【今日の市況】日経平均反発、出前館 Uber Eatsの買収を検討しているとの報道があり株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

この日はS&P500がついに過去最高値を更新しました。

もちろん、NASDAQも過去最高値を更新しました。

NYダウが最高値を更新するまでには、まだ時間がかかりそうですね。

NYダウ 27,778.07 -66.84 (-0.24%)
NASDAQ 11,210.84 +81.11 (+0.73%)
S&P500 3,389.78 +7.79 (+0.23%)
S&P500、半年ぶり最高値 コロナ禍でも緩…(写真=ロイター)
【ニューヨーク=宮本岳則】18日の米株市場で、機関投資家が重視するS&P500指数は前日比0.23%高の3389.78で終え、約6カ月ぶりに史上最高値を更新した。米アマゾン・ドット・コムなど大型株が

この日は7月の住宅着工件数の発表があり、前月比22.6%増と市場予想を大きく上回りました。

7月の米住宅着工、22.6%増 3カ月連続増…(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が18日発表した7月の住宅着工件数は149万6千戸(季節調整済み、年率換算値)で、前月の改定値から22.6%増加した。3カ月連続の増加で、新型コロナウイルス感染拡大前

決算発表

ホーム・デポ

ホームセンターのホーム・デポ<HD>は、この日2020年5~7月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比25%増となりました。

ホーム・デポ<HD> 285.00 -3.24 (-1.12%)
米ホーム・デポ増収増益 5~7月期、自宅の修…(写真=ロイター)
【ニューヨーク=河内真帆】米ホームセンター最大手ホーム・デポが18日発表した2020年5~7月期決算は、純利益が前年同期比25%増の43億3200万ドル(約4565億円)だった。新型コロナウイルスの

ウォルマート

小売りのウォルマート<WMT>は、この日2020年5~7月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比79%増となりました。

ウォルマート<WMT> 134.71 -0.89 (-0.66%)
米ウォルマート増収増益 5~7月、ネット通販…(写真=ロイター)
【ニューヨーク=野村優子】米小売り最大手ウォルマートが18日発表した2020年5~7月期決算は、純利益が前年同期比79%増の64億7600万ドル(約6864億円)だった。新型コロナウイルスの流行を背

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが上昇しました。

日経平均は朝はマイナスで始まりましたが、ほどなくプラスに転じました。

今日も東証一部の売買代金は1兆6966億円と2兆円に届かず、閑散とした相場となりました。

マザーズ指数は今日も堅調で年初来高値をつけました。

日経平均 23,110.61 +59.53 (+0.26%)
TOPIX 1,613.73 +2.88 (+0.18%)
JPX日経400 14,550.44 +28.11 (+0.19%)
JASDAQ平均 3,477.03 +9.73 (+0.28%)
マザーズ指数 1,119.03 +32.17 (+2.96%)
日経平均反発、終値59円高 米株の上昇基調支え: 日本経済新聞
19日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前日比59円53銭(0.26%)高の2万3110円61銭で終えた。ハイテク関連を中心とした米国株の上昇基調が買い材料となった。

今日の取引時間開始前には6月の機械受注の発表があり、前月比7.6%減となりました。

市場予想は2.0%増でしたので、ずいぶん悪い結果となりました。

6月の機械受注、7.6%減 基調判断「減少している」に下方修正: 日本経済新聞
内閣府が19日発表した6月の機械受注統計によると、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は、前月比7.6%減の7066億円だった。減少は2カ月ぶりとなる。

また、7月の貿易統計(通関ベース)の発表もあり、前年同月比で輸出19.2%減、輸入22.3%減となりました。

中国向け輸出、7カ月ぶり増加 7月8.2%増: 日本経済新聞
財務省が19日発表した7月の貿易統計速報によると、中国向けの輸出が前年同月比8.2%増の1兆3290億円となり、7カ月ぶりに増加した。現地の生産活動の再開で日本からの輸出が増えた。ただ輸出全体では19.2%減と停滞が続いた。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

