【今日の市況】日経平均反発、キリン堂 上場廃止を検討しているとの報道があり株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも大幅反発となりました。

NYダウはこれまで大きく下げてきたこともあって、特に材料はないものの自律反発しました。

とりあえず下げ止まって一安心です。

NYダウ 27,940.47 +439.58 (+1.60%)
NASDAQ 11,141.56 +293.87 (+2.71%)
S&P500 3,398.96 +67.12 (+2.01%)
アルファベット<GOOGL> 1,547.23 +23.63 (+1.55%)
アップル<AAPL> 117.32 +4.50 (+3.99%)
フェイスブック<FB> 273.72 +2.56 (+0.94%)
アマゾン<AMZN> 3,268.61 +118.77 (+3.77%)
マイクロソフト<MSFT> 211.29 +8.63 (+4.26%)
テスラ<TSLA> 366.28 +36.07 (+10.92%)
エヌビディア<NVDA> 508.60 +32.08 (+6.73%)
モデルナ<MRNA> 56.90 +2.56 (+4.71%)
NYダウ4日ぶり反発、ハイテク株になお過熱感も
【ニューヨーク=野村優子】米国株式市場でダウ工業株30種平均が4日ぶりに反発し、終値は前日比439ドル(1.6%)高の2万7940ドルだった。前日まで高値警戒感による売りが目立っていたハイテク株を中心

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数の中ではマザーズ指数だけがマイナスで、その他の指数はプラスとなりました。

日経平均は昨晩の米国市場の流れを引き継いで大幅反発となりました。

これまで調子のよかった新興市場などの株から、バリュー株へ入れ替えを行っている感じでしたね。

日経平均 23,235.47 +202.93 (+0.88%)
TOPIX 1,624.86 +19.46 (+1.21%)
JPX日経400 14,683.35 +182.08 (+1.26%)
JASDAQ平均 3,519.62 +1.86 (+0.05%)
マザーズ指数 1,122.59 -9.14 (-0.81%)
日経平均反発、終値2万3235円 米ハイテク株調整一服
10日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比202円93銭(0.88%)高の2万3235円47銭で終えた。米ハイテク株相場の調整がひとまず一服。新型コロナウイルスのワクチン開発を巡る不透明感が

今日の取引時間開始前には7月の機械受注の発表があり、前月比6.3%増と市場予想を大きく上回りました。

7月の機械受注、前月比6.3%増 市場予想は1.9%増
内閣府が10日発表した7月の機械受注統計によると、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比6.3%増の7513億円だった。QUICKがまとめた民間予測の中

また、8月のオフィス空室率の発表もあり、前月比0.30ポイント上昇の3.07%となりました。

賃料は前月比0.83%下落しました。

これまでは、空室率が上がっても賃料が下がらなければ大丈夫と言われてきましたが、とうとう賃料も下がってきてしまいました。

これからどうなるのか心配です。

8月の東京都心オフィス空室率、3%台に上昇 賃料も下落
オフィス仲介の三鬼商事(東京・中央)が10日発表した8月の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は前月比0.30ポイント上昇の3.07%だった。6カ月連続で上昇し2018年1月

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

キリン堂 上場廃止を検討しているとの報道があり株価ストップ高

関西地盤のドラッグストアであるキリン堂ホールディングス<3194>が上場廃止を検討しているとの報道が9月9日の夜にありました。

米国の投資ファンドからTOBしてもらって完全子会社になるとのことです。

今日になってキリン堂は現時点で確定した事実はないとのリリースを出していますが、株価はストップ高となり、年初来高値をつけました。

キリン堂<3194> 3,015 +503 (+20.02%)
キリン堂が東証上場廃止を検討 米ファンドの子会社に | 共同通信
関西地区を中心にドラッグストアを展開しているキリン堂ホールディングスが、東京証券取引所第1部の上場廃...

イベント制限緩和期待でチケット販売やプロ野球関連の株が大幅高

9月11日に新型コロナ感染症対策分科会が開かれ、イベント制限が緩和されると報道されていますが、今日はチケット販売関連とプロ野球の球団を持っている会社の株価が大幅高となりました。

ぴあ<4337> 3,470 +365 (+11.76%)
楽天<4755> 1,094 +79 (+7.78%)
ディーエヌエー<2432> 1,843 +70 (+3.95%)
イベント定員、半分まで緩和 コロナ分科会、11日協議:時事ドットコム
政府は9日、新型コロナウイルス対策として5000人までに制限している大規模なイベント参加人数について、上限を収容定員の50%まで緩和する方針を固めた。屋内のイベントでは収容定員の50%以内に制限しているが、落語、歌舞伎などの古典芸能やクラシックコンサートではこれを撤廃する方針だ。

