【今日の市況】日経平均反発、通信のソフトバンク 日経平均に採用されて少しだけ株価上昇など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも上昇しました。

この日は8月のISM製造業景況指数の発表があり、前月比1.8ポイント上昇の56.0と市場予想を上回ったことが好感され株が買われました。

また、ウォルマート<WMT>が新しい通販のサブスクリプションサービスを開始すると発表したことで、株価が大幅高となりNYダウを押し上げました。

S&P500とNASDAQは過去最高値を更新しました。

NYダウ 28,645.66 +215.61 (+0.76%)
NASDAQ 11,939.66 +164.21 (+1.39%)
S&P500 3,526.65 +26.34 (+0.75%)
ウォルマート<WMT> 147.59 +8.74 (+6.29%)
NYダウ反発215ドル高 大型ハイテク株がけん引
【NQNニューヨーク=川内資子】1日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。終値は前日比215ドル61セント(0.8%)高の2万8645ドル66セントと、取引終了にかけ買いの勢いは強まり、この日
8月の米製造業景況感、56.0 4カ月連続上昇(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米サプライマネジメント協会(ISM)が1日発表した8月の米製造業景況感指数は56.0で前月から1.8ポイント上昇した。4カ月連続の上昇で、2018年11月以来1年9カ月ぶりの
ウォルマート、定額課金プログラム「ウォルマートプラス」開始、配送料無料に _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】
ウォルマート、定額課金プログラム「ウォルマートプラス」開始、配送料無料に 。ダイヤモンド・チェーンストアオンラインではマーケター・経営者様必聴のセミナーや分析データ、その他小売・流通業界の最新情報をお届けします。

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが上昇しました。

日経平均は昨晩の米国市場の流れを引き継いで高く始まり、途中上げ幅を縮める場面もありましたが、引けにかけてまた上げ幅を拡げました。

米アップル<AAPL>の5G対応新型iPhoneの発表が近いということで、電子部品や半導体関連に買いが入りました。

マザーズ指数は年初来高値を更新しました。

日経平均 23,247.15 +109.08 (+0.47%)
TOPIX 1,623.40 +7.59 (+0.47%)
JPX日経400 14,666.15 +68.57 (+0.47%)
JASDAQ平均 3,547.87 +4.10 (+0.12%)
マザーズ指数 1,172.95 +18.44 (+1.60%)
日経平均が反発 終値109円高、米景況感の改善で
2日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比109円08銭(0.47%)高の2万3247円15銭で終えた。ハイテク株などを中心に前日の米株式相場が上昇した流れを引き継ぎ、半導体関連株などに買いが
アップルの5G対応新型iPhone、年内7500万台目標に-関係者
米アップルは第5世代(5G)通信規格対応の新型「iPhone(アイフォーン)」を7500万台以上生産するようサプライヤーに要請した。昨年発売の機種とほぼ同じ生産水準で、同社の最重要製品の需要が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)やリセッション(景気後退)のさなかでも持ちこたえている兆しと言えそうだ。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

通信のソフトバンク 日経平均に採用されて少しだけ株価上昇

日本経済新聞社は9月1日の取引時間終了後に、日経平均採用銘柄の定期入れ替えを発表しました。

新規採用は通信のソフトバンク<9434>で、除外は日本化薬<4272>となりました。

実際に入れ替えられるのは10月1日とのことです。

これを受け今日のソフトバンクの株価は少しだけ上昇、日本化薬の株価は大幅安となりました。

日経平均に採用されるとわかったら、普通は株価が大幅高になるものです。

しかし、通信のソフトバンクについては、親会社のソフトバンクG<9984>が近日中に株式を大量に売り出す予定のため、今はまだ買いづらい状況のようです。

ソフトバンク<9434> 1,376.5 +11.5 (+0.84%)
日本化薬<4272> 942 -104 (-9.94%)
ソフトバンクを採用、日経平均銘柄入れ替え
日本経済新聞社は1日、日経平均株価を構成する225銘柄のうち、1銘柄を定期見直しにより入れ替えると発表した。市場流動性の観点からソフトバンクを採用し、業種セクター間の銘柄数の過不足調整により日本化薬

台風が接近してきて復旧工事関連銘柄の株価が大幅高

台風9号・10号が接近してきて、既にたくさんの影響が出てきています。

これを受け、今日は復旧工事関連銘柄の株価が大幅高となりました。

台風10号は過去最強クラスになるかもしれないようなので心配です。

麻生フオーム<1730> 729 +96 (+15.17%)
ヤマウ<5284> 575 +65 (+12.75%)
明豊ファシリティ<1717> 627 +69 (+12.37%)
イトーヨーギョー<5287> 1,685 +185 (+12.33%)
日本乾溜<1771> 662 +60 (+9.97%)
エスイー<3423> 300 +25 (+9.09%)
大日本コン<9797> 928 +76 (+8.92%)
ヤマックス<5285> 568 +46 (+8.81%)
若築建<1888> 1,264 +87 (+7.39%)
台風10号「特別警報級」の恐れ、気象庁 9号は九州接近
非常に強い台風9号は2日午前9時の観測で、再び「大型で非常に強い」勢力に変わり、東シナ海から九州北部に迫った。また台風10号について気象庁は2日、特別警報級まで発達する恐れがあると発表した。6、7日

ブイキューブ Zoomの株価が昨晩41%上昇したのを受けこちらも大幅高

好決算を発表したWeb会議の米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM>は、昨晩株価が41%も上昇しました。

これを受け日本でWeb会議サービスを提供しているブイキューブ<3681>の今日の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

ブイキューブ<3681> 2,022 +208 (+11.47%)
Zoomの株価1日で41%上昇、時価総額IB…(写真=ロイター)
【シリコンバレー=佐藤浩実】米株式市場で1日、ビデオ会議サービス「Zoom」を運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズの株価が急騰した。終値は前日比で41%高の457.69ドル。前日の好決算を

ラクス 株式分割を発表して株価大幅高

クラウドとIT人材のラクス<3923>は、9月30日を基準日として1対2の株式分割を実施すると、9月1日に発表しました。

これを受け今日のラクスの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

ラクス<3923> 3,170 +274 (+9.46%)
ラクス、1対2の株式分割を実施へ
*08:54JST ラクス、1対2の株式分割を実施へ ラクス  9月30日を基準日として1株につき2株の割合で株式分割を実施すると発表している。同社は経費精算シス…

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

スカパーJSAT

衛星放送などのスカパーJSATホールディングス<9412>は、9月2日に2020年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比63.2%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとしています。

スポーツのシーズン開幕が遅れて出ていくお金が減り、利益を押し上げだようです。

スカパーJSAT HDの20年4~6月期、純利益63.2%増40億円
スカパーJSATホールディングスが2日に発表した2020年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比63.2%増の40億円となった。営業収益は前年同期比0.4%増の346億円、経常利益は前年同期比5

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下のような指標の発表があります。

  • 8月 ADP雇用統計
  • 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

国内については、特に大きな予定はありません。

タイトルとURLをコピーしました