【今日の市況】日経平均大幅反発で2万円台回復、オリエンタルランド 1~3月期は赤字で株価大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも上昇しました。

この日は1~3月期のGDPが発表され、前期年率換算で-4.8%とマイナス成長になったものの、新型コロナウイルスの治療薬として期待されているギリアド・サイエンシズ<GILD>のレムデシビルが、治験で肯定的な結果を出したことが好感され、株が買われました。

NYダウ 24,633.86 +532.31 (+2.21%)
NASDAQ 8,914.71 +306.97 (+3.57%)
S&P500 2,939.51 +76.12 (+2.66%)
NYダウ反発、532ドル高 コロナ治療薬に期待感: 日本経済新聞
【ニューヨーク=宮本岳則】29日の米株式市場では、ダウ工業株30種平均が反発し、前日に比べて532ドル31セント(2.20%)高い2万4633ドル86セントで終えた。
新型コロナ:米GDP4.8%減 1~3月、11年ぶり低水準: 日本経済新聞
【ワシントン=河浪武史】米商務省が29日発表した1~3月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、前期比年率換算で4.8%減少した。新型コロナウイルスで3月半ばから経済活動が制限され、約11年ぶりの大幅なマイナス成長となった。
新型コロナ:米ギリアド、コロナ薬候補「レムデシビル」で肯定的な結果: 日本経済新聞
【ニューヨーク=野村優子】米医薬大手ギリアド・サイエンシズは29日、臨床試験を実施中の新型コロナウイルスの治療薬候補「レムデシビル」で、肯定的な結果がでたと発表した。

決算発表(現地時間の4月28日分)

アルファベット4年半ぶり低成長 1~3月期、広告急減: 日本経済新聞
【シリコンバレー=佐藤浩実】米グーグルの持ち株会社アルファベットが28日発表した2020年1~3月期の売上高は前年同期比13%増の411億5900万ドル(約4兆4000億円)だった。増収率は15年7~9月期以来、4年半ぶりの低水準。
新型コロナ:米キャタピラー2割減収 新型コロナで建設需要が低迷: 日本経済新聞
【ニューヨーク=中山修志】米建機大手キャタピラーが28日発表した2020年1~3月期決算は売上高が106億ドル(約1兆1000億円)と前年同期から21%減少した。新型コロナウイルスの影響により北米やアジアで建機と鉱山機械の需要が低迷した。
新型コロナ:米メルクの1~3月、純利益10%増 通期は下方修正: 日本経済新聞
【ニューヨーク=西邨紘子】製薬大手の米メルクが28日発表した2020年1~3月期決算は、売上高が前年同期比11%増の120億5700万ドル(約1兆3000億円)、純利益が同10%増の32億1900万ドルだった。主力薬の販売が伸びた。
新型コロナ:米フォード、営業赤字5000億円超に 4~6月期見通し: 日本経済新聞
【ニューヨーク=中山修志】米フォード・モーターは28日、2020年4~6月期の営業利益に相当するEBIT(利払い・税引き前利益)が50億ドル(約5300億円)を超える赤字になる見通しだと発表した。
新型コロナ:米スタバ、1~3月期は51%減益「米の全店舗、6月再開したい」: 日本経済新聞
【ニューヨーク=河内真帆】米スターバックスが28日発表した1~3月期決算は既存店売上高が10%減少、純利益は前年同期比51%減の3億2800万ドル(約350億円)にとどまった。

決算発表(現地時間の4月29日分)

マイクロソフト22%増益 在宅勤務でクラウド拡大: 日本経済新聞
【シリコンバレー=佐藤浩実】米マイクロソフトが29日に発表した2020年1~3月期の純利益は前年同期比22%増の107億5200万ドル(約1兆1460億円)だった。1~3月期として過去最高。
新型コロナ:Facebook、1~3月の増収率最低 4月は「前年並み」: 日本経済新聞
【シリコンバレー=奥平和行】米フェイスブックが29日に発表した2020年1~3月期決算は、売上高が前年同期比18%増の177億3700万ドル(約1兆8900億円)だった。
米GE売上高8%減 1~3月、航空機エンジンが不振: 日本経済新聞
【ニューヨーク=中山修志】米ゼネラル・エレクトリック(GE)が29日発表した2020年1~3月期決算は、売上高が前年同期比8%減の205億ドル(約2兆2千億円)だった。
新型コロナ:米ボーイング、6億ドル最終赤字 新型コロナで需要減: 日本経済新聞
【ニューヨーク=中山修志】米ボーイングが29日発表した2020年1~3月期決算は、最終損益が6億2800万ドル(約660億円)の赤字だった。最終赤字は2四半期連続。前年同期は21億ドルの黒字だった。