出前館 Uber Eatsの買収を検討しているとの報道があり株価大幅高

出前仲介サイトの出前館<2484>がUber Eatsの買収を検討しているとの報道が昨晩のテレビでありました。

今日になって出前館はこの報道は事実無根であるとコメントを発表しています。

また、出前館は今期は投資を優先するため無配にするとの発表も昨日行っています。

これを受け今日の出前館の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

Uber Eatsの話は夢がありますね。

出前館<2484> 2,240 +170 (+8.21%)
出前館、Uber Eats買収検討の報道に「事実無根」【追記あり】
出前館がUber Eatsの買収提案を検討していると、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」が8月18月に報じた。出前館は19日、「事実無根の内容であり、当社が発表したものではない」とコメントした。
出前館の今期、14年ぶり無配 宅配代行事業の投資優先
料理宅配サイト運営の出前館は18日、2020年8月期の年間配当を無配(前期は3.6円)にすると発表した。従来は未定としていた。飲食店から宅配を請け負う事業などで成長投資を優先するため。年間の無配は0

ソニー 物言う株主が株を売却していたことがわかり株価下落

物言う株主でおなじみのファンド運営会社サード・ポイントが、保有していたソニー<6758>の株を大量に売却していたことがわかりました。

6月末時点の株式保有報告書にソニー株の記載がなかったとのことです。

これを受け今日のソニーの株価は下落しました。

物言う株主が株を買った時は株価が上がりましたから、その逆のことが起こりましたね。

ソニー<6758> 8,526 -242 (-2.76%)
ソニー株が3日続落、米報告書でサード・ポイントの大量売却が判明
ソニー株が3営業日続落した。物言う株主(アクティビスト)として知られるダニエル・ローブ氏が率いるヘッジファンド運営会社、サード・ポイントが保有株を大量に売却していたことが明らかになった。

武田薬品工業 大衆薬子会社売却の最終調整に入ったとの報道で株価上昇

医薬品の武田薬品工業<4502>が大衆薬を扱っている子会社の武田コンシュマーヘルスケアを投資ファンドに売却する方向で最終調整しているとの報道がありました。

これを受け今日の武田薬品工業の株価は上昇しました。

武田薬品工業<4502> 4,032 +35 (+0.88%)
武田、大衆薬子会社売却へ 米ファンドに、3千億円超か | 共同通信
武田薬品工業が、ビタミン剤「アリナミン」や風邪薬「ベンザ」シリーズなどを販売する一般用医薬品(大衆薬...

アルバイトタイムス タイミーと業務提携すると発表し株価大幅高

求人情報誌のアルバイトタイムス<2341>は、スキマバイトアプリのタイミーと業務提携すると、8月18日に発表しました。

これを受け今日のアルバイトタイムスの株価は一瞬ストップ高になるなど大幅高となりました。

アルバイトタイムス<2341> 175 +26 (+17.45%)
アルバイトTが急騰、スキマバイトアプリのタイミーと業務提携 | 個別株 - 株探ニュース
 アルバイトタイムス<2341>が急騰し、株価は一時ストップ高の199円まで上値を伸ばしている。18日の取引終了後、スキマバイトアプリ「タイミー」を提供するタイミー(東京都豊島区)と業務提携すると発表しており、これを好材料視する買いが入っているようだ・・・。

あいHD 今期純利益21.2%増予想で株価大幅高

防犯カメラなどのあいホールディングス<3076>は、8月18日に2020年6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前期比14.2%減となりました。

併せて2021年6月期の業績予想を発表。

純利益は前期比21.2%増になりそうだとのことです。

今日のあいHDの株価は今期が増益予想であることが好感され、大幅高となりました。

あいHD<3076> 1,599 +102 (+6.81%)
あい HDの20年6月期、純利益14.2%減46億円
あい ホールディングスが18日に発表した2020年6月期の連結決算は、純利益が前期比14.2%減の46億円となった。売上高は前期比15.4%減の431億円、経常利益は前期比8.1%減の79億円、営業

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国では以下のような決算発表があります。

  • ターゲット<TGT>
  • エヌビディア<NVDA>

国内については、特に大きな予定はありません。

タイトルとURLをコピーしました