【今日の市況】日経平均大幅続落で2万円割れ、武田薬品工業 今期純利益35.6%増予想で株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも大幅続落となりました。

パウエルFRB議長が、講演で米国の景気の下振れリスクを強調した発言を行ったことで、投資家心理が悪化しました。

NYダウ 23,247.97 -516.81 (-2.17%)
NASDAQ 8,863.16 -139.38 (-1.55%)
S&P500 2,820.00 -50.12 (-1.75%)
NYダウ516ドル安 FRB議長発言で
【ニューヨーク=後藤達也】13日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均は大幅続落した。終値は前日比516ドル安の2万3247ドルで1日以来の下げ幅となった。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議

この日は4月の卸売物価指数(PPI)の発表がありました。

前月比1.3%の低下ということで、市場予想よりも大きな下げとなりました。

4月の米卸売物価、1.3%低下 過去最大の下…(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が13日発表した4月の卸売物価指数(最終需要向け製品およびサービス、2009年11月=100)は、季節調整済み前月比で1.3%低下した。3カ月連続の低下で、下げ幅は統

取引時間終了後にはネットワーク機器のシスコ・システムズ<CSCO>が、2020年2~4月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比9%減となりました。

米シスコ、ビデオ会議利用者5億人超に 新型コロナで
【シリコンバレー=奥平和行】米IT(情報技術)大手のシスコシステムズは13日、同社のビデオ会議システム「Webex(ウェブエックス)」の利用者が2カ月間で3倍以上に増え、4月に5億人を超えたことを明

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが下落しました。

日経平均は米国市場の流れを引き継いで安く始まり、昼過ぎぐらいまでは底堅く推移していましたが、午後1時半頃から急速に下げ幅を拡げ2万円を割り込んでしまいました。

日銀がETFを買っても、ぜんぜん追いつきませんでしたね。

日経平均 19,914.78 -352.27 (-1.74%)
TOPIX 1,446.55 -28.14 (-1.91%)
JPX日経400 12,984.76 -238.78 (-1.81%)
JASDAQ平均 3,228.33 -39.40 (-1.21%)
マザーズ指数 821.23 -17.38 (-2.07%)
日経平均3日続落、352円安 米景気懸念で
14日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前日比352円27銭(1.74%)安の1万9914円78銭で終えた。節目の2万円を下回るのは7日以来、1週間ぶり。米景気の先行き不透明感から前日の米株

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

武田薬品工業 今期純利益35.6%増予想で株価大幅高

医薬品の武田薬品工業<4502>は、5月13日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比67.3%減となりました。

併せて2021年3月期の業績予想を発表。

純利益は前期比35.6%増になりそうだとのことです。

これを受け今日の武田薬品工業の株価は大幅高となりました。

武田薬品工業<4502> 4,028 +179 (+4.65%)
武田薬品工業の20年3月期、純利益67.3%減442億円
武田薬品工業が13日に発表した2020年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前期比67.3%減の442億円となった。売上収益は前期比56.9%増の3兆2911億円、営業利益は前期比57.8%

大和ハウス 今期純利益55.1%減予想で株価大幅安

住宅など建設の大和ハウス工業<1925>は、今日の午後の取引時間中に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比1.6%減となりました。

併せて2021年3月期の業績予想を発表。

純利益は前期比55.1%減になりそうだとのことです。

また、今期の年間配当予想は25円減額の90円とのことです。

この決算が発表されると大和ハウスの株価は急落しました。

大和ハウス<1925> 2,450.5 -293.5 (-10.70%)
大和ハウス工業の20年3月期、純利益1.6%減2336億円
大和ハウス工業が14日に発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前期比1.6%減の2336億円となった。売上高は前期比5.7%増の4兆3802億円、経常利益は前期比2.3%増の3676億円、営

ソニー 前期純利益36.5%減で株価大幅安

イメージセンサーやゲームのソニー<6758>は、5月13日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比36.5%減となりました。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスの影響で合理的な算定が困難なため未定としています。

これを受け今日のソニーの株価は大幅安となりました。

ソニー<6758> 6,794 -275 (-3.89%)
ソニーの20年3月期、純利益36.5%減5821億円
ソニーが13日に発表した2020年3月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前期比36.5%減の5821億円となった。売上高および営業収入は前期比4.7%減の8兆2598億円、経常利益は前期比21