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが上昇しました。

日経平均は米国市場の流れを引き継いで強烈に上昇し、2万円台を回復しました。

レムデシビルの治験の結果が良かったというだけで、世界中の株式指数が急上昇するなんて、ちょっと浮かれすぎのような気もします。

今日は電気・ガス、ゲーム、食品、医薬品、通信などディフェンシブ銘柄が一気に売られて、雰囲気が変わってきた感じじゃ。

日経平均 20,193.69 +422.50 (+2.14%)
TOPIX 1,464.03 +14.88 (+1.03%)
JPX日経400 13,127.34 +145.69 (+1.12%)
JASDAQ平均 3,169.19 +29.96 (+0.95%)
マザーズ指数 791.44 +17.24 (+2.23%)
日経平均大引け 大幅反発 422円高 2カ月ぶり2万円回復: 日本経済新聞
30日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発し、前営業日比422円50銭(2.14%)高の2万0193円69銭で終えた。

今日の取引時間開始前には、3月の鉱工業生産の発表があり、前月比3.7%低下の95.8となりました。

3月鉱工業生産3.7%低下の95.8、7年2カ月ぶり低水準: 日本経済新聞
経済産業省が30日発表した3月の鉱工業生産指数速報(2015年=100、季節調整済み)は前月比3.7%低下し95.8だった。2013年1月(94.8)以来7年2カ月ぶりの低い水準となった。

午前の取引時間中には、中国の指標で4月の製造業PMI、非製造業PMI、製造業PMI(財新)の発表がありました。

UPDATE 3-中国製造業PMI、4月は50.8に低下 輸出受注が大幅に減少
* 4月の中国製造業PMIは50.8=国家統計局(予想:51.0、前月:52.0)
中国製造業PMI、4月も50超え 輸出受注低下で見通し厳しく
中国国家統計局が30日に発表した4月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.8となり、3月の52.0から低下した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け世界経済の大半が休止状態に陥る中、輸出受注が大幅に減少。中国経済の本格回復にはまだ時間がかかりそうだ。
財新の4月中国製造業PMIは49.4 予想外の50割れ
財新/マークイットが発表した4月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は49.4と、前月の50.1から低下し、好不況の分かれ目となる50を予想外に下回った。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

オリエンタルランド 1~3月期は赤字で株価大幅安

東京ディズニーランド、ディズニーシーを運営しているオリエンタルランド<4661>は、4月28日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比31%減となりました。

また、2020年1~3月期に限っていうと、87億円の赤字だったとのことです。

2021年3月期の業績予想については、合理的な算定が困難とのことで開示していません。

これを受け今日のOLCの株価は大幅安となりました。

OLC<4661> 13,680 -605 (-4.24%)
オリエンタルランド純利益31%減 減益率19年ぶり水準
オリエンタルランド(OLC、4661)が28日発表した2020年3月期(前期)の連結決算は、純利益が前の期比31%減の622億円だった。減益率は2001年3月期以来19年ぶりの大きさとなる。新型コロ
OLC、休園響き9年ぶり最終赤字 20年1~3月期: 日本経済新聞
オリエンタルランド(OLC)が28日発表した2020年1~3月期の連結決算は最終損益が87億円の赤字だった。前年同期は159億円の黒字。1~3月期としては東日本大震災が発生した11年以来、9年ぶりの最終赤字となった。

レーザーテック 純利益46.9%増で株価大幅高

半導体マスク欠陥検査装置のレーザーテック<6920>は、4月28日に2019年7月~2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比46.9%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のレーザーテックの株価は一時ストップ高となるなど大幅高となり、上場来高値を更新しました。

レーザーテック<6920> 7,210 +940 (+14.99%)
レーザーテックの19年7月~20年3月期、純利益46.9%増63億円: 日本経済新聞
レーザーテックが28日に発表した2019年7月~20年3月期の連結決算は、純利益が前年同期比46.9%増の63億円となった。

山崎製パン 巣ごもり消費で売上高が増えていなくて株価大幅安

山崎製パン<2212>は4月28日に2020年1~3月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.7%増となりましたが、売上高は0.2%減、営業利益も4.2%減となりました。

スーパーでの売り上げは増えているものの、コンビニやベーカリーでは減っているのだそうです。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

巣ごもり消費でパンが売れるだろうと期待されていた反動もあって、今日の山崎製パンの株価は大幅安となりました。

山崎製パン<2212> 1,899 -371 (-16.34%)
山崎製パンの20年1~3月期、純利益2.7%増29億円: 日本経済新聞
山崎製パンが28日に発表した2020年1~3月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.7%増の29億円となった。売上高は前年同期比0.2%減の2587億円、経常利益は前年同期比7.8%減の57億円、営業利益は前年同期比4.2%減の54億円だった。

NTTドコモ 前期純利益11%減で株価下落

携帯電話のNTTドコモ<9437>は、4月28日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比11%減となりました。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスの影響を合理的に算定することが困難なため非開示とのことです。

今日は景気敏感株が買われ、ディフェンシブ株が売られる傾向だったこともあり、NTTドコモの株価は大幅安となりました。

NTTドコモ<9437> 3,148 -147 (-4.46%)
NTTドコモの前期、純利益11%減で減収減益 端末販売減など響く
NTTドコモが28日発表した前期(2020年3月期)の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前の期比11%減の5915億円だった。端末機器販売が減少したほか、主力の通信事業で携帯電話通信サービスの割安

ANA 前期純利益75%減&無配で株価大幅安

空運のANAホールディングス<9202>は、4月28日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比75%減となりました。

