【今日の市況】日経平均反発、SOX指数高やサムスンの業績回復などを受け日本の半導体株も大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

概要

昨晩の米国市場は、3指数とも大幅反発となりました。

トランプ大統領が空運会社や中小企業への支援、家計への現金給付についてツイートをしたことが好感され株が買われました。

NYダウ 28,303.46 +530.70 (+1.91%)
NASDAQ 11,364.59 +209.99 (+1.88%)
S&P500 3,419.45 +58.50 (+1.74%)
NYダウ反発530ドル高 経済対策の一部実施を期待
【NQNニューヨーク=横内理恵】7日の米株式相場は反発した。ダウ工業株30種平均は前日比530ドル70セント(1.9%)高の2万8303ドル46セントと9月上旬以来、1カ月ぶりの高値で終えた。トランプ米大統領が空運会社や中小企業の支援など追加経済対策の一部を実施するよう議会に求めた。部分的にでも米景気を支える政策が実現...

今日の日本市場

概要

今日の日本市場は、すべての指数が上昇しました。

日経平均は昨晩の米国市場の流れを引き継いで高く始まり、その後もじりじりと上げ幅を拡大。

午後には23,700円にタッチする場面もあり、新型コロナ暴落後の高値を更新しました。

マザーズ指数は今日も年初来高値を更新しました。

今日の米国副大統領候補の討論会は、落ち着いた議論だったようですね。

日経平均 23,647.07 +224.25 (+0.96%)
TOPIX 1,655.47 +9.00 (+0.55%)
JPX日経400 14,895.78 +78.04 (+0.53%)
JASDAQ平均 3,633.69 +4.40 (+0.12%)
マザーズ指数 1,319.84 +26.68 (+2.06%)
日経平均反発、終値224円高の2万3647円
8日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比224円25銭(0.96%)高の2万3647円07銭と2月14日以来、約8カ月ぶりの高値水準で終えた。トランプ米大統領による空運会社や中小企業の向けの支援策に関するツイートを受け、7日の米国株式相場が大幅に上昇した流れを引き継いだ。特別清算指数(SQ)算出前の先物・オプシ...
「アメリカ大統領選挙・討論会ドキュメント」のニュース一覧: 日本経済新聞
11月3日に迫るアメリカ大統領選挙。トランプ大統領の再選か、民主党のバイデン氏による政権奪還か。日経電子版は両氏や副大統領候補による討論会をタイムライン形式で報道します。

経済指標

8月 国際収支

今日の取引時間開始前には8月の国際収支の発表があり、経常収支の黒字は前年同月比1.5%減となりました。

8月の経常黒字1.5%減 旅行や知財使用料が減少
財務省が8日発表した8月の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスなどの取引状況を表す経常収支の黒字は2兆1028億円と前年同月に比べ1.5%減った。新型コロナウイルスの影響で旅行や海外子会社からの知的財産権の使用料が減少し、サービス収支の赤字幅が拡大した。経常収支は輸出から輸入を差し引いた貿易収支や外国と...

9月 オフィス空室率

今日の午前の取引時間中には9月のオフィス空室率の発表がありました。

空室率は前月比0.36ポイント上昇の3.43%。

平均賃料は前月比0.39%の下落となりました。

東京都心オフィス空室率、上昇続く 9月は3.43%に
オフィス仲介の三鬼商事(東京・中央)が8日発表した9月の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は前月比0.36ポイント上昇の3.43%だった。7カ月連続で上昇し2017年3月(3.60%)以来の高さとなった。既存ビルは大型の空室募集の開始や解約の影響で空室率が上昇した。一方で、新築ビルでは小規模な...