昨日に引き続き投資判断引き上げで海運株が大幅高

昨日から海運会社の投資判断引き上げが相次いでおり、今日も海運会社の株価が大幅高となりました。

日本郵船<9101> 1,870 +93 (+5.23%)
商船三井<9104> 2,300 +198 (+9.42%)
川崎汽船<9107> 1,307 +93 (+7.66%)
郵船など海運株が逆行高、国内大手証券は投資評価を引き上げ | 個別株 - 株探ニュース
 日本郵船<9101>や商船三井<9104>、川崎汽船<9107>といった海運株が逆行高。業種別では海運セクターが唯一、上昇している。野村証券は8日、国内海運大手3社のレーティングや目標株価といった投資評価を引き上げた・・・。

ビューティーガレージ 純利益22.4%増で株価大幅高

美容器具などのビューティーガレージ<3180>は、9月9日に2020年5~7月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比22.4%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のビューティーガレージの株価は一時ストップ高になるなど大幅高となり、年初来高値をつけました。

ビューティーガレージ<3180> 2,461 +386 (+18.60%)
ビューティガレージの20年5~7月期、純利益22.4%増1億400万円
ビューティガレージが9日に発表した2020年5~7月期の連結決算は、純利益が前年同期比22.4%増の1億400万円となった。売上高は前年同期比1.7%増の38億円、経常利益は前年同期比11.4%増の

レオパレス21 決算発表を再延期すると発表し株価大幅安

アパート賃貸のレオパレス21<8848>は、9月11日に予定していた2020年4~6月期の決算発表を再度延期すると、9月9日に発表しました。

希望退職で決算の集計をする人まで辞めてしまって、集計作業が滞っているとのことです。

これを受け今日のレオパレス21の株価は大幅安となりました。

こんなイメージの悪いことはないですね。

レオパレス21<8848> 165 -11 (-6.25%)
レオパレス、決算発表を再延期
レオパレス21は9日、2020年4~6月期の決算発表を再延期すると発表した。従来の予定日は9月11日だった。9月末までに発表する予定としている。同社は施工不良問題による業績悪化を受けて希望退職者を募

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

神戸物産

業務スーパーの神戸物産<3038>は、9月10日に2019年11月~2020年7月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比25.4%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

神戸物産の19年11月~20年7月期、純利益25.4%増116億円
神戸物産が10日に発表した2019年11月~20年7月期の連結決算は、純利益が前年同期比25.4%増の116億円となった。売上高は前年同期比17.7%増の2593億円、経常利益は前年同期比26.6%

ラクスル

ネット印刷のラクスル<4384>は、9月10日に2020年7月期の決算を発表しました。

純利益は4億9400万円の赤字となりました。

併せて2021年の業績予想を部分的にレンジで発表。

売上高は前期比25.6%~30.3%増、営業利益は1億5000万円の赤字~5000万円の黒字としています。

ラクスルの20年7月期、最終損益4億9400万円の赤字
ラクスルが10日に発表した2020年7月期の決算は、最終損益が4億9400万円の赤字(前期は6900万円の黒字)となった。売上高は前期比25.2%増の214億円、経常損益は3億6800万円の赤字(前

積水ハウス

ハウスメーカーの積水ハウス<1928>は、9月10日に2020年2~7月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比23.2%減となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比3.0%減としていましたが、今回19.3%減へと改めました。

また、期末の配当予想を従来の41円から37円へと減額しました。

積水ハウスの20年2~7月期、純利益23.2%減594億円
積水ハウスが10日に発表した2020年2~7月期の連結決算は、純利益が前年同期比23.2%減の594億円となった。売上高は前年同期比3.3%減の1兆1679億円、経常利益は前年同期比22.2%減の9

サムコ

電子部品製造装置のサムコ<6387>は、9月10日に2020年7月期の決算を発表しました。

純利益は前期比2.9倍となりました。

併せて2021年7月期の業績予想を発表。

純利益は前期比7.1%増になりそうだとのことです。

サムコの20年7月期、税引き利益2.9倍6億3400万円
サムコが10日に発表した2020年7月期の決算は、税引き利益が前期比2.9倍の6億3400万円となった。売上高は前期比18.9%増の58億円、経常利益は前期比3倍の9億2700万円、営業利益は前期比

明日に向けての注目点

国外については、今晩欧州でECB理事会の結果発表があります。

米国では以下の指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数
  • 8月 卸売物価指数(PPI)

また、以下のような決算発表もあります。

  • オラクル<ORCL>

国内については、明日はメジャーSQです。

また、明日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 鳥貴族<3193>
  • HEROZ<4382>
  • ヤーマン<6630>
  • 三井ハイテック<6966>
タイトルとURLをコピーしました