【今日の市況】日経平均反発、ソフトバンクG 資産4.5兆円売却&2兆円自社株買い発表で株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

先週末の米国市場は、3指数とも大幅に反落しました。

米国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け株が売られました。

NYダウ 19,173.98 -913.21 (-4.55%)
NASDAQ 6,879.51 -271.06 (-3.79%)
S&P500 2,304.92 -104.47 (-4.34%)
NYダウ急落、週間でも17%安 リーマン危機以来の波乱
【ニューヨーク=宮本岳則】20日の米国株式市場では、ダウ工業株30種平均が急反落し、前日比913ドル21セント(4.54%)安の1万9173ドル98セントで終えた。週間下落率は17%を超え、リーマン

木曜日には3月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数の発表がありました。

2月の36.7から3月は-12.7へと急落し、市場予想を大きく下回りました。

フィラデルフィア連銀製造業指数:3月マイナス12.7-過去最大の低下
米フィラデルフィア連銀製造業景況指数は3月に急低下し、下げ幅は過去最大となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要後退により、打撃を受ける製造業者が増えたことが示唆された。

また、毎週発表されている新規失業保険申請件数が急増し、新型コロナウイルスの影響が雇用にも現れ始めました。

米、新型コロナで解雇始まる 失業保険の新規申請が急増
【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が19日発表した新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、14日までの1週間で28万1000件となり、前週から7万件急増した。2017年9月以来2年6カ月ぶりの高水準と

金曜日には2月の中古住宅販売件数の発表がありましたが、こちらはまだ好調で、新型コロナウイルスの影響は出ていません。

2月の米中古住宅販売、13年ぶり高水準 「足…(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】全米不動産協会(NAR)が20日発表した2月の中古住宅販売件数は、季節調整済みの年率換算で577万戸となり、前月比6.5%増えた。2カ月ぶりの増加で、2007年2月以来13年

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが上昇しました。

日経平均は朝はプラスで始まり、一旦はマイナスに転じる場面もありましたが、午後は大きく上げ幅を拡げました。

日経平均 16,887.78 +334.95 (+2.02%)
TOPIX 1,292.01 +8.79 (+0.68%)
JPX日経400 11,548.12 +56.43 (+0.49%)
JASDAQ平均 2,793.30 +8.47 (+0.30%)
マザーズ指数 560.17 +2.31 (+0.41%)

3月19日に引き続き、日銀は今日もETFを約2000億円買ったようです。

3月19日に18.51%も下落した東証REIT指数は、今日は大幅に反発しました。

東証REIT指数 1,303.06 +157.53 (+13.75%)
日経平均反発、終値334円高の1万6887円
23日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前営業日比334円95銭(2.02%)高の1万6887円78銭で終えた。日銀が前営業日の19日に株価指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

ソフトバンクG 資産4.5兆円売却&2兆円自社株買い発表で株価ストップ高

ソフトバンクG<9984>は、4.5兆円の資産を売却し、最大2兆円の自社株買いを行うことを今日の午後の取引時間中に発表しました。

このニュースが伝わるとソフトバンクGの株価は急上昇してストップ高となり、3月19日の大幅安のかなりの部分を取り返しました。

反対に売却の対象になると考えられる通信のソフトバンク<9434>の株価は大幅安となりました。

今日はソフトバンクGだけで、日経平均を108円押し上げました。

ソフトバンクG<9984> 3,187 +500 (+18.61%)
ソフトバンク<9434> 1,414 -49.5 (-3.38%)
ソフトバンクG、4.5兆円資産売却 自社株買いに2兆円
ソフトバンクグループ(SBG)は23日、自己株式取得と負債削減に向けて4.5兆円の資産を売却または資金化すると発表した。中国・アリババ集団や国内通信子会社ソフトバンクなど投資先の上場株が主な対象にな

KDDI 5Gの料金メニューを発表しても株価下落

ソフトバンク、NTTドコモに続いて、今日はKDDI<9433>が5G向けの料金メニューを発表しました。

各社比較しにくいように割引やオマケが被らないよう工夫しているため、どれがお得なのかよくわかりませんが、とりあえず今日のKDDIの株価は下落しました。

KDDI<9433> 2,918.5 -11.5 (-0.39%)
au、データ使い放題の5G向け料金プランを発表
 KDDI、沖縄セルラーは、3月26日の「au 5G」提供開始に合わせて、5G向けの料金プランを同日から提供する。また、4G向けの料金プランも6月2日に刷新する。

2月の訪日外国人客数は58%減、五輪も延期になりそうで関連銘柄下落

3月19日の夕方には2月の訪日外国人客数の発表がありました。

全体は前年同月比58%減で、中国人客は87.9%減だったとのことです。

また、ANAは大幅な減便で客室乗務員など5,000人の休業を発表しました。

東京オリンピックも急速に延期の方向に舵を切り始めたようです。

これを受け今日の代表的なインバウンド銘柄の株価は以下のようになりました。

資生堂<4911> 5,667 -15 (-0.26%)
コーセー<4922> 12,300 -810 (-6.18%)
丸井G<8252> 1,841 -174 (-8.64%)
Jフロント<3086> 827 -98 (-10.59%)
三越伊勢丹<3099> 637 -63 (-9.00%)
高島屋<8233> 977 -11 (-1.11%)
パンパシフィック<7532> 1,766 -12 (-0.67%)
ANA<9202> 2,752 -258 (-8.57%)
2月の訪日客、58%減の108万人 新型コロナの影響
日本政府観光局が19日発表した2月の訪日客数は前年同月比58.3%減の108万5100人だった。新型コロナウイルスの感染拡大で、人数は2014年9月以来5年5カ月ぶりの低水準となった。減少幅は東日本
ANA、5000人休業へ 大幅減便響き1人数日ずつ
全日本空輸(ANA)は全社員の3割に当たる5000人の客室乗務員を対象に、1人当たり数日程度の一時帰休をさせる方針を固めた。同社は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国際線の6割減便を決めており、一
首相、東京五輪「完全な実施が困難なら延期も」
安倍晋三首相は23日、国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京五輪の延期を含め検討に入ると発表したことを受け「IOCの判断は私が申し上げた『完全な形での実施』という方針に沿うもので、仮にそれ

電通グループ ワニは電通案件かどうかわからないけど株価大幅高

この3連休はワニの話でネット界隈は盛り上がっていましたが、とりあえず今日の電通グループ<4324>の株価は大幅高となりました。

電通グループ<4324> 2,090 +165 (+8.57%)
「100日後に死ぬワニ」最終回が猛批判された訳 | ゲーム・エンタメ
そのワニは、多くのツイッターユーザーの注目を集めながら死んだ。漫画家・きくちゆうき氏がツイッター上で発表し、多くのファンを獲得していった『100日後に死ぬワニ』は、2020年3月20日、そのタイトルどおり、第1…

明日に向けての注目点

国外については、特に大きな予定はありません。

国内については、今日の取引時間終了後に2月のコンビニ売上高の発表がありました。

既存店ベースで前年同月比2.6%増となりました。

飲食店で食事をせずにコンビニで買って食べているのでしょうね。

日本の2月コンビニ売上高、2カ月連続のプラス
日本フランチャイズチェーン協会が23日発表した2月の全国コンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比2.6%増の8026億8200万円と、2カ月連続のプラスとなった。
タイトルとURLをコピーしました