楽天 1~3月期は赤字で株価大幅安

ネット通販の楽天<4755>は、5月13日に2020年1~3月期の決算を発表しました。

純利益は353億円の赤字となりました。

携帯電話事業への投資が重たいようです。

これを受け今日の楽天の株価は大幅安となりました。

楽天<4755> 969 -32 (-3.20%)
楽天、最終赤字353億円 携帯先行投資が重荷に
楽天が13日発表した2020年1~3月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が353億円の赤字(前年同期は1049億円の黒字)だった。同期間の最終赤字は18年ぶり。三木谷浩史会長兼社長は4月に本格

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

KDDI

携帯電話など通信のKDDI<9433>は、5月14日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比3.6%増となりました。

併せて2021年3月期の業績予想を発表。

純利益は横ばいとのことです。

また、今期の年間配当予想は5円増額の120円とのことです。

KDDIの20年3月期、純利益3.6%増6397億円
KDDIが14日に発表した2020年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前期比3.6%増の6397億円となった。売上高は前期比3.1%増の5兆2372億円、営業利益は前期比1.1%増の1兆2

三菱地所

総合不動産の三菱地所<8802>は、5月14日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比10.3%増となりました。

併せて2021年3月期の業績予想を発表。

純利益は前期比25.9%減になりそうだとのことです。

また、今期の年間配当予想は8円減額の25円とのことです。

三菱地所の20年3月期、純利益10.3%増1484億円
三菱地所が14日に発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前期比10.3%増の1484億円となった。営業収益は前期比3.1%増の1兆3021億円、経常利益は前期比6.3%増の2195億円、営業

サッポロHD

ビールなど飲料のサッポロホールディングス<2501>は、5月14日に2020年1~3月期の決算を発表しました。

純利益は46億円の赤字となりました。

また、通期の業績予想を取り下げました。

サッポロHDの20年1~3月期、最終損益46億円の赤字
サッポロホールディングスが14日に発表した2020年1~3月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が46億円の赤字(前年同期は35億円の赤字)となった。売上収益は前年同期比1.1%減の998億円、

富士通

ITサービスの富士通<6702>は、5月14日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比53.1%増となりました。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスの影響により合理的な算定が困難なため未定としています。

富士通の20年3月期、純利益53.1%増1600億円
富士通が14日に発表した2020年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前期比53.1%増の1600億円となった。売上収益は前期比2.4%減の3兆8577億円、営業利益は前期比62.4%増の2

DeNA

スマホゲーム・アプリのディー・エヌ・エー<2432>は、5月14日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は491億円の赤字となりました。

2021年3月期の業績予想については、合理的な数値の算出が困難なため開示を見合わせています。

ディー・エヌ・エーの20年3月期、最終損益491億円の赤字
ディー・エヌ・エーが14日に発表した2020年3月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が491億円の赤字(前期は127億円の黒字)となった。売上高は前期比2.2%減の1213億円、営業損益は45

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下の指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数

国内については、今日の取引時間終了後に4月の工作機械受注の発表があり、前年同月比48.3%減となりました。

4月の工作機械受注額、前年比48.3%減 19カ月連続減
日本工作機械工業会が14日発表した4月の工作機械受注総額(速報)は前年同月比48.3%減の561億2700万円と、19カ月連続で前年実績を下回った。4月としては2009年以来の少なさだった。内需は5

明日の取引時間中に以下のような決算発表があります。

  • トクヤマ<4043>
  • DIC<4631>
  • 大林組<1802>
  • 日本軽金属HD<5703>
  • 日本製紙<3863>
  • クレディセゾン<8253>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • エムスリー<2413>
  • 昭和電工<4004>
  • 住友化学<4005>
  • 日産化学<4021>
  • 日本郵政<6178>
  • TDK<6762>
  • かんぽ生命保険<7181>
  • ゆうちょ銀行<7182>
  • 三菱UFJ<8306>
  • 三井住友<8316>
  • みずほ<8411>
  • T&DHD<8795>
  • 第一生命HD<8750>
  • ヤマトHD<9064>
  • NTT<9432>
  • 東京電力<9501>

今日と明日が決算発表のピークで、両日とも500社近くの発表があります。

タイトルとURLをコピーしました