した11月の小売売上高(季節調整済み)は前月比1.1%減と落ち込んだ。10月分が0.1%減に改定されたため、2カ月連続のマイナスで、新型コロナウイルスの感染再拡大で消費にブレーキがかかった。ただ、前年同月比では4.1%増加した。前月比の売上高は、ダウ・ジョーンズまとめの市場予...

12月 製造業PMI、非製造業PMI

12月の製造業PMI、非製造業PMIの発表もありました。

製造業PMIは、前月比0.2ポイント低下の56.5と市場予想を上回りました。

非製造業PMIは、前月比3.1ポイント低下の55.3と市場予想を下回りました。

米総合PMI、12月は鈍化 コロナ感染再拡大で
IHSマークイットが16日公表した12月の米総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は55.7と、11月の58.6から低下した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための封鎖措置によってサービス業が打撃を受けた。

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、主要な指数すべてが上昇しました。

とりあえずFOMCを通過したことの安心感で、日経平均はおおむねプラス圏で推移しました。

午後2時過ぎには、東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数が800人を超えたようだとの報道がありましたが、反応は限定的でした。

ドル円が103円台前半へとさらに円高に進んでいるにも関わらず、輸出企業の代表格であるトヨタ自動車が年初来高値をとってきたりして変な感じです。

ドルを売って、なんでもいいから別の資産を買っとる感じじゃ。

これから年末年始にかけてひと波乱ありそうで怖いのぉ。

日経平均 26,806.67 +49.27 (+0.18%)
TOPIX 1,792.58 +5.75 (+0.32%)
JPX日経400 16,190.43 +42.51 (+0.26%)
JASDAQ平均 3,721.81 +18.87 (+0.51%)
マザーズ指数 1,185.22 +27.94 (+2.41%)
日経平均大引け 続伸 49円高、米金融緩和の長期化に安心感
17日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比49円27銭(0.18%)高の2万6806円67銭で終えた。米連邦準備理事会(FRB)が16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和政策を長期間続ける方針を示したことで、市場に
東京都で新たに822人感染、連日最多更新 新型コロナ
東京都は17日、新型コロナウイルスの感染者が新たに822人確認されたと発表した。1日あたりの新規感染者数としては16日の678人を大幅に上回り、過去最多を2日連続で更新した。都内の感染者は累計4万9490人となった。重症者は3人減って66人となった。年代別にみると20代の201人が最も多く、30代の169人、40代の1...

個別材料

かんぽ生命 自社株買いを検討しているとの報道で株価大幅高

かんぽ生命保険<7181>が自社株買いを実施し、持ち株会社の日本郵政の出資比率を50%以下に下げる方向との報道が12月16日にありました。

これを受け今日のかんぽ生命の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

かんぽ生命<7181> 2,081 +190 (+10.05%)
日本郵政<6178> 807.8 +27.9 (+3.58%)
かんぽ生命が上乗せ規制解消へ、自社株買い3000億円-関係者(2)
日本郵政グループ傘下のかんぽ生命保険は、自社株買いを実施し、持ち株会社である日本郵政の出資比率を50%以下に引き下げる方針を固めた。複数の関係者が16日、明らかにした。

ビットコインが2万ドルを突破し関連銘柄の株価が大幅高

昨晩ビットコインの価格が初めて2万ドルを超えました。

これを受け暗号資産の交換所を運営している企業の株価が大幅高となりました。

今日はさらに値上がりして、もう2万3千ドルに手が届きそうなところに来ています。

フィスコ<3807> 167 +13 (+8.44%)
セレス<3696> 2,902 +198 (+7.32%)
マネックスG<8698> 367 +24 (+7.00%)
ビットコイン、初の2万ドル 1年で3倍に(写真=ロイター)
【ニューヨーク=後藤達也】代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインが初めて2万ドル台に上昇した。金融緩和でマネーがあふれるなか、機関投資家の資金が流入。値動きのよさから投機的な取引も増えている。1年間の上昇率は3倍近くに達した。調査会社コインデスクによると、米東部時間16日午前に初めて2万ドル台を付けた。節目の2万ド...

塩野義製薬 新型コロナワクチンの治験を開始して株価上昇

医薬品の塩野義製薬<4507>は、12月16日に新型コロナウイルスワクチンの治験を開始したと発表しました。

これを受け今日の塩野義製薬の株価は上昇しました。

ワクチンについてはアンジェスばかりが取り上げられていたので、塩野義製薬も作っていたとは知りませんでした。

来年は欧米のワクチン、それ以降は国産のワクチンということになるのかのぉ?

塩野義製薬<4507> 5,579 +140 (+2.57%)
アンジェス<4563> 1,268 +44 (+3.59%)
塩野義、国産2種目のワクチン治験開始…200人に接種し1年間観察 : 医療・健康
塩野義製薬は16日、新型コロナウイルスワクチンの治験を開始したと発表した。実用化時期は未定だが、並行して生産設備も整備し、来年中には3000万人分以上の生産体制を整えるという。国産ワクチンの治験は、医療新興企業アンジェ

三菱マテリアル 業績予想を上方修正して株価大幅高

非鉄金属の三菱マテリアル<5711>は、12月16日に2020年4~9月期の連結決算を発表しました。

純利益は191億5000万円の赤字となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では100億円の赤字としていましたが、今回トントンのゼロ円へと改めました。

これを受け今日の三菱マテリアルの株価は大幅高となりました。

三菱マテリアル<5711> 2,285 +89 (+4.05%)
三菱マの20年4~9月期、最終損益は191億5000万円の赤字 通期予想を上方修正
三菱マテリアルが16日発表した2020年4~9月期の連結決算で、最終損益は191億5000万円の赤字となった。前年同期は45億1100万円の黒字だった。2021年3月期通期の純利益予想は引き上げた。

明日に向けての注目点

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数
  • 11月 住宅着工件数
  • 12月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

また、以下のような決算発表があります。

  • アクセンチュア<ACN>
  • フェデックス<FDX>

国内

明日の取引時間開始前には以下のような指標の発表があります。

  • 11月 全国消費者物価指数(CPI)

また、昼頃には日銀政策決定会合の結果発表があります。

タイトルとURLをコピーしました