9月 景気ウォッチャー調査

午後の取引時間中には9月の景気ウォッチャー調査の結果発表がありました。

現状判断指数は前月比5.4ポイント上昇の49.3。

先行き判断指数は前月比5.9ポイント上昇の48.3となりました。

9月の街角景気、現状判断指数は5カ月連続改善
内閣府が8日発表した9月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整済み)は49.3で、前の月に比べて5.4ポイント上昇(改善)した。改善は5カ月連続。家計動向、企業動向、雇用がすべて改善した。2~3カ月後を占

個別材料

SOX指数高やサムスンの業績回復などを受け日本の半導体株も大幅高

米国のSOX指数が高かったことや、韓国のサムスン電子が発表した決算の速報値が良かったことから、今日の日本市場では半導体関連株が大幅高となりました。

SOX指数 2,328.84 +47.75 (+2.09%)
スクリーン<7735> 6,370 +490 (+8.33%)
レーザーテック<6920> 9,450 +580 (+6.54%)
アドバンテスト<6857> 5,490 +280 (+5.37%)
ローツェ<6323> 5,290 +260 (+5.17%)
ディスコ<6146> 27,900 +1,020 (+3.79%)
東京エレクトロン<8035> 28,580 +1,020 (+3.70%)
東エレクなど半導体製造装置株が上昇、前日のNY株高が波及 - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
 東京エレクトロン(8035)やSCREENホールディングス(7735)、アドバンテスト(6857)、ディスコ(6146)、レーザーテック(6920)など主要な半導体製造装置株がそろって上昇。東エレク
サムスン営業益58%増 7~9月、スマホ販売が急回復(写真=ロイター)
【ソウル=細川幸太郎】韓国サムスン電子が8日発表した2020年7~9月期連結決算の速報値は、営業利益が12兆3000億ウォン(約1兆1260億円)と前年同期比58%増えた。スマートフォン販売が急回復し、スマホに搭載する半導体やディスプレーも好調だった。7四半期ぶりに営業利益10兆ウォンを回復した。売上高は前年同期比6....

イオンファンタジー 71億円赤字でも株価大幅高

ショッピングセンター内の遊戯施設を運営しているイオンファンタジー<4343>は、10月7日に2020年3~8月期の連結決算を発表しました。

純利益は71億円の赤字となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

6~8月期に限ってみると赤字幅が減っていることなどが好感され、今日のイオンファンタジーの株価は大幅高となりました。

イオンファンタジー<4343> 1,957 +175 (+9.82%)
イオンファンタジーの20年3~8月期、最終損益71億円の赤字
イオンファンタジーが7日に発表した2020年3~8月期の連結決算は、最終損益が71億円の赤字(前年同期は11億円の黒字)となった。売上高は前年同期比58%減の163億円、経常損益は60億円の赤字(前年同期は23億円の黒字)、営業損益は57億円の赤字(前年同期は28億円の黒字)だった。国内事業においては、プライズ部門にお...

コーア商事HD 株式分割を発表し株価大幅高

ジェネリック医薬品の原薬販売を行っているコーア商事ホールディングス<9273>は、11月5日付で1株を2株に分割する株式分割を実施すると、10月7日に発表しました。

これを受け今日のコーア商事HDの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

コーア商事HD<9273> 2,531 +206 (+8.86%)
コーア商HD(9273)株式分割
コーア商事ホールディングス(9273)株

GameWith 通期赤字予想を発表し株価大幅安

ゲーム攻略サイトのGameWith<6552>は、10月7日に2020年6~8月期の連結決算を発表しました。

純利益は7700万円の赤字となりました。

併せてこれまで未定としていた通期の業績予想を発表。

純利益は3億5300万円の赤字になりそうだとのことです。

これを受け今日のGameWithの株価は大幅安となりました。

GameWith<6552> 592 -79 (-11.77%)
GameWithの20年6~8月期、最終損益7700万円の赤字
GameWithが7日に発表した2020年6~8月期の連結決算は、最終損益が7700万円の赤字となった。売上高は6億8700万円、経常損益は7300万円の赤字、営業損益は7000万円の赤字だった。2021年5月期は最終損益が3億5300万円の赤字、売上高が前期比1.

