【今日の市況】日経平均大幅反発で2万2千円台回復、7&iHD 米国のコンビニを買収すると発表し株価大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

先週末の米国市場は、3指数とも上昇しました。

前日に好決算を発表したハイテク関連銘柄の株価が大幅高となり、指数を押し上げました。

特にアップル<AAPL>の株価は10%を超える大幅高となり、1銘柄でNYダウを260ドル押し上げてプラスにもっていきました。

また、時価総額もサウジアラムコを抜いて、世界トップに返り咲きました。

NYダウ 26,428.32 +114.67 (+0.44%)
NASDAQ 10,745.27 +157.46 (+1.49%)
S&P500 3,271.12 +24.90 (+0.77%)
アップル<AAPL> 425.04 +40.28 (10.47%)
フェイスブック<FB> 253.67 +19.17 (8.17%)
アマゾン<AMZN> 3,164.68 +112.80 (3.70%)
NYダウ反発、114ドル高 アップル10%高で上場来高値
【NQNニューヨーク=岩本貴子】7月31日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。前日比114ドル67セント(0.4%)高の2万6428ドル32セントで終えた。30日夕に市場予想を上回る2020

この日は6月の個人所得、個人消費支出の発表がありました。

個人所得は前月比1.1%減となりました。

個人消費支出は前月比5.6%増加し、市場予想を上回りました。

米個人消費支出、6月は5.6%増 2カ月連続…(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が31日発表した6月の個人消費支出(PCE)は、季節調整済みの年率換算で前月比5.6%増えた。過去最大の上げ幅となった前月(8.5%増)に続き2カ月連続で大きく増加し

決算発表

メルク

医薬品のメルク<MRK>は、2020年4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比12%増となりました。

メルク<MRK> 80.24 +1.25 (+1.58%)
米メルク、9月にも大規模治験 「経口型」のコ…(写真=ロイター)
【ニューヨーク=西邨紘子】米製薬大手メルクは31日、米バイオ医薬リッジバック・バイオセラピューティクスと共同開発する新型コロナ治療薬候補が9月にも最終段階の臨床試験に入る見通しと発表した。体内でウイ

キャタピラー

建設機械のキャタピラー<CAT>は、2020年4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比72%減となりました。

キャタピラー<CAT> 132.88 -3.85 (-2.82%)
キャタピラー純利益7割減 4~6月、北米市場…(写真=ロイター)
【ニューヨーク=中山修志】米建設機械大手キャタピラーが31日発表した2020年4~6月期決算は、純利益が前年同期比72%減の4億5800万ドル(約480億円)だった。北米を中心に建設機械と鉱山機械の

エクソン・モービル

石油のエクソン・モービル<XOM>は、2020年4~6月期の決算を発表し、10億8000万ドルの赤字となりました。

エクソン・モービル<XOM> 42.08 +0.21 (+0.50%)
米エクソン1100億円赤字 4~6月、原油安で(写真=ロイター)
【ニューヨーク=中山修志】米石油メジャーのエクソンモービルが31日発表した2020年4~6月期決算は、最終損益が10億8000万ドル(約1100億円)の赤字(前年同期は31億ドルの黒字)だった。最終

シェブロン

石油のシェブロン<CVX>は、2020年4~6月期の決算を発表し、82億ドルの赤字となりました。

シェブロン<CVX> 83.94 -2.33 (-2.70%)
米シェブロン、最終赤字8600億円 原油安で…(写真=ロイター)
【ニューヨーク=中山修志】米石油メジャーのシェブロンが31日発表した2020年4~6月期決算は、最終損益が82億ドル(約8600億円)の赤字(前年同期は43億ドルの黒字)だった。原油相場の低迷で売上

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが大幅反発となりました。

日経平均は先週金曜日の大幅安の反動と、ドル円が106円近くまで円安に戻ってきたことを受け、大幅高となりました。

日経平均 22,195.38 +485.38 (+2.24%)
TOPIX 1,522.64 +26.58 (+1.78%)
JPX日経400 13,721.62 +223.41 (+1.66%)
JASDAQ平均 3,401.40 +36.33 (+1.08%)
マザーズ指数 994.98 +36.75 (+3.84%)
日経平均485円高 終値2万2195円、米株高で心理改善
3日の東京株式市場で日経平均株価は7営業日ぶりに反発した。終値は前週末485円38銭(2.24%)高の2万2195円38銭で、上げ幅は7月13日(493円)以来の大きさだった。前週末の米株式市場で好

今日の午前の取引時間中には、中国の7月の製造業PMI(財新)の発表があり、前月から1.6ポイント上昇の52.8と市場予想を上回りました。

中国製造業PMI、7月は52.8 2011年1月以来の高水準=財新
財新/マークイットが3日発表した7月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は52.8で、前月の51.2から上昇、2011年1月以来の高水準となった。好不況の分かれ目となる50を3カ月連続で上回った。新型コロナウイルス危機後の持続的な内需改善が寄与した。ただ、輸出受注と雇用は弱い状況が続いた。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

7&iHD 米国のコンビニを買収すると発表し株価大幅安

コンビニエンスストアのセブン&アイ・ホールディングス<3382>は、米国のガソリンスタンド併設型のコンビニ「スピードウェイ」を買収すると、8月3日に発表しました。

この買収の話は今年2~3月に一度出ていて、価格が折り合わず断念したことになっていました。

今日の7&iHDの株価は、買収のために2兆円を超えるお金が出ていくことが嫌気されたのか大幅安となり、年初来安値をつけました。

この買収の話が最初に出たときも株価は大幅安になりましたが、やっぱり今日も大幅安になりましたね。

7&iHD<3382> 3,052 -154 (-4.80%)
7&iHDが過去最大の買収、米コンビニを2.2兆円でー株価急落
セブン&アイ・ホールディングスは3日、米子会社を通じて米石油精製会社マラソン・ペトロリアムのコンビニエンスストア併設型ガソリンスタンド部門「スピードウェイ」を210億ドル(約2兆2000億円)で買収することを決定したと発表した。米国市場の成長拡大を狙い、2021年第1四半期の取得を目指す。

SGホールディングス 通期の業績予想を上方修正して株価ストップ高

佐川急便のSGホールディングス<9143>は、7月31日に2020年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比70.3%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比2.6%増としていましたが、今回11.0%増へと改めました。

これを受け今日のSGホールディングスの株価はストップ高となり、年初来高値をつけました。

SGホールディングス<9143> 4,570 +700 (+18.09%)
SG HDの20年4~6月期、純利益70.3%増172億円
SGホールディングスが31日に発表した2020年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比70.3%増の172億円となった。営業収益は前年同期比9.1%増の3176億円、経常利益は前年同期比49.7

カシオ計算機 9億300万円赤字で株価大幅安

腕時計などのカシオ計算機<6952>は、7月31日に2020年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は9億300万円の赤字となりました。

併せてこれまで未定としていた通期の業績予想を発表。

純利益は前期比82.9%減になりそうだとのことです。

これを受け今日のカシオ計算機の株価は大幅安となりました。

カシオ計算機<6952> 1,505 -167 (-9.99%)
カシオ計算機の20年4~6月期、最終損益9億300万円の赤字
カシオ計算機が31日に発表した2020年4~6月期の連結決算は、最終損益が9億300万円の赤字(前年同期は49億円の黒字)となった。売上高は前年同期比39.5%減の400億円、経常損益は10億円の赤

Zホールディングス 営業利益40%増で株価ストップ高

ヤフーなどネットサービスのZホールディングス<4689>は、7月31日に2020年4~6月期の連結決算を発表しました。

営業利益は前年同期比40%増となりました。

(純利益は17%減となりましたが、これは前年同期に特別利益があったためです)

通期の業績予想は未定とのことです。

これを受け今日のZホールディングスの株価はストップ高となり、年初来高値をつけました。

Zホールディングス<4689> 657 +100 (+17.95%)
ZHDの4~6月期、営業利益40%増 巣ごもりでEC好調
ヤフーを傘下に持つZホールディングスが31日発表した2020年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比40%増の506億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が広がり、

カプコン 純利益44.2%増で株価大幅高

ゲームのカプコン<9697>は、今日の引け間際に2020年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比44.2%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

この決算が発表されるとカプコンの株価は急上昇し、年初来高値をつけました。

カプコン<9697> 4,515 +385 (+9.32%)
カプコンの20年4~6月期、純利益44.2%増78億円
カプコンが3日に発表した2020年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比44.2%増の78億円となった。売上高は前年同期比32.2%増の237億円、経常利益は前年同期比37.9%増の106億円、

