【今日の市況】日経平均反落、ピックルスコーポ 純利益23.5%増で株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも続伸しました。

この日発表のあった6月の消費者信頼感指数(コンファレンスボード)は、前月から12.2ポイント上昇して98.1となり、市場予想よりも大幅に良い結果となりました。

また、パウエルFRB議長が議会証言で景気回復が予想より早いと発言したことなどもあり、株が買われました。

NYダウ 25,812.88 +217.08 (+0.85%)
NASDAQ 10,058.76 +184.61 (+1.87%)
S&P500 3,100.29 +47.05 (+1.54%)

前日のマイクロン・テクノロジーの決算が良かったことで、特に半導体関連株は大幅高となりました。

マイクロン・テクノロジー<MU> 51.52 +2.38 (+4.83%)
ザイリンクス<XLNX> 98.39 +6.43 (+6.99%)
NYダウ続伸、217ドル高 ハイテク株に買い集まる
【NQNニューヨーク=張間正義】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比217ドル08セント(0.8%)高の2万5812ドル88セントで終えた。米経済の回復を示唆する経済統計が発表され
6月の米消費者信頼感 12.2ポイント急上昇…(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米調査会社コンファレンス・ボードが30日発表した6月の消費者信頼感指数は98.1(1985年=100)で、前月の改定値から12.2ポイント上昇した。ほぼ横ばいだった前月から急
FRBパウエル議長 景気回復「予想より早い」(写真=ロイター)
【ニューヨーク=後藤達也】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は6月30日、「多くの企業が活動を再開し、雇用が回復し、支出も増えている」と述べた。経済対策で景気が下支えされ、「経済は重要な新しい

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが下落しました。

日経平均は朝はプラスで始まったものの、11時過ぎには完全にマイナスに転落してしまい、その後ズルズルと下げ幅を拡げていきました。

菅官房長官の再び緊急事態宣言の可能性もあり得るという発言がじわじわ効いてきたのでしょうか?

日経平均 22,121.73 -166.41 (-0.75%)
TOPIX 1,538.61 -20.16 (-1.29%)
JPX日経400 13,876.51 -173.36 (-1.23%)
JASDAQ平均 3,416.00 -26.90 (-0.78%)
マザーズ指数 997.90 -14.21 (-1.40%)

半導体関連銘柄は米国指標の流れを引き継いで堅調に推移し、東京エレクトロン<8035>は上場来高値をつけました。

東京エレクトロン<8035> 27,735 +1,295 (+4.90%)
日経平均が反落 終値166円安の2万2121円
1日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比166円41銭(0.75%)安の2万2121円73銭で終えた。下げ幅は一時240円を超えた。朝方は高く始まったものの、新型コロナウイルス再拡大や「香港
感染スピード高まれば、最悪の場合緊急事態宣言の可能性=菅官房長官
菅義偉官房長官は1日午前の会見で、東京都を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が見られることについて、最悪の場合は再び緊急事態宣言の可能性もあり得るとの考えを示した。

今日の取引時間開始前には、2Qの日銀短観の発表がありました。

業況判断指数(DI)は、前回の-8から26ポイント低下して-34となりました。

大企業製造業の景況感、11年ぶり低水準 日銀6月短観
日銀が1日発表した6月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)はマイナス34になった。リーマン危機後の2009年6月以来11年ぶりの低水準だ。3月の調査か

今日の午前の取引時間中には、中国の6月の製造業PMI(財新)の発表があり、前月から0.5ポイント上昇の51.2と、市場予想よりも良い結果となりました。

財新の中国製造業PMI、6月は半年ぶり高水準 輸出・雇用は圧迫続く
財新/マークイットが発表した6月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.2で、前月の50.7から上昇し、6カ月ぶりの高水準となった。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

ピックルスコーポ 純利益13.4%増で株価大幅高

漬物のピックルスコーポレーション<2925>は、6月30日に2020年3~5月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比23.5%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のピックルスコーポの株価は大幅高となりました。

巣ごもりでおうちでの食事が増えたことや、乳酸菌で免疫力が向上するということで、キムチが売れたようですね。

ピックルスコーポ<2925> 2,818 +248 (+9.65%)
ピックルスコーポレーションの20年3~5月期、純利益23.5%増6億5100万円
ピックルスコーポレーションが30日に発表した2020年3~5月期の連結決算は、純利益が前年同期比23.5%増の6億5100万円となった。売上高は前年同期比13.4%増の120億円、経常利益は前年同期

パイプドHD 純利益35.1%増で株価大幅高

Webアプリケーション構築プラットフォームなどのパイプドHD<3919>は、6月30日に2020年3~5月期の連結決算を発表しました。

純利益は前年同期比35.1%増となりました。

併せて通期の業績予想の減収、減益のレンジを下方向に拡げました。

今日のパイプドHDの株価は3割を超える増益が好感され大幅高となりました。

パイプドHD<3919> 1,689 +157 (+10.25%)
パイプドHDの20年3~5月期、純利益35.1%増1億7700万円
パイプドHDが30日に発表した2020年3~5月期の連結決算は、純利益が前年同期比35.1%増の1億7700万円となった。売上高は前年同期比0.8%減の14億円、経常利益は前年同期比31.6%増の2

サンデンHD 事業再生ADRを申請し株価ストップ安

カーエアコンのコンプレッサーなどのサンデンホールディングス<6444>は、6月30日に事業再生ADRを申請したと発表しました。

昨年からの世界的な自動車販売の落ち込みや、新型コロナウイルスの影響で工場を休業していたことにより業績が悪化していました。

これを受け今日のサンデンHDの株価はストップ安となり、年初来安値をつけました。

サンデンHD<6444> 263 -80 (-23.32%)
サンデンHD、事業再生ADRを申請---新型コロナ影響で受注減 | レスポンス(Response.jp)
自動車部品メーカーのサンデンホールディングスは6月30日、業績悪化に伴って私的整理の一種である特定認証紛争解決手続(事業再生ADR)を申請したと発表した。

マルマエ 純利益2.2倍で株価大幅高

半導体関連部品のマルマエ<6264>は、6月30日に2019年9月~2020年5月の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.2倍となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のマルマエの株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

マルマエ<6264> 1,119 +78 (+7.49%)
マルマエの19年9月~20年5月期、税引き利益2.2倍4億9300万円
マルマエが30日に発表した2019年9月~20年5月期の決算は、税引き利益が前年同期比2.2倍の4億9300万円となった。売上高は前年同期比7.9%増の31億円、経常利益は前年同期比73.9%増の6

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国では以下の指標の発表があります。

  • 6月 ADP雇用統計
  • 6月 ISM製造業景況指数

国内については、明日の取引時間終了後に以下のような決算発表があります。

  • キユーピー<2809>
  • クスリのアオキ<3549>
  • 平和堂<8276>

今日の取引時間終了後には6月の国内新車販売台数の発表があり、前年同月比22.9%減と前月からは改善しました。

国内新車販売、6月23%減 減少率は5月比で改善
自動車の業界団体が1日に発表した6月の国内新車販売台数(軽自動車含む)は前年同月比22.9%減の34万7371台だった。新型コロナウイルスの影響で9カ月連続で前年実績を下回ったが、緊急事態宣言の解除
タイトルとURLをコピーしました