イオン 575億円赤字で株価大幅安

総合スーパーのイオン<8267>は、10月7日に2020年3~8月期の連結決算を発表しました。

純利益は575億円の赤字となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のイオンの株価は大幅安となりました。

イオン<8267> 2,840 -99.5 (-3.38%)
イオンの20年3~8月期、最終損益575億円の赤字
イオンが7日に発表した2020年3~8月期の連結決算は、最終損益が575億円の赤字(前年同期は37億円の黒字)となった。営業収益は前年同期比0.5%減の4兆2705億円、経常利益は前年同期比64.9%減の279億円、営業利益は前年同期比60.7%減の339億円だった。内食需要や感染防止対策商品に対するニーズの拡大を受け...

決算発表

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

SHIFT

ソフトウェアテストのSHIFT<3697>は、10月8日に2020年8月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比69.9%増となりました。

併せて2021年8月期の業績予想を発表。

純利益は前期比27.4%増になりそうだとのことです。

SHIFTの20年8月期、純利益69.9%増16億円
SHIFTが8日に発表した2020年8月期の連結決算は、純利益が前期比69.9%増の16億円となった。売上高は前期比47%増の287億円、経常利益は前期比64.2%増の25億円、営業利益は前期比52.8%増の23億円だった。前連結会計年度よりIT投資規模が大きい通信・保険業界などの各分野を注力業界として定め取り組んだ結...

ローソン

コンビニのローソン<2651>は、10月8日に2020年3~8月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比83.6%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

ローソンの20年3~8月期、純利益83.6%減33億円
ローソンが8日に発表した2020年3~8月期の連結決算は、純利益が前年同期比83.6%減の33億円となった。営業総収入は前年同期比12.5%減の3228億円、経常利益は前年同期比57.7%減の148億円、営業利益は前年同期比54.6%減の166億円だった。国内コンビニエンスストア事業においては、客数の減少により売上高は...

7&iHD

コンビニのセブン&アイ・ホールディングス<3382>は、10月8日に2020年3~8月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比34.5%減となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比45.0%減としていましたが、今回36.5%減へと改めました。

セブン&アイ・HDの20年3~8月期、純利益34.5%減725億円
セブン&アイ・ホールディングスが8日に発表した2020年3~8月期の連結決算は、純利益が前年同期比34.5%減の725億円となった。営業収益は前年同期比15.8%減の2兆7884億円、経常利益は前年同期比13.8%減の1752億円、営業利益は前年同期比12.4%減の1797億円だった。為替レート変動に伴い、営業利益は減...

良品計画

無印良品でおなじみの良品計画<7453>は、10月8日に2020年8月期の連結決算を発表しました。

純利益は169億円の赤字となりました。

併せて2021年8月期の業績予想を発表。

純利益は348億円の黒字になりそうだとのことです。

良品計画の20年8月期、最終損益169億円の赤字
良品計画が8日に発表した2020年8月期の連結決算は、最終損益が169億円の赤字(前期は232億円の黒字)となった。営業収益は1793億円、経常利益は5億6300万円、営業利益は8億7200万円だった。国内事業においては、「新しい生活様式」に伴う移動の変化や、訪日外国人観光客の減少の影響で、営業再開後も都心部に立地する...

明日に向けての注目点

欧州

今晩欧州ではノーベル賞発表(文学賞)があります。

村上春樹氏は今年こそ受賞となるでしょうか?

米国

今晩米国では以下のような指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数

国内

国内については、明日の取引時間開始前に以下のような指標の発表があります。

  • 8月 全世帯家計調査
  • 8月 毎月勤労統計調査

また、明日はオプションSQの算出日です。

明日の取引時間中には以下のような決算発表があります。

  • ライフコーポ<8194>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • JINSHD<3046>
  • ビックカメラ<3048>
  • キリン堂HD<3194>
  • ローツェ<6323>
  • 安川電機<6506>
  • 吉野家HD<9861>

安川電機の決算発表は、大手製造業の業績を占う上で重要な指標となるため、毎回注目されています。

今度こそ通期の業績予想を出してくるでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました