【今日の市況】日経平均6日続伸で2万3千円台回復、gumi FFBE幻影戦争が好調で株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

先週末の米国市場は、3指数とも上昇しました。

この日は5月の雇用統計の発表がありました。

市場では前月より悪化するだろうと予測されていましたが、失業率は13.3%、非農業部門の就業者数は250万人増加とまさかの改善。

早期の景気回復が見込めるとして、景気敏感株などが買われました。

NYダウ 27,110.98 +829.16 (+3.15%)
NASDAQ 9,814.08 +198.26 (+2.06%)
S&P500 3,193.93 +81.58 (+2.62%)
米国株、ダウ829ドル高 2月下旬以来の高値 雇用情勢の改善で: 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=岩本貴子】5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続伸した。前日比829ドル16セント(3.2%)高の2万7110ドル98セントで終えた。2月24日以来の高値。
新型コロナ:米失業率、5月は13%に一転改善 就業者も250万人増: 日本経済新聞
【ワシントン=河浪武史】米労働省が5日発表した5月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、失業率が13.3%となり、戦後最悪だった4月(14.7%)から一転して改善した。

中国の貿易統計

6月7日には中国で5月の貿易統計の発表がありました。

輸入、輸出とも前年同月より減少しました。

新型コロナ:中国、輸出・輸入とも減少 5月、内外需が弱含み: 日本経済新聞
【北京=原田逸策】中国税関総署が7日発表した2020年5月の貿易統計(ドル建て)によると、輸出額は前年同月比3%減の2068億ドル(約22兆5千億円)、輸入額は同17%減の1438億ドルだった。輸出と輸入がそろって前年割れだった。

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが続伸しました。

日経平均は先週末の米国雇用統計のポジティブサプライズの流れを引き継いで、いきなり2万3千円台を回復してスタート。

その後もこの水準を維持して、最後は高値引けとなりました。

2万3千円はそう簡単には超えないだろうと思っていたんですが、ぜんぜんそんなことはなかったですね。

いったいどこまでいくのでしょうか?

日経平均 23,178.10 +314.37 (+1.37%)
TOPIX 1,630.72 +18.24 (+1.13%)
JPX日経400 14,694.12 +159.58 (+1.10%)
JASDAQ平均 3,475.39 +20.06 (+0.58%)
マザーズ指数 1,012.05 +15.99 (+1.61%)
日経平均、2万3000円台回復 3カ月半ぶり: 日本経済新聞
8日の東京株式市場で日経平均株価は6日続伸し、前週末比314円37銭(1.37%)高の2万3178円10銭と高値引けだった。2万3000円台回復は2月21日以来約3カ月半ぶり。6日続伸は2019年10月18~29日(7日間)以来となる。

今日の取引時間開始前には、4月の国際収支の発表がありました。

経常黒字は前年同月比84.2%減となりました。

経常黒字2627億円、4月84%減 貿易赤字響く: 日本経済新聞
財務省が8日発表した4月の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスなどの取引状況を表す経常収支の黒字は2627億円と前年同月と比べ84.2%減となった。4月としては比較可能な1985年以降で最低だった。

午後の取引時間中には、5月の景気ウォッチャー調査の結果発表がありました。

現状判断指数は前月比で7.6ポイント上昇し15.5となりました。

5月の街角景気、現状判断指数は4カ月ぶり改善: 日本経済新聞
内閣府が8日発表した5月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整済み)は15.5で、前の月に比べて7.6ポイント上昇(改善)した。改善は4カ月ぶり。家計動向、企業動向、雇用が改善した。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

gumi FFBE幻影戦争が好調で株価ストップ高

スマホゲームのgumi<3903>は、6月5日に2020年4月期の業績予想の上方修正を発表しました。

従来予想と今回予想の比較は以下の表のようになっています。

「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争(FFBE幻影戦争)」というゲームが好調だったとのことです。

これを受け今日のgumiの株価はストップ高となり、年初来高値をつけました。

  従来予想[百万円] 今回予想[百万円] 増減率
売上高 19,467 19,827 1.8%
営業利益 1,697 2,225 31.1%
経常利益 1,567 2,124 35.5%
純利益 1,757
gumi<3903> 1,033 +150 (+16.99%)
gumi、20年4月期の営業益を16.9億円から22.2億円に大幅上方修正…『FFBE幻影戦争』グローバル版と既存主力ゲーム好調 | Social Game Info
gumi<3903>は、2020年4月期の連結業績予想を上方修正し、売上高を198億2700万円(従来予想194億6700万円)、営業利益22億2500万円(同16億9700万円)、経常利...

伊藤園 前期の純利益が47%減になったらしく株価大幅安

お茶の伊藤園<2593>は、2020年4月期の純利益が前期比47%減になったようだと、6月5日に発表しました。

これを受け今日の伊藤園の株価は大幅安となりました。

観光地とオフィス街の自動販売機の売上が落ちたのだそうです。

伊藤園<2593> 6,030 -290 (-4.59%)
伊藤園の純利益47%減に下振れ、前期 米子会社で減損: 日本経済新聞
伊藤園は5日、2020年4月期の連結純利益が前の期比47%減の77億円になったようだと発表した。従来予想(2%減の142億円)から下振れした。

小野薬 本庶教授に提訴されることになり株価下落

ノーベル医学生理学賞受賞の本庶教授は、がん治療薬オプジーボの特許使用料をめぐって小野薬品工業<4528>を提訴すると、6月5日に発表しました。

これを受け今日の小野薬の株価は下落しました。

小野薬<4528> 2,937.5 -88.5 (-2.92%)
小野薬品に220億円求める がん治療薬特許料めぐり提訴へ―本庶教授:時事ドットコム
がん免疫治療薬オプジーボの特許使用料をめぐり、ノーベル医学生理学賞を受賞した京都大の本庶佑特別教授は5日、製造販売する小野薬品工業(大阪市)に約226億円の支払いを求める訴訟を今月中旬に大阪地裁に起こすと発表した。

幸楽苑HD 前期6億7700万円の赤字で株価大幅安

ラーメンの幸楽苑ホールディングス<7554>は、6月5日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は6億7700万円の赤字となりました。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスの影響により先行きを見通すことが困難とのことから開示していません。

これを受け今日の幸楽苑HDの株価は大幅安となりました。

幸楽苑<7554> 1,669 -92 (-5.22%)
幸楽苑HDの20年3月期、最終損益6億7700万円の赤字: 日本経済新聞
幸楽苑ホールディングスが5日に発表した2020年3月期の連結決算は、最終損益が6億7700万円の赤字(前期は10億円の黒字)となった。

明日に向けての注目点

国外については、今晩ドイツで以下の指標の発表があります。

  • 4月 鉱工業生産

国内については、特に大きな予定はありません。

タイトルとURLをコピーしました