NEC 50億円赤字で株価大幅安

ITサービスのNEC<6701>は、7月31日に2020年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は50億円の赤字となりました。

通期の業績予想はほぼ据え置きで、調整後利益など細かいところを修正しています。

これを受け今日のNECの株価は大幅安となりました。

NEC<6701> 5,470 -420 (-7.13%)
日本電気の20年4~6月期、最終損益50億円の赤字
日本電気が31日に発表した2020年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が50億円の赤字(前年同期は32億円の黒字)となった。売上収益は前年同期比10.1%減の5877億円、営業損益は1

ヤマトHD 今期純利益47.8%増予想で株価大幅高

宅急便のヤマトホールディングス<9064>は、7月31日に2020年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は34億円の黒字となりました。(前期は赤字)

併せてこれまで未定としていた通期の業績予想を発表。

純利益は前期比47.8%増になりそうだとのことです。

これを受け今日のヤマトHDの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

ヤマトHD<9064> 2,831 +136 (+5.05%)
ヤマトHDの20年4~6月期、最終損益34億円の黒字
ヤマトホールディングスが31日に発表した2020年4~6月期の連結決算は、最終損益が34億円の黒字(前年同期は97億円の赤字)に転換した。営業収益は前年同期比2.7%増の3920億円、経常損益は10

武田薬品工業 通期の業績予想を上方修正して株価大幅高

医薬品の武田薬品工業<4502>は、7月31日に2020年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は825億円となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比35.6%増としていましたが、今回108.0%増へと改めました。

これを受け今日の武田薬品工業の株価は大幅高となりました。

武田薬品工業<4502> 3,891 +135 (+3.59%)
武田薬品工業の20年4~6月期、純利益825億円
武田薬品工業が31日に発表した2020年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が825億円(前年同期は70億円)となった。売上収益は前年同期比5.6%減の8018億円、営業利益は前年同期比3

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

スズキ

自動車のスズキ<7269>は、8月3日に2020年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比95.6%減となりました。

通期の業績予想は未定とのことです。

スズキの20年4~6月期、純利益95.6%減17億円
スズキが3日に発表した2020年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比95.6%減の17億円となった。売上高は前年同期比53.1%減の4252億円、経常利益は前年同期比80%減の144億円、営業

JAL

空運の日本航空<9201>は、8月3日に2020年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は937億円の赤字となりました。

通期の業績予想は未定とのことです。

日本航空の20年4~6月期、最終損益937億円の赤字
日本航空が3日に発表した2020年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が937億円の赤字(前年同期は129億円の黒字)となった。売上収益は前年同期比78.1%減の763億円だった。  今後

NTTドコモ

携帯電話のNTTドコモ<9437>は、8月3日に2020年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比1.5%増となりました。

併せてこれまで未定としていた通期の業績予想を発表。

純利益は前期比2.2%増になりそうだとのことです。

NTTドコモの20年4~6月期、純利益1.5%増1952億円
NTTドコモが3日に発表した2020年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比1.5%増の1952億円となった。営業収益は前年同期比5.3%減の1兆981億円、営業利益は前年同期比

ケーズHD

家電量販店のケーズホールディングス<8282>は、8月3日に2020年4~6月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比96.7%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これは明日の株価が楽しみです。

ケーズHDの20年4~6月期、純利益96.7%増115億円
ケーズホールディングスが3日に発表した2020年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比96.7%増の115億円となった。売上高は前年同期比14.1%増の1880億円、経常利益は前年同期比2倍の1

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下のような指標の発表があります。

  • 7月 ISM製造業景況指数

国内については、明日の取引時間中に以下のような決算発表があります。

  • 丸紅<8002>
  • カカクコム<2371>
  • アステラス薬<4503>
  • 双日<2768>
  • 旭化成<3407>
  • 王子HD<3861>
  • CTC<4739>
  • SUBARU<7270>
  • 三菱ケミHD<4188>
  • GSユアサ<6674>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 宝HD<2531>
  • ニチレイ<2871>
  • スシローGH<3563>
  • 住友化学<4005>
  • 東海カーボン<5301>
  • 日本製鉄<5401>
  • クボタ<6326>
  • ダイキン工業<6367>
  • ミネベアミツミ<6479>
  • ソニー<6758>
  • リコー<7752>
  • ヤマハ<7951>
  • 三菱UFJ<8306>
  • オリックス<8591>
タイトルとURLをコピーしました