【今日の市況】日経平均反落、ホンダ 米GMとの提携を発表し株価上昇など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも大幅反落となりました。

この日は特にこれといって下げる要因はなかったのですが、これまで順調に上がっていたGAFAMのような銘柄に利益確定売りが出て、指数を大きく押し下げました。

今晩の雇用統計発表に備えて一旦利益確定した感じでしょうか。

NYダウ 28,292.73 -807.77 (-2.78%)
NASDAQ 11,458.10 -598.34 (-4.96%)
S&P500 3,455.06 -125.78 (-3.51%)
アルファベット<GOOGL> 1,629.51 -87.88 (-5.12%)
アップル<AAPL> 120.88 -10.52 (-8.01%)
フェイスブック<FB> 291.12 -11.38 (-3.76%)
アマゾン<AMZN> 3,368.00 -163.45 (-4.63%)
マイクロソフト<MSFT> 217.30 -14.35 (-6.19%)
テスラ<TSLA> 407.00 -40.37 (-9.02%)
エヌビディア<NVDA> 520.62 -53.24 (-9.28%)
NYダウ一時1000ドル超安 AppleなどIT株が急落: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

この日は毎週恒例の新規失業保険申請件数の発表があり、88万1000件と市場予想よりも良い結果となりました。

米失業保険申請 8月23~29日は88万件 2週連続の減少: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

8月のISM非製造業景況指数は、前月比1.2ポイント低下の56.9と市場予想よりも良い結果となりました。

米非製造業景況感 8月は56.9、4カ月ぶり下落: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

7月の貿易収支は、前月比で輸入が12.3%増、輸出が11.9%増、貿易赤字が12.9%増となりました。

米貿易赤字が過去最大、7月12%増 輸入が急増: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが下落しました。

日経平均は昨晩の米国市場の流れを引き継いで大幅安となりました。

東証一部の売買代金は1兆8713億円と、今日も2兆円を割りました。

日経平均は2万3千円を割ったりすることなく底堅い動きでした。

日経平均 23,205.43 -260.10 (-1.11%)
TOPIX 1,616.60 -14.64 (-0.90%)
JPX日経400 14,606.53 -142.83 (-0.97%)
JASDAQ平均 3,530.10 -20.33 (-0.57%)
マザーズ指数 1,139.90 -30.57 (-2.61%)

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

ホンダ 米GMとの提携を発表し株価上昇

自動車のホンダ<7267>と米国のゼネラル・モーターズ<GM>は、北米市場での部品の共通化・共同調達で提携を進めると、9月3日に発表しました。

これを受け今日のホンダの株価は上昇しました。

ホンダ<7267> 2,756 +60 (+2.23%)
ホンダとGM、戦略提携 北米で車台やエンジン共通化: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

再編期待で今日も地銀株が絶好調

菅官房長官が自民党総裁選の出馬会見で、地銀は多すぎると発言したことを受け、昨日に引き続き地銀の株価が大幅高となりました。

栃木銀行<8550> 213 +49 (+29.88%)
筑波銀行<8338> 231 +50 (+27.62%)
福島銀行<8562> 236 +50 (+26.88%)
千葉興銀<8337> 283 +42 (+17.43%)
富山第一銀行<7184> 309 +38 (+14.02%)
島根銀行<7150> 712 +87 (+13.92%)
高知銀行<8416> 749 +77 (+11.46%)
じもとHD<7161> 114 +10 (+9.62%)
フィデアHD<8713> 117 +10 (+9.35%)
池田泉州<8714> 178 +11 (+6.59%)
福島銀はカイ気配、地銀再編思惑の象徴株として連日急騰モードに◇ 投稿日時: 2020/09/04 09:10[みんなの株式] - みんなの株式 (みんかぶ)
最新投稿日時:2020/09/04 09:10 - 「福島銀はカイ気配、地銀再編思惑の象徴株として連日急騰モードに◇」(みんなの株式)

ラクーンHD 通期の業績予想を上方修正して株価ストップ高

衣料・雑貨の企業間ECを運営しているラクーンホールディングス<3031>は、9月3日に2020年5~7月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比98.2%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比8.6%~21.9%増としていましたが、今回64.0%~77.3%増へと改めました。

これを受け今日のラクーンHDの株価はストップ高となり、年初来高値をつけました。

ラクーンHD<3031> 1,600 +300 (+23.08%)
ラクーンHDの20年5~7月期、純利益98.2%増2億2000万円: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

来週に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下のような指標の発表があります。

  • 8月 雇用統計

米国は月曜日がお休みで3連休となりますので、それに備えた動きがあるかもしれません。

来週の主な予定は以下のようになっています。

9月7日(月) 中国 8月 貿易収支
米国 休場(レイバー・デー)
9月8日(火) 日本 7月 全世帯家計調査
7月 毎月勤労統計
7月 国際収支
8月 景気ウォッチャー調査
9月9日(水) 中国 8月 生産者物価指数(PPI)
8月 消費者物価指数(CPI)
9月10日(木) 日本 7月 機械受注
8月 オフィス空室率
欧州 ECB理事会 結果発表
米国 前週分の新規失業保険申請件数
8月 卸売物価指数(PPI)
9月11日(金) 日本 メジャーSQ
米国 8月 消費者物価指数(CPI)
タイトルとURLをコピーしました