【今日の市況】日経平均反発、アレンザHD 業績予想を上方修正して株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも下落しました。

追加経済対策の成立時期も、新型コロナウイルスワクチンの完成時期も後ろにずれそうだということで、投資家の買い意欲が減退しました。

これにより、ピークを越えた感のあるハイテク株を売って、割安感のあるバリュー株を買う動きが出ました。

この日発表された経済指標はまちまちの結果となりました。

  • 毎週恒例の新規失業保険申請件数は86万件で、市場予想よりも良い結果となりました
  • 8月の住宅着工件数は前月比5.1%減で、市場予想を下回りました
  • 9月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数は前月比2.2ポイント低下の15.0で、市場予想と一致しました
NYダウ 27,901.98 -130.40 (-0.47%)
NASDAQ 10,910.27 -140.19 (-1.27%)
S&P500 3,357.01 -28.48 (-0.84%)
NYダウ反落、130ドル安 主力ハイテク株に売り
【NQNニューヨーク=岩本貴子】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落した。前日比130ドル40セント(0.5%)安の2万7901ドル98セントで終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)を16
米失業保険申請86万件 わずかに減少(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が17日発表した失業保険統計(季節調整済み)によると、6~12日の週間の新規申請数は86万件で、前週の改定値から3万3000件減った。2週ぶりの減少だが減少幅はわずか
米住宅着工、8月は5.1%減 4カ月ぶりマイ…(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が17日発表した8月の住宅着工件数は141万6千戸(季節調整済み、年率換算値)で、前月の改定値から5.1%減少した。4カ月ぶりの減少で、コロナ危機後に続いていた回復が
9月のフィラデルフィア製造業景況感、小幅低下(写真=AP)
【ワシントン=長沼亜紀】米フィラデルフィア連邦準備銀行が17日発表した9月の製造業景況指数は、2.2ポイント低下の15.0だった。3カ月連続の低下だが、下げ幅は小さく、ダウ・ジョーンズまとめの市場予

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが反発しました。

明日から4連休となるため取引を控える投資家もいたようで、日経平均は上下110円程度の狭いレンジでの動きとなりました。

円高になっているにも関わらず、自動車株が高かったですね。

今日の発売の四季報に何かいいことが書いてあったのでしょうか?

日経平均 23,360.30 +40.93 (+0.18%)
TOPIX 1,646.42 +8.02 (+0.49%)
JPX日経400 14,795.87 +61.38 (+0.42%)
JASDAQ平均 3,596.58 +21.08 (+0.59%)
マザーズ指数 1,183.98 +5.98 (+0.51%)
日経平均、小幅反発 終値40円高の2万3360円: 日本経済新聞
18日の東京株式市場で日経平均株価は小幅反発し、前日比40円93銭(0.18%)高の2万3360円30銭で終えた。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

アレンザHD 業績予想を上方修正して株価大幅高

ホームセンターのアレンザホールディングス<3546>は、9月17日に2021年2月期の第2四半期までの連結業績予想と通期の連結業績予想の上方修正を発表しました。

通期の純利益は従来予想では前期比21.1%増としていましたが、今回2.2倍へと改めました。

これを受け今日のアレンザHDの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

アレンザHD<3546> 1,811 +264 (+17.07%)
アレンザHDが2年8カ月ぶり最高値、今3月期収益・配当を増額 - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
 アレンザホールディングス(3546)が買い注文を集めて急騰。6営業日続伸の動きで2018年1月17日につけた上場来高値をおよそ2年8カ月ぶりに更新しており、午前9時51分現在で前日比290円(18.

