【今日の市況】日経平均続落、JINSHD 今期最高益&増配予想で株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

概要

先週末の米国市場は、3指数とも続伸しました。

追加の経済対策について、政権側が民主党に譲歩し規模を1兆8000億ドルに引き上げるとの報道が好感され、株が買われました。

NYダウ 28,586.90 +161.39 (+0.57%)
NASDAQ 11,579.94 +158.96 (+1.39%)
S&P500 3,477.13 +30.30 (+0.88%)
NYダウ3日続伸、161ドル高 経済対策期待の買い続く
【NQNニューヨーク=川内資子】9日の米株式相場は3日続伸した。ダウ工業株30種平均は前日比161ドル39セント(0.6%)高の2万8586ドル90セントと9月2日以来ほぼ1カ月ぶりの高値で終えた。追加の米経済対策への期待から、景気敏感株などに買いが優勢だった。ムニューシン米財務長官と野党・民主党のペロシ下院議長は9日...
米政権が190兆円の経済対策案 野党・民主党と再交渉(写真=ロイター)
【ワシントン=河浪武史】トランプ米政権は9日、新型コロナウイルスを巡る追加の経済対策を1.8兆ドル(約190兆円)に増額して野党・民主党へ再提案した。中小企業と航空会社の雇用維持策や失業給付の積み増しを盛り込み、景気の底上げを目指す。だが、同日の協議では合意に至らず、11月の大統領選挙前の発動は困難なままだ。トランプ大...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、まちまちの動きとなりました。

ドル円が105円台中盤へと円高になってきたこともあって、日経平均は小幅に下げて始まり、その後は100円未満の小さい値幅で推移しました。

東証一部の売買代金は1兆7455億円と、目安の2兆円を大きく割り込みました。

反対に新興市場は今日も堅調で、マザーズ指数は今日も年初来高値を更新しました。

マザーズ指数はもうちょっとで2018年1月の高値に届きそうです。

日経平均 23,558.69 -61.00 (-0.26%)
TOPIX 1,643.35 -4.03 (-0.24%)
JPX日経400 14,783.25 -39.19 (-0.26%)
JASDAQ平均 3,653.41 +8.24 (+0.23%)
マザーズ指数 1,351.22 +16.38 (+1.23%)
日経平均続落、終値2万3558円 米追加策の遅れ懸念
12日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前週末比61円00銭(0.26%)安の2万3558円69銭で終えた。追加の米経済対策について早期成立は困難との不安感がくすぶっていることや、直近の高値圏で推移していることで利益確定売りが優勢だった。ただ、今週から本格化する米企業の決算発表を前に様子見姿勢も強く、アジア株が堅調...

経済指標

8月 機械受注

今日の取引時間開始前には8月の機械受注の発表があり、前月比0.2%増と市場予想を上回りました。

8月の機械受注、前月比0.2%増 基調判断「下げ止まりつつある」に変更
内閣府が12日発表した8月の機械受注統計によると、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は、前月比0.2%増の7525億円だった。増加は2カ月連続。QUICKがまとめた民間予測(中央値)は1.0%減だった。製造業で「はん用・生産用機械」がけん引した。製造業の受注額は前月比0.6%減...

個別材料

JINSHD 今期最高益&増配予想で株価大幅高

メガネのジンズホールディングス<3046>は、10月9日に2020年8月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比56.4%減となりました。

併せて2021年8月期の業績予想を発表。

純利益は前期比2.6倍で最高益になりそうだとのことです。

配当予想は年間で前期比32円増の57円とのことです。

これを受け今日のJINSHDの株価は大幅高となり、上場来高値をつけました。

JINSHD<3046> 8,690 +900 (+11.55%)
ジンズHDの20年8月期、純利益56.4%減16億円: 日本経済新聞
ジンズホールディングスが9日に発表した2020年8月期の連結決算は、純利益が前期比56.4%減の16億円となった。売上高は前期比2.6%減の602億円、経常利益は前期比16.9%減の58億円、営業利益は前期比24.7%減の56億円だった。営業利益は一式単価の上昇に伴い売上高総利益率は改善しているものの、売上高の減少によ...

安川電機 減配が嫌気されたのか株価大幅安

サーボモーターや産業ロボットの安川電機<6506>は、10月9日に2020年3~8月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比5.3%減となりました。

併せてこれまで未定としていた通期の業績予想を発表。

純利益は前期比0.4%減になりそうだとのことです。

また、年間配当予想は前期の52円から24円へと28円の減配としています。

今日の安川電機の株価は減配が嫌気されたのか大幅安となりました。

安川電機<6506> 4,090 -235 (-5.43%)
安川電機の20年3~8月期、純利益5.3%減95億円: 日本経済新聞
安川電機が9日に発表した2020年3~8月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比5.3%減の95億円となった。売上収益は前年同期比11.8%減の1868億円、営業利益は前年同期比8.3%減の132億円だった。営業利益は売上の減少により減益となったが、営業利益率は経費の抑制により前年同期から改善した。セグメン...
安川電の今期、純利益横ばい 中国の5Gなど支え
安川電機は9日、2021年2月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比0.4%減の155億円になる見通しだと発表した。先進国では自動車向けの需要低迷が続くものの、中国で次世代通信規格「5G」需要の拡大を追い風に主力のモーターが好調だ。コスト削減も進め、業績を下支えする。同社は工作機械向けのモーターや産業用ロボットの世界大...

ビックカメラ 今期増益の業績予想を発表し株価大幅高

家電量販店のビックカメラ<3048>は、10月9日に2020年8月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比61.2%減となりました。

これまで未定だった期末配当は3円とのことです。

併せて2021年8月期の業績予想を発表。

純利益は前期比44.9%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間で前期比2円増の15円とのことです。

これを受け今日のビックカメラの株価は大幅高となりました。

ビックカメラ<3048> 1,302 +102 (+8.50%)
ビックカメラの20年8月期、純利益61.2%減54億円: 日本経済新聞
ビックカメラが9日に発表した2020年8月期の連結決算は、純利益が前期比61.2%減の54億円となった。売上高は前期比5.2%減の8479億円、経常利益は前期比43.2%減の146億円、営業利益は前期比47.4%減の120億円だった。法人税等合計が33億円、非支配株主に帰属する純利益が37億円となったため、親会社株主に...

吉野家HD 57億円赤字で株価大幅安

牛丼の吉野家ホールディングス<9861>は、10月9日に2020年3~8月期の連結決算を発表しました。

純利益は57億円の赤字となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

今日の吉野家HDの株価は赤字決算が嫌気され大幅安となりました。

吉野家HD<9861> 1,916 -144 (-6.99%)
吉野家HDの20年3~8月期、最終損益57億円の赤字: 日本経済新聞
吉野家ホールディングスが9日に発表した2020年3~8月期の連結決算は、最終損益が57億円の赤字(前年同期は18億円の黒字)となった。売上高は前年同期比23.4%減の819億円、経常損益は50億円の赤字(前年同期は30億円の黒字)、営業損益は59億円の赤字(前年同期は29億円の黒字)だった。コスト削減策を実施したものの...

ローツェ 純利益12.2%増でも株価大幅安

半導体関連装置のローツェ<6323>は、10月9日に2020年3~8月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比12.2%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

業績予想の上方修正がなくて失望されたのか、今日のローツェの株価は大幅安となりました。

ローツェ<6323> 5,110 -290 (-5.37%)
ローツェの20年3~8月期、純利益12.2%増32億円: 日本経済新聞
ローツェが9日に発表した2020年3~8月期の連結決算は、純利益が前年同期比12.2%増の32億円となった。売上高は前年同期比40.6%増の247億円、経常利益は前年同期比6.7%増の45億円、営業利益は前年同期比7.5%増の47億円だった。損益面については、FPD関連装置の大口受注による売上増加があったものの、相対的...

ブロッコリー 純利益58.1%増で株価大幅高

IPコンテンツのブロッコリー<2706>は、10月9日に2020年3~8月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比58.1%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

この増益が好感されたようで、今日のブロッコリーの株価は大幅高となりました。

ブロッコリー<2706> 1,875 +299 (+18.97%)
ブロッコリーの20年3~8月期、税引き利益58.1%増4億3800万円
ブロッコリーが9日に発表した2020年3~8月期の決算は、税引き利益が前年同期比58.1%増の4億3800万円となった。売上高は前年同期比9.4%増の29億円、経常利益は前年同期比83.3%増の6億3600万円、営業利益は前年同期比82.4%増の6億2000万円だった。他社ライセンスグッズは、新型コロナウイルス感染症の...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

コスモス薬品

ドラッグストアのコスモス薬品<3349>は、10月12日に2020年6~8月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比48.3%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

コスモス薬品の20年6~8月期、純利益48.3%増74億円
コスモス薬品が12日に発表した2020年6~8月期の連結決算は、純利益が前年同期比48.3%増の74億円となった。売上高は前年同期比15%増の1891億円、経常利益は前年同期比49%増の112億円、営業利益は前年同期比51.7%増の106億円だった。2021年5月期は純利益が前期比1.6%増の217億

コーナン商事

ホームセンターのコーナン商事<7516>は、10月12日に2020年3~8月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比97.6%増となりました。

通期の業績予想は10月9日に上方修正を発表しています。

コーナン商事の20年3~8月期、純利益97.6%増126億円: 日本経済新聞
コーナン商事が12日に発表した2020年3~8月期の連結決算は、純利益が前年同期比97.6%増の126億円となった。営業収益は前年同期比24.4%増の2294億円、経常利益は前年同期比85.4%増の208億円、営業利益は前年同期比84%増の215億円だった。経常利益は、営業利益が増加したことなどにより増加となり、親会社...

明日に向けての注目点

国内

9月 工作機械受注

国内については、今日の取引時間終了後に9月の工作機械受注の発表があり、前年同月比15.0%減となりました。

前年割れが2年も続くなんて深刻ですね。

9月の工作機械受注額、前年比15.0%減 24カ月連続減
日本工作機械工業会が12日発表した9月の工作機械受注総額(速報)は前年同月比15.0%減の841億4300万円と、24カ月連続で前年実績を下回った。内需は3

明日の取引時間終了後に以下のような決算発表があります。

  • Jフロント<3086>
  • 高島屋<8233>
  • 東宝<9602>

タイトルとURLをコピーしました