【今日の市況】日経平均反発、タカラバイオ 2時間で5千件のPCR検査手法を開発し株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

NYダウは今晩FOMCの結果発表が控えているということで、一旦利益確定売りが出ました。

NASDAQはこの日も堅調で過去最高値を更新し、一時10,000ポイントを超える場面もありました。

NYダウ 27,272.30 -300.14 (-1.09%)
NASDAQ 9,953.75 +29.00 (+0.29%)
S&P500 3,207.18 -25.21 (-0.78%)
NYダウ7日ぶり反落、300ドル安 ナスダックは一時10000台: 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=古江敦子】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は7営業日ぶりに反落し、前日比300ドル14セント(1.1%)安の2万7272ドル30セントで終えた。

今日の日本市場

今日の日本市場は、まちまちの動きとなりました。

日経平均は米国市場の流れを引き継いで安く始まりましたが、その後下げ幅を縮小していき、プラスに転じました。

金曜日のメジャーSQに向けて、ひと波乱あるかもと思っていましたが、ぜんぜんそんなことはなくて、すごく底堅い動きでしたね。

日経平均 23,124.95 +33.92 (+0.15%)
TOPIX 1,624.71 -3.72 (-0.23%)
JPX日経400 14,636.97 -39.35 (-0.27%)
JASDAQ平均 3,488.44 +6.21 (+0.18%)
マザーズ指数 1,036.37 +15.49 (+1.52%)
日経平均反発、終値33円高の2万3124円: 日本経済新聞
10日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反発し、前日比33円92銭(0.15%)高の2万3124円95銭で終えた。経済が早期に立ち直るとの期待感や、各国の金融・経済政策が株価を支えるとの見方は根強く、下げた局面では押し目買いが入った。

昨日の取引時間終了後には、5月の工作機械受注の発表があり、前年同月比52.8%減となりました。

新型コロナ:5月の工作機械受注、前年比52%減 コロナの影響鮮明: 日本経済新聞
新型コロナウイルスが設備投資を一段と冷え込ませている。日本工作機械工業会(日工会)が9日に発表した5月の工作機械受注額(速報値)は前年同月比52.8%減の512億円だった。前年割れは20カ月連続で、下落率は4月(48.3%)よりも広がった。

今日の取引時間開始前発表された4月の機械受注は、前月比12.0%減となり、市場予想を超える落ち込みとなりました。

4月の機械受注、12.0%減少し5年ぶり低水準 設備投資手控え: 日本経済新聞
内閣府が10日発表した4月の機械受注統計によると、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比12.0%減の7526億円だった。2カ月連続で減少し、2015年4月以来5年ぶりの低水準となった。

今日の取引時間中には、中国の5月の消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)の発表がありました。

生産者物価指数(PPI)は、前年同月比3.7%下落。

消費者物価指数(CPI)は、前年同月比2.4%上昇となりました。

中国卸売物価、4年2カ月ぶり下落幅 5月3・7%: 日本経済新聞
【北京=原田逸策】中国国家統計局が10日発表した2020年5月の卸売物価指数(PPI)は前年同月比3.7%下落した。下落幅は4月から拡大し、16年3月以来4年2カ月ぶりの大きさだった。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

タカラバイオ 2時間で5千件のPCR検査手法を開発し株価ストップ高

バイオテクノロジーのタカラバイオ<4974>が、新型コロナウイルスのPCR検査を2時間で5000件処理できる新手法を開発したとの報道がありました。

これを受け今日のタカラバイオの株価はストップ高となり、年初来高値をつけました。

また、親会社の宝ホールディングス<2531>の株価もつられて大幅高となりました。

ロシュの手法より処理能力が14倍以上高いのだそうです。

タカラバイオ<4974> 3,385 +503 (+17.45%)
宝HLD<2531> 1,064 +96 (+9.92%)
タカラバイオ株が年初来高値更新、PCR検査の新手法開発を材料視
タカラバイオは大幅に続伸し年初来高値を更新。午前9時32分現在、東証1部で値上がり率2位となっている。新型コロナウイルスの有無を調べるPCR検査で、2時間弱で最大5000件を検査する方法を開発したとの報道が材料視されている。日本経済新聞によると、主流のスイス製薬大手ロシュの手法に比べて処理能力は14倍以上向上するという...

ツインバード ワクチン用保冷庫が注目されて株価ストップ高

家電のツインバード工業<6897>の製品で、ワクチン輸送専用保冷庫があり、それが海外から注目されているとの報道がありました。

オーストラリアから1カ月の間に例年の2年分の注文が入ったりしているのだそうです。

これを受け今日のツインバードの株価はストップ高となり、年初来高値をつけました。

ウチの電子レンジはツインバード製です。

もう10年以上使ってます。

ツインバード<6897> 547 +80 (+17.13%)
ツインバード---ストップ高買い気配、ワクチン輸送専用保冷庫に海外から注目と
*13:35JST ツインバード---ストップ高買い気配、ワクチン輸送専用保冷庫に海外から注目と ツインバードはストップ高買い気配。新型コロナウイルスの影響が長期化…

PCDEPOT 月次が好調で株価ストップ高

パソコン販売などのピーシーデポコーポレーション<7618>は、6月9日に5月の月次売上高を発表しました。

全店売上高は前年同月比12%増となりました。

テレワークやオンライン学習関連の売り上げが多かったようです。

これを受け今日のPCDEPOTの株価はストップ高となり、年初来高値をつけました。

PCDEPOT<7618> 701 +100 (+16.64%)
PCデポが急反発、5月の全店売上高は前年比12%増 - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
 神奈川地盤のパソコン量販店を展開しているピーシーデポコーポレーション(7618)が急反発した。午後1時15分現在、前営業日比100円(16.64%)高の701円ストップ高買い気配で推移している。 9

ライクキッズ 親会社からTOBされることになり株価ストップ高

人材サービスのライク<2462>は、上場子会社で保育園運営のライクキッズ<6065>に対してTOBを実施し、完全子会社化を目指すと、6月9日に発表しました。

TOB価格は1,005円とのことです。

これを受け今日のライクキッズの株価はストップ高となりました。

ライクキッズ<6065> 922 +150 (+19.43%)
ライク<2462> 1,713 +129 (+8.14%)
ライクキッズ---ストップ高買い気配、ライクの実施するTOB価格サヤ寄せの動きに
*11:25JST ライクキッズ---ストップ高買い気配、ライクの実施するTOB価格サヤ寄せの動きに ライクキッズはストップ高買い気配。親会社のライクがTOBを実施して完全子会社化を目指すと発表している。同社では賛同の意を表明しており、TOB価格1005円に完全サヤ寄せを目指す動きとなっている。TOB成立の際には、同社...

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

フジクラ

電線御三家のフジクラ<5803>は、6月10日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は385億円の赤字となりました。

また、前期の期末配当を2.5円予想から無配としています。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスの影響を合理的に見積もることが困難なため未定としています。

フジクラの20年3月期、最終損益385億円の赤字
フジクラが10日に発表した2020年3月期の連結決算は、最終損益が385億円の赤字(前期は14億円の黒字)となった。売上高は前期比5.4%減の6723億円、経常利益は前期比93.8%減の13億円、営

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下の発表があります。

  • 5月 消費者物価指数(CPI)
  • FOMC結果発表

国内については、明日の取引時間終了後に以下のような決算発表があります。

  • ラクスル<4384>
  • 神戸物産<3038>
タイトルとURLをコピーしました