また、2020年3月期の配当は無配とのことです。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスの影響を合理的に算定することが困難なため未定とのことです。

これを受け今日のANAの株価は大幅安となりました。

ANA<9202> 2,301 -86 (-3.60%)
ANAHDの前期、純利益75%減 コロナで需要急減し無配に
ANAホールディングスが28日発表した2020年3月期(前期)の連結決算は、純利益が前の期比75%減の276億円だった。新型コロナウイルス感染症の拡大で、世界各国の入国制限措置や国内の外出自粛などか

JR東日本 1~3月期は赤字で株価下落

JR東日本こと東日本旅客鉄道<9020>は、4月28日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比32.8%減となりました。

また、2020年1~3月期に限っていうと、463億円の赤字でした。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスの影響で収入動向等が不透明であるため未定とのことです。

これを受け今日のJR東日本の株価は下落しました。

東日本旅客鉄道<9020> 7,873 -264 (-3.24%)
東日本旅客鉄道の20年3月期、純利益32.8%減1984億円
東日本旅客鉄道が28日に発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前期比32.8%減の1984億円となった。売上高は前期比1.8%減の2兆9466億円、経常利益は前期比23.4%減の3395億円
JR東が初の営業赤字 1~3月期、鉄道利用が急減: 日本経済新聞
JR東日本が28日に発表した2020年1~3月期の連結決算は、営業損益が463億円の赤字だった。前年同期は443億円の黒字で、四半期に営業赤字となるのは同社として初めて。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で鉄道利用が激減した。

信越化学 前期純利益1.6%増で株価上昇

塩ビやシリコンウエハの信越化学工業<4063>は、4月28日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比1.6%増となりました。

2021年3月期の業績予想については開示していません。

これを受け今日の信越化学の株価は上昇しました。

信越化学<4063> 12,015 +315 (+2.69%)
信越化学工業の20年3月期、純利益1.6%増3140億円
信越化学工業が28日に発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前期比1.6%増の3140億円となった。売上高は前期比3.2%減の1兆5435億円、経常利益は前期比0.7%増の4182億円、営業

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

東京エレクトロン

半導体製造装置の東京エレクトロン<8035>は、4月30日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比25.4%減となりました。

また、期末の配当を従来予想から49円増額しています。

2021年3月期の業績予想については開示していません。

東京エレクトロンの20年3月期、純利益25.4%減1852億円: 日本経済新聞
東京エレクトロンが30日に発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前期比25.4%減の1852億円となった。

村田製作所

電子部品の村田製作所<6981>は、4月30日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比11.6%減となりました。

併せて2021年3月期の業績予想を発表。

純利益は前期比18%減になりそうだとのことです。

また、配当は13円の増配予想としています。

村田製作所の20年3月期、純利益11.6%減1830億円: 日本経済新聞
村田製作所が30日に発表した2020年3月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前期比11.6%減の1830億円となった。

日本電産

モーターの日本電産<6594>は、4月30日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比45.4%減となりました。

併せて2021年3月期の業績予想を発表。

純利益は前期比66.4%増になりそうだとのことです。

日本電産の20年3月期、純利益45.4%減600億円: 日本経済新聞
日本電産が30日に発表した2020年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前期比45.4%減の600億円となった。売上高は前期比4%増の1兆5348億円、営業利益は前期比14.6%減の1103億円だった。

JT

JTこと日本たばこ産業<2914>は、4月30日に2020年1~3月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比28.5%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

日本たばこ産業の20年1~3月期、純利益28.5%減863億円: 日本経済新聞
日本たばこ産業が30日に発表した2020年1~3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比28.5%減の863億円となった。売上収益は前年同期比2.8%増の5196億円、営業利益は前年同期比29.4%減の1289億円だった。

JAL

空運の日本航空<9201>は、4月30日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比64.6%減となりました。

また、期末配当は無配とのことです。

2021年3月期の業績予想については、開示していません。

日本航空の20年3月期、純利益64.6%減534億円
日本航空が30日に発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前期比64.6%減の534億円となった。売上高は前期比5.1%減の1兆4112億円、経常利益は前期比38%減の1025億円、営業利益は

ZHD

ヤフーでおなじみのZホールディングス<4689>は、4月30日に2020年3月期の決算を発表しました。

純利益は前期比3.8%増となりました。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスの感染拡大で合理的な算出が困難であるため未定としています。

Z HDの20年3月期、純利益3.8%増816億円: 日本経済新聞
Zホールディングスが30日に発表した2020年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前期比3.8%増の816億円となった。売上収益は前期比10.3%増の1兆529億円、営業利益は前期比8.4%増の1522億円だった。

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下の指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数
  • 3月 個人所得、個人消費

また、以下のような決算発表があります。

  • ツイッター<TWTR>
  • マクドナルド<MCD>
  • アップル<AAPL>
  • アマゾン・ドットコム<AMZN>
  • ギリアド・サイエンシズ<GILD>
  • ビザ<V>

国内については、明日の取引時間中に以下のような決算発表があります。

  • 三井物産<8031>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 野村不動産HD<3231>
  • 協和キリン<4151>

タイトルとURLをコピーしました