【今日の市況】日経平均続伸、ソニーFH ソニーから完全子会社化されるとの報道で一時売買停止など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも大幅に続伸しました。

バイオベンチャーのモデルナ<MRNA>が開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、初期の治験で有望な結果が出たことが好感され、幅広く株が買われました。

また、モデルナ自身の株価も大幅高となりました。

NYダウ 24,597.37 +911.95 (+3.85%)
NASDAQ 9,234.82 +220.26 (+2.44%)
S&P500 2,953.91 +90.21 (+3.15%)
モデルナ<MRNA> 80.00 +13.31 (+19.96%)
NYダウ、一時1000ドル高 ワクチン治験で抗体…(写真=AP)
【ニューヨーク=野村優子】18日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、終値は前週末比911ドル(4%)高の2万4597ドルだった。約3週間ぶりの高値をつけ、上げ幅は一時1000ドルを超え
米モデルナ、コロナワクチン抗体確認 7月に大規模治験
【ニューヨーク=西邨紘子】米バイオ医薬ベンチャーのモデルナは18日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの初期の治験の結果が有望だったと発表した。異なる量を投与した複数の治験参加者から抗体を確認できた

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが続伸しました。

日経平均は米国市場の流れを引き継いで大幅高となりました。

今回のワクチンの話題は世界中の株価指数を上昇させました。

やっぱり強いですね。

日経平均 20,433.45 +299.72 (+1.49%)
TOPIX 1,486.05 +26.76 (+1.83%)
JPX日経400 13,354.39 +247.74 (+1.89%)
JASDAQ平均 3,273.21 +31.41 (+0.97%)
マザーズ指数 880.62 +8.06 (+0.92%)

今日は鉄鋼等の景気敏感株が買われました。

日本製鉄<5401> 924.1 +58.6 (+6.77%)
JFE<5411> 729 +45 (+6.58%)
日経平均続伸、299円高の2万0433円 2カ月半ぶり高値
19日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前日比299円72銭(1.49%)高の2万0433円45銭と3月6日以来、約2カ月半ぶりの高値で終えた。米バイオ製薬のモデルナが新型コロナウイルスのワ

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

ソニーFH ソニーから完全子会社化されるとの報道で一時売買停止

イメージセンサーやゲームのソニー<6758>が、金融の子会社であるソニーフィナンシャルホールディングス<8729>をTOBで完全子会社化する方針との報道が午後1時30分にありました。

これを受けソニーFHの株価は急上昇したのですが、その後すぐにこの報道の真偽を確認するため一時売買停止の措置がとられました。

結局取引時間が終了するまでに売買停止は解除されなかったのですが、それでもソニーFHの株価は大幅高となりました。

ソニーFH<8729> 2,412 +348 (+16.86%)
ソニー<6758> 6,902 +217 (+3.25%)
ソニーが金融事業を4000億円で完全子会社化、「経営安定」と社長
ソニーは19日、生命保険など金融事業を手掛ける上場子会社のソニーフィナンシャルホールディングス(FH)を完全子会社化すると発表した。他の株主が所有する35%を対象に約4000億円を投じて株式公開買い付け(TOB)を実施する。グループの一体的な経営の強化が狙い。

夕方になってソニーから正式発表がありました。

TOB価格は2,600円とのことです。

ソニー、ソニーFHを完全子会社化 1株2600円でTOB
ソニー(6758)は19日、金融子会社のソニーフィナンシャルホールディングス(8729)に対してTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化すると発表した。買い付け価格は1株あたり2600円で、

また、2021年4月1日付で「ソニー」から「ソニーグループ」へ商号を変更するようです。

ソニー、ソニーグループに商号変更。本社機能とエレキを分離・再定義
ソニーは、2021年4月1日付けで商号を「ソニーグループ株式会社(Sony Group Corporation)」に変更する。

ソフトバンクG 前期9615億円赤字で株価下落

投資会社のソフトバンクG<9984>は、5月18日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は9615億円の赤字となりました。