携帯料金値下げは1割程度では許されないようで大手3社の株価は急落

菅首相が武田総務相に携帯料金の値下げについて結論を出すよう指示し、武田氏は記者団に対して値下げは1割程度では改革にならないと述べたとの報道が、今日の昼の時間帯に伝わりました。

午後の取引時間が始まると携帯大手3社の株価は急落。

NTTドコモ<9437>の株価は年初来安値をつけました。

NTTドコモ<9437> 2,698.5 -80 (-2.88%)
KDDI<9433> 2,743 -117 (-4.09%)
ソフトバンク<9434> 1,242.5 -66 (-5.04%)
携帯料金下げ「1割程度では改革にならない」 総務相: 日本経済新聞
菅義偉首相は18日、武田良太総務相と首相官邸で会い、携帯電話料金の引き下げについて結論を出すよう指示した。会談後、武田氏が記者団に明らかにした。武田氏は「結論は早く出すべきだとの方向で進める」と記者団に述べた。

OLC TDLの新エリアを9月28日にオープンすると発表し株価上昇

オリエンタルランド<4661>は、東京ディズニーランドで開発中だった新エリアを9月28日にオープンすると、9月17日に発表しました。

これを受け今日のOLCの株価は上昇しました。

「美女と野獣」や「ベイマックス」関連の施設がオープンするのだそうです。

OLC<4661> 15,115 +335 (+2.27%)
TDL、「美女と野獣」などの新エリア28日開業
オリエンタルランドは17日、東京ディズニーランド(TDL)で開発していた新エリアを28日に開くと発表した。新エリアは人気映画「美女と野獣」の街並みを再現したほか、「ベイマックス」などの新しいアトラク

任天堂 モンハンの新作がスイッチで発売されることになり株価上昇

Nintendo Switch向けに今後発売が予定されているソフトを紹介する9月17日の公式動画で、カプコン<9697>の新作モンスターハンターが発表されました。

作品名は「モンスターハンターライズ」で、発売日は2021年3月26日とのことです。

これを受け任天堂<7974>の株価は上昇しましたが、なぜだかカプコンの株価は下落しました。

任天堂<7974> 59,700 +720 (+1.22%)
カプコン<9697> 5,830 -130 (-2.18%)
新作『モンスターハンターライズ』がSwitchで2021年3月26日に発売決定。縦横無尽に移動する新アクションや新オトモなどが追加【Nintendo Direct Mini】 - ファミ通.com
2020年9月17日(木)、“Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9”が配信。カプコンの『モンスターハンターライズ』が、発表された。

クスリのアオキ 純利益41.9%増でも株価大幅安

ドラッグストアのクスリのアオキホールディングス<3549>は、9月17日に2020年6~8月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比41.9%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

決算は良かったのですが、材料出尽くし感からか、今日のクスリのアオキの株価は大幅安となりました。

クスリのアオキ<3549> 9,240 -410 (-4.25%)
クスリのアオキHDの20年6~8月期、純利益41.9%増35億円: 日本経済新聞
クスリのアオキホールディングスが17日に発表した2020年6~8月期の連結決算は、純利益が前年同期比41.9%増の35億円となった。

来週に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下のような指標の発表があります。

  • 9月 ミシガン大学消費者態度指数

国内については、今日の取引時間終了後に8月の訪日外国人客数の発表があり、前年同月比99.7%減となりました。

新型コロナ:8月の訪日客、99・7%減の8700人 コロナ禍でなお厳しく: 日本経済新聞
日本政府観光局(JNTO)は18日、8月の訪日客数が前年同月と比べ99.7%減の8700人だったと発表した。訪日客の減少幅が9割を超えるのは6カ月連続。

来週の主な予定は以下のようになっています。

9月21日(月) 日本 休場(敬老の日)
9月22日(火) 日本 休場(秋分の日)
米国 8月 中古住宅販売件数
9月23日(水) 日本 8月 食品スーパー売上高
8月 コンビニ売上高
米国 9月 製造業PMI、非製造業PMI
9月24日(木) 日本 8月 全国百貨店売上高
米国 前週分の新規失業保険申請件数
8月 新築住宅販売件数
9月25日(金) 日本 8月 全国スーパー売上高
米国 8月 耐久財受注
タイトルとURLをコピーしました