【今日の市況】日経平均続落で1万8000円割れ、ヤマダ電機 自社株買いを発表し株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも大幅続落となりました。

新型コロナウイルスに関する暗いニュースばかりで、投資家心理が悪化しました。

NYダウ 20,943.51 -973.65 (-4.44%)
NASDAQ 7,360.58 -339.51 (-4.41%)
S&P500 2,470.50 -114.09 (-4.41%)
NYダウ続落、973ドル安 コロナ収束見えず
【ニューヨーク=大島有美子】1日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続落し、前日比973ドル65セント(4.4%)安の2万943ドル51セントで終えた。トランプ米大統領が3月31日に新型コロ

この日は3月のADP雇用統計の発表があり、非農業部門の雇用者数は前月比2万7000人減となりました。

今回のデータは3月前半までのものであり、新型コロナウイルスによる影響が十分に反映されていないため、4月はさらに悪化する可能性があります。

3月の米雇用2万7000人減、2年半ぶり前月比減(写真=AP)
【ニューヨーク=大島有美子】米民間雇用サービス会社ADPが1日発表した3月の全米雇用リポートによると、景気動向を敏感に反映する非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)は前月から2万7000人減少した。

また、3月のISM製造業景況指数の発表もありました。

前月比1.0ポイント低下の49.1となり、50を下回りました。

3月の米製造業景況感、新規受注が11年ぶり低…(写真=ロイター)
【ニューヨーク=大島有美子】米サプライマネジメント協会(ISM)が1日発表した3月の米製造業景況感指数は49.1と前月から1.0ポイント低下した。好不況の境目となる50を3カ月ぶりに下回った。全体と

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが続落しました。

日経平均は米国市場の流れを引き継いでマイナスで始まり、午後に一瞬だけプラスに転じる場面もありましたが、すぐに失速して下げ幅を拡げました。

日経平均 17,818.72 -246.69 (-1.37%)
TOPIX 1,329.87 -21.21 (-1.57%)
JPX日経400 11,930.83 -173.93 (-1.44%)
JASDAQ平均 2,878.14 -26.81 (-0.92%)
マザーズ指数 613.00 -1.20 (-0.20%)

今日は急激に下げたり上げたりと、いかにも先物に振り回された感じでしたね。

日経平均続落、終値246円安の1万7818円
2日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落した。終値は前日比246円69銭(1.37%)安の1万7818円72銭と、3月23日以来の安値を付けた。新型コロナウイルスの感染拡大による景気悪化の懸念で前

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

ヤマダ電機 自社株買いを発表し株価大幅高

家電量販店のヤマダ電機<9831>は、1億株、500億円を上限とする自社株買いを4月2日から来年3月24日まで実施すると、4月1日に発表しました。

これを受け今日のヤマダ電機の株価は大幅高となりました。

ヤマダ電機<9831> 470 +52 (+12.44%)
ヤマダ電、自社株取得500億円上限 株主還元を強化
家電量販最大手のヤマダ電機は1日、500億円を上限に自社株を取得すると発表した。新型コロナウイルスの影響で株価に割安感が出てきたことなどを勘案し、株主還元の強化や資本効率の向上を図る。2019年12

ソフトバンクG スプリントとTモバイルの合併が完了し株価上昇

投資会社のソフトバンクG<9984>は、米携帯会社で傘下のスプリントとTモバイルUSの合併が完了したと、今日の朝に発表しました。

また、午後には米シェアオフィスのWeWorkに対するTOBを取りやめることも発表しました。

これらを受け今日のソフトバンクGの株価は上昇しました。

ソフトバンクG<9984> 3,768 +93 (+2.53%)
ソフトバンクG、スプリントとTモバイルの合併完了を発表
ソフトバンクグループ(SBG、9984)は2日、傘下の米携帯通信スプリントとTモバイルUSの合併手続きが、米国時間の1日に完了したと発表した。  SBGは20年4~6月期の連結損益計算書に、SBGが取
ソフトバンクG、ウィーワークのTOB取りやめを発表
ソフトバンクグループ(SBG、9984)は2日、米シェアオフィス大手のウィーカンパニーへの最大30億ドルのTOB(株式公開買い付け)を取りやめると発表した。同社は既存株主から株式の買い取りをする予定

テルモ 人工心肺の増産を発表し株価上昇

医療機器のテルモ<4543>は、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、人工心肺装置の生産を2倍に増やすと、4月1日に発表しました。

これを受け今日のテルモの株価は上昇しました。

テルモ<4543> 3,605 +66 (+1.86%)
テルモ、人工心肺の生産倍増へ 新型コロナ拡大で | 共同通信
医療機器大手のテルモは1日、ECMO(エクモ)と呼ばれる人工心肺装置の生産台数を2倍程度に増やす方針...

月次売上高の発表を受け百貨店株が大幅安

百貨店各社は昨日、3月の月次売上高を発表しましたが、どこも前年同月比で3割~4割減という結果となりました。

これを受け今日の百貨店各社の株価は大幅安となりました。

Jフロント<3086> 800 -71 (-8.15%)
高島屋<8233> 905 -36 (-3.83%)
三越伊勢丹<3099> 574 -21 (-3.53%)
H2Oリテイル<8242> 772 -20 (-2.53%)
3月の百貨店売上高急減、コロナが直撃 国内外の来客減る
大手百貨店各社が1日発表した3月の売上高(速報値)は、前年比で大幅に減少した。新型コロナウイルスの感染拡大による訪日外国人(インバウンド)の減少や政府の外出自粛要請などが響いた。  三越伊勢丹ホールデ

西松屋チェーン 前期純利益50.6%減で株価下落

子供服の西松屋チェーン<7545>は、4月1日に2020年2月期の決算を発表しました。

純利益は前期比50.6%減となりました。

併せて2021年2月期の業績予想を発表。

純利益は前期比2.7倍になりそうだとのことです。

今日の西松屋の株価は、今期のV字回復予想を好感してプラスで推移する場面もありましたが、引けにかけて勢いを失いマイナスに転じました。

西松屋チェーン<7545> 705 -9 (-1.26%)
西松屋チェーンの20年2月期、税引き利益50.6%減10億円
西松屋チェーンが1日に発表した2020年2月期の決算は、税引き利益が前期比50.6%減の10億円となった。売上高は前期比3.5%増の1429億円、経常利益は前期比40.3%減の23億円、営業利益は前

象印マホービン 減益ではあるものの進捗率は順調で株価上昇

調理家電の象印マホービン<7965>は、4月1日に2019年12月~2020年2月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.9%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

減益ではあるものの、業績予想に対する進捗率は順調であることから、今日の象印の株価は上昇しました。

象印<7965> 1,399 +38 (+2.79%)
象印マホービンの19年12月~20年2月期、純利益2.9%減20億円
象印マホービンが1日に発表した2019年12月~20年2月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.9%減の20億円となった。売上高は前年同期比4.6%減の242億円、経常利益は前年同期比0.4%減の3

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下の指標の発表があります。

  • 前週分の新規失業保険申請件数
  • 2月 貿易収支

先週発表された新規失業保険申請件数は、328万件という驚異的な数字を叩き出しましたので、今週も目が離せません。

国内については、特に大きな予定はありません。

タイトルとURLをコピーしました