2021年3月期の業績予想は開示していません。

今日のソフトバンクGの株価は朝方はプラスで推移していましたが、10時半ぐらいからはマイナスに転じました。

ソフトバンクG<9984> 4,494 -127 (-2.75%)
ソフトバンクグループの20年3月期、最終損益9615億円の赤字: 日本経済新聞
ソフトバンクグループが18日に発表した2020年3月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が9615億円の赤字(前期は1兆4111億円の黒字)となった。
ソフトバンクG、アリババ株1.25兆円を現金化 財務改善急ぐ
ソフトバンクグループは18日、保有する中国のアリババ集団の株式で1.25兆円の現金を調達したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による株価急落と財務悪化に対応するため、4.5兆円の資金を創出する

パナソニック 前期純利益20.6%減でも株価大幅高

総合家電のパナソニック<6752>は、5月18日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比20.6%減となりました。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスによる影響の不確実性が高いため未定としています。

今日のパナソニックの株価は、全体の地合いが良かったこともあり大幅高となりました。

パナソニック<6752> 866.1 +56.6 (+6.99%)
パナソニックの20年3月期、純利益20.6%減2257億円: 日本経済新聞
パナソニックが18日に発表した2020年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前期比20.6%減の2257億円となった。売上高は前期比6.4%減の7兆4906億円、営業利益は前期比28.6%減の2937億円だった。

テルモ 前期純利益7.2%増で株価大幅高

医療機器のテルモ<4543>は、5月18日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比7.2%増となりました。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスの影響を合理的に算定することが困難なため未定としています。

これを受け今日のテルモの株価は大幅高となりました。

テルモ<4543> 3,867 +125 (+3.34%)
テルモの20年3月期、純利益7.2%増852億円: 日本経済新聞
テルモが18日に発表した2020年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前期比7.2%増の852億円となった。売上収益は前期比4.9%増の6288億円、営業利益は前期比3.7%増の1106億円だった。

コマツ 前期純利益40%減でも株価大幅高

建設機械の小松製作所<6301>は、5月18日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比40%減となりました。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスの終息が見通せない中、適正かつ合理的な算定が困難なため未定としています。

今日のコマツの株価は、全体の地合いが良かったこともあり大幅高となりました。

コマツ<6301> 2,111.5 +78 (+3.84%)
小松製作所の20年3月期、純利益40%減1538億円: 日本経済新聞
小松製作所が18日に発表した2020年3月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前期比40%減の1538億円となった。

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

日揮HD

総合エンジニアリングの日揮ホールディングス<1963>は、5月19日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比82.8%減となりました。

併せて2021年3月期の業績予想を発表。

純利益は前期比94.3%増になりそうだとのことです。

日揮HDの20年3月期、純利益82.8%減41億円: 日本経済新聞
日揮ホールディングスが19日に発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前期比82.8%減の41億円となった。売上高は前期比22.4%減の4808億円、経常利益は前期比30.8%減の223億円、営業利益は前期比13%減の202億円だった。

IHI

重工大手のIHI<7013>は、5月19日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比67.9%減となりました。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスの影響を合理的に算定することが困難なため未定としています。

IHIの20年3月期、純利益67.9%減128億円: 日本経済新聞
IHIが19日に発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前期比67.9%減の128億円となった。

シャープ

家電や液晶パネルのシャープ<6753>は、5月19日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比71.8%減となりました。

2021年3月期の業績予想については、8月を目途に開示するとのことです。

シャープの20年3月期、純利益71.8%減209億円: 日本経済新聞
シャープが19日に発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前期比71.8%減の209億円となった。

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下の指標の発表があります。

  • 4月 住宅着工件数

以下のような決算発表もあります。

  • ホーム・デポ<HD>
  • ウォルマート<WMT>

国内については、明日の取引時間開始前に以下の指標の発表があります。

  • 3月 機械受注

取引時間中には以下のような決算発表があります。

  • JXTG<5020>
  • 日本水産<1332>
  • SOMPO<8630>
  • MS&AD<8725>
  • 東京海上<8766>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 太平洋セメント<5233>
  • バンナムHD<7832>
  • 東急不動産HD<3289>

タイトルとURLをコピーしました