【今日の市況】日経平均反発、菅官房長官が不妊治療を保険適用にしたいと発言し関連薬品株などが大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は休場(レイバー・デー)でした。

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが反発しました。

日経平均はNYダウ先物の状況を見ながら、昨日の下げ分を帳消しにする程度のプラスで推移していましたが、引けにかけては上げ幅を拡大しました。

日経平均 23,274.13 +184.18 (+0.80%)
TOPIX 1,620.89 +11.15 (+0.69%)
JPX日経400 14,636.19 +89.26 (+0.61%)
JASDAQ平均 3,528.25 +5.83 (+0.17%)
マザーズ指数 1,138.64 +21.19 (+1.90%)
日経平均反発 終値184円高の2万3274円
8日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前日比184円18銭(0.80%)高の2万3274円13銭で終えた。前日の欧州株高や新型コロナウイルスの収束による景気回復への期待を背景として

今日の取引時間開始前には、7月の全世帯家計調査の結果発表がありました。

2人以上世帯の消費支出は前年同月比7.6%減となりました。

6月は減少幅が縮んでいたのですが、7月はまた拡がってしまいました。

7月の消費支出7.6%減 感染再拡大で減少幅広がる
総務省が8日発表した7月の家計調査によると、2人以上の世帯の消費支出は26万6897円と物価変動の影響を除いた実質で前年同月から7.6%減った。4~5月の2桁減から6月は1.2%減に持ち直していた。

7月の毎月勤労統計の発表もあり、現金給与総額は前年同月比1.3%減、所定外給与は16.6%減となりました。

7月の所定外給与16.6%減 過去3番目の下げ幅
厚生労働省が8日発表した7月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、残業代などを示す所定外給与は1万6317円と前年同月比で16.6%減った。比較可能な2013年1月以降でみると、5月と

午後の取引時間中には、8月の景気ウォッチャー調査の結果発表がありました。

現状判断指数は前月比2.8ポイント上昇の43.9。

先行き判断指数は6.4ポイント上昇の42.4となりました。

8月の街角景気、現状・先行きとも改善 判断は据え置き
内閣府が8日発表した8月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、3カ月前と比べた足元の街角の景気実感を示す現状判断指数(DI、季節調整済み)は43.9と前月から2.8ポイント上昇し、4カ月連続で

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

菅官房長官が不妊治療を保険適用にしたいと発言し関連薬品株などが大幅高

今日の午後に自民党総裁選の立会演説会が行われましたが、その中で菅官房長官が不妊治療への保険適用を実現したいと発言しました。

この直後から関連する薬品株などの株価が急伸しました。

エムティーアイ<9438>は「ルナルナ」を運営している会社のようです。

富士製薬<4554> 1,347 +268 (+24.84%)
あすか製薬<4514> 1,373 +198 (+16.85%)
エムティーアイ<9438> 773 +100 (+14.86%)
自民党総裁選 告示 石破・菅・岸田氏が立会演説会
■石破氏は「地方創生に全身全霊で取り組む」と述べた■菅氏は「最低賃金の全国的引き上げ」を訴えた■岸田氏は「デジタル化へデータ庁新設」を主張した

ファーマフーズ 今期2桁増益の業績予想を発表し株価大幅高

サプリや化粧品の通販をしているファーマフーズ<2929>は、9月7日に2020年7月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比38.3%増となりました。

併せて2021年7月期の業績予想を発表。

純利益は前期比18%増になりそうだとのことです。

これを受け今日のファーマフーズの株価は大幅高となりました。

ファーマフーズ<2929> 1,435 +291 (+25.44%)
ファーマフーズの20年7月期、純利益38.3%増6億9000万円
ファーマフーズが7日に発表した2020年7月期の連結決算は、純利益が前期比38.3%増の6億9000万円となった。売上高は前期比45.8%増の153億円、経常利益は前期比23.9%増の7億8800万

シュッピン 月次売上高が半年ぶりに前年実績を上回り株価大幅高

中古カメラ販売などのシュッピン<3179>は、9月7日に8月の月次売上高を発表し、前年同月比1.9%増となりました。

今日のシュッピンの株価は、半年ぶりに売上高が前年実績を上回ったことが好感され大幅高となりました。

シュッピン<3179> 933 +87 (+10.28%)
シュッピン、8月売上高は6カ月ぶりのプラス転換に
*12:53JST シュッピン、8月売上高は6カ月ぶりのプラス転換に シュッピン 前日に8月の月次動向を発表している。売上高は前年同月比1.9%増となり、6カ月ぶ…

イーレックス 第三者割当による新株予約権を発行すると発表し株価大幅安

電力小売りのイーレックス<9517>は、9月7日に第三者割当による新株予約権を発行すると発表しました。

これにより15.7%ほど株式が希薄化するのだそうです。

これを受け今日のイーレックスの株価は大幅安となり、年初来安値をつけました。

イーレックス<9517> 1,075 -192 (-15.15%)
イーレックスが急落、新株予約権発行で株式需給悪化を懸念 - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
 代理店を通じた電力小売り事業を展開しているイーレックス(9517)が急落した。3日続落。一時は1002円まで下落し、3月13日の年初来安値1055円を更新した。午後1時32分現在、前営業日比207円

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

ストリーム

PCや家電の通販サイト「ECカレント」を運営しているストリーム<3071>は、9月8日に2020年2~7月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比7.5倍となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

利益の進捗率は既に100%を超えてしまっています。

なぜ上方修正しないのですかね?

ストリームの20年2~7月期、純利益7.5倍2億3200万円
ストリームが8日に発表した2020年2~7月期の連結決算は、純利益が前年同期比7.5倍の2億3200万円となった。売上高は前年同期比22.6%増の140億円、経常利益は前年同期比3.7倍の2億490

明日に向けての注目点

国外については、特に大きな予定はありません。

国内についても、特に大きな予定はありません。

タイトルとURLをコピーしました