【今日の市況】日経平均大幅反発で2万3千円台回復、バークシャーが株式を取得していることが明らかとなり商社株が大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

先週末の米国市場は、3指数とも上昇しました。

前日に引き続き、まだまだ低金利が続いて株式市場にお金が入ってくるだろうとの思惑から株が買われました。

NASDAQは終値ベースで過去最高値を更新しました。

S&P500はザラ場ベースでも終値ベースでも過去最高値を更新しました。

NYダウ 28,653.87 +161.60 (+0.57%)
NASDAQ 11,695.63 +70.29 (+0.60%)
S&P500 3,508.01 +23.46 (+0.67%)
NYダウ続伸、161ドル高 昨年末水準上回る
【NQNニューヨーク=岩本貴子】28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸した。前日比161ドル60セント(0.6%)高の2万8653ドル87セントで終えた。2月21日以来、6カ月ぶりに昨年末

この日は7月の個人所得、個人消費支出の発表がありました。

個人消費支出は前月比1.9%増え、市場予想とほぼ一致しました。

個人所得は前月比0.4%増えました。

7月の米個人消費支出、1.9%増に鈍化(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が28日発表した7月の個人消費支出(PCE)は、季節調整済みの年率換算で前月比1.9%増えた。伸び率は前月(6.2%増)から鈍化し、新型コロナウイルス感染の再拡大で、

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが反発しました。

自民党総裁選に菅官房長官が出馬する可能性が濃厚となり、これまでの政策を踏襲するだろうとの安心感から株が買われました。

日経平均 23,139.76 +257.11 (+1.12%)
TOPIX 1,618.18 +13.31 (+0.83%)
JPX日経400 14,611.26 +127.00 (+0.88%)
JASDAQ平均 3,531.94 +53.75 (+1.55%)
マザーズ指数 1,121.64 +40.07 (+3.70%)
日経平均反発 終値257円高 「菅氏出馬」に期待感
31日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発し、前週末比257円11銭(1.12%)高の2万3139円76銭で終えた。自民党総裁選に菅義偉官房長官が出馬を検討と伝わり、現政権からの政策の継

今日の取引時間開始前には、7月の鉱工業生産の発表があり、前月比8.0%上昇の86.6と市場予想を上回りました。

鉱工業生産8.0%上昇 7月、2カ月連続プラス
経済産業省が31日発表した7月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済み)速報値は、前月比8.0%上昇の86.6だった。上昇は2カ月連続。生産の基調判断は「下げ止まり、持ち直しの動きがみられ

午前の取引時間中には中国の8月の製造業PMI、非製造業PMIの発表がありました。

製造業PMIは前月比0.1ポイント低下の51.0と、市場予想よりも悪い結果となりました。

非製造業PMIは前月比1.0ポイント上昇の55.2と、市場予想よりも良い結果となりました。

中国の非製造業PMI、8月は18年来の高水準-製造業は若干低下
中国のサービス業活動を測る8月の政府の指数は前月から上昇し、2018年1月以来の高水準となった。一方、製造業の指数は若干低下した。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

バークシャーが株式を取得していることが明らかとなり商社株が大幅高

米国の投資会社であるバークシャー・ハサウェイ<BRK.A><BRK.B>が、日本の5大総合商社の株式を過去1年間でそれぞれ5%程度取得したと発表しました。

今後もさらに買い増しする可能性があるということで、今日の5大総合商社の株価は大幅高となりました。

ウォーレン・バフェットさんは昨日で90歳になったそうです。

丸紅<8002> 639.6 +55.4 (+9.48%)
住友商<8053> 1,374.5 +114.5 (+9.09%)
三菱商事<8058> 2,512.5 +180 (+7.72%)
三井物産<8031> 1,914 +131 (+7.35%)
伊藤忠<8001> 2,723.5 +109.5 (+4.19%)
バークシャー、5%を超える商社株を取得-伊藤忠や三菱商など5社
米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは日本時間31日、日本の5大総合商社株を5%をわずかに上回る比率まで取得したと発表した。伊藤忠商事、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅の5社をそれぞれ取得した。それぞれの株式について、長期保有を目的としており、価格次第では最大9.9%まで保有比率を高める可能性があるとした。

自民党総裁選に菅官房長官が出馬する可能性が高まり通信株が大幅安

これまで何度も携帯電話の料金を下げろと言ってきた菅官房長官が、自民党総裁選に出馬する可能性が高まってきたことで、今後さらに値下げ圧力が強まるのではとの警戒感から、今日の通信会社の株価は大幅安となりました。

ソフトバンク<9434>については、親会社のソフトバンクG<9984>が保有株を売り出すと発表しており、こちらの影響も出ています。

NTT<9432> 2,411.5 -130 (-5.12%)
KDDI<9433> 3,078 -153 (-4.74%)
NTTドコモ<9437> 2,959 -103 (-3.36%)
ソフトバンク<9434> 1,392.5 -39 (-2.72%)
ソフトバンクG<9984> 6,598 +201 (+3.14%)
自民総裁選、菅官房長官に無派閥議員が出馬要請へ-安倍路線継続
辞意を表明した安倍晋三首相の後任を選ぶ自民党総裁選で、各派閥の動きが本格化してきた。二階派などに支持の動きが出ていた菅義偉官房長官に対し、無派閥議員有志が31日、立候補を要請する。仮に菅氏が出馬すれば新型コロナウイルス対策や経済政策などで安倍政権の路線継続を訴える見通し。
ソフトバンクG:国内外で携帯子会社株売り出し、最大約1.47兆円規模
ソフトバンクは28日、ソフトバンクグループの完全子会社でソフトバンクの株式を保有するソフトバンクグループジャパンが保有株を売り出すと臨時報告書で明らかにした。

綿半HD 株式分割を発表し株価大幅高

ホームセンターと建築の綿半ホールディングス<3199>は、9月30日を基準日として1対2の株式分割を行うと、8月28日に発表しました。

これを受け今日の綿半HDの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

綿半HD<3199> 2,738 +314 (+12.95%)
綿半HD、株式分割と株主優待制度の実質拡充を発表
*08:50JST 綿半HD、株式分割と株主優待制度の実質拡充を発表 綿半HD 9月30日を基準日として1株につき2株の割合をもって株式分割すると発表した。株式の…

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

内田洋行

学校の備品やシステムの内田洋行<8057>は、8月31日に2020年7月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比44.5%増となりました。

期末配当は従来予想の90円から120円へと増額しています。

併せて2021年7月期の業績予想を発表。

純利益は前期比8.9%増になりそうだとのことです。

配当予想は年間90円としています。

内田洋行の20年7月期、純利益44.5%増34億円
内田洋行が31日に発表した2020年7月期の連結決算は、純利益が前期比44.5%増の34億円となった。売上高は前期比21.9%増の2003億円、経常利益は前期比88.5%増の78億円、営業利益は前期

明日に向けての注目点

国外については、今晩は特に大きな予定はありません。

国内については、明日の取引時間開始前に以下の指標の発表があります。

  • 7月 失業率、有効求人倍率

明日の取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 伊藤園<2593>
タイトルとURLをコピーしました