【今日の市況】日経平均大幅続落で1万8000円割れ、田辺三菱が新型コロナワクチン開発着手で三菱ケミ株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも大幅に続落しました。

前日にトランプ大統領が英国を除く欧州からの入国禁止を発表したこと受け、経済へのダメージがより一層強くなるとの懸念から株が売られ、NYダウは過去最大の下げ幅となりました。

NYダウ 21,200.62 -2,352.60 (-9.99%)
NASDAQ 7,201.80 -750.24 (-9.43%)
S&P500 2,480.64 -260.74 (-9.51%)

NYダウはほぼ10%下落して、VIX恐怖指数も75になってしまいました。

いつになったら下げ止まるのでしょうか。

NYダウ2352ドル安、過去最大の下げ幅 米入国制限警戒: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。
新型コロナ: FRBが1.5兆ドル供給 国債購入も、量的緩和に近づく: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56741870T10C20A3MM8000/

この日は2月の卸売物価指数(PPI)の発表があり、前月比0.6%低下と市場予想よりも大きな低下となりました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56740080S0A310C2EAF000/

欧州ではECB理事会の結果発表がありましたが、利下げは見送られました。

新型コロナ: ECB総裁、新型コロナ「経済に重大な影響」 緩和限界に: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが大幅に続落しました。

日経平均は米国市場の大幅安の流れを引き継いで強烈に下げて始まり、一時は17,000円を割り込む場面もありましたが、午後は急速に下げ幅を縮小して18,000円台を回復する場面もありました。

日経平均 17,431.05 -1,128.58 (-6.08%)
TOPIX 1,261.70 -66.18 (-4.98%)
JPX日経400 11,370.71 -602.62 (-5.03%)
JASDAQ平均 2,783.78 -172.10 (-5.82%)
マザーズ指数 565.31 -34.51 (-5.75%)

今日も大きく下がったり上がったりして、ジェットコースターのようでしたね。

ちなみに、騰落レシオは43.25になりました。

日経平均終値、1128円安の1万7431円: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

田辺三菱が新型コロナのワクチン開発着手で三菱ケミHDの株価大幅高

田辺三菱製薬は、3月12日に新型コロナウイルスのワクチンの開発に着手すると発表しました。

これを受け親会社の三菱ケミカルホールディングス<4188>の今日の株価は大幅高となりました。

三菱ケミHD<4188> 625.2 +21 (+3.48%)
新型コロナ: 田辺三菱製薬、新型コロナのワクチン開発に着手へ: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

ソフトバンクG 自社株買いを発表しても株価大幅安

投資会社のソフトバンクG<9984>は、1億4500万株(7%)、5000億円を上限とする自社株買いを今日発表しました。

しかし、全体の流れに抗うことはできず、いくらか下げ渋ったものの株価は大幅安となりました。

ソフトバンクG<9984> 3,764 -200 (-5.05%)
ソフトバンクG、自社株買い5000億円 株式の7%上限: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

ラクスル 今期赤字の業績予想を発表し株価ストップ安

ネット印刷のラクスル<4384>は、3月12日に2019年8月~2020年1月期の決算を発表しました。

純利益は4億4800万円の赤字となりました。

併せてこれまで開示していなかった通期の業績予想を発表。

純利益は7億7000万円~8億7000万円の赤字になりそうだとのことです。

これを受け今日のラクスルの株価はストップ安となり、昨年来安値をつけました。

ラクスル<4384> 1,808 -499 (-21.63%)
ラクスルの19年8月~20年1月期、最終損益4億4800万円の赤字: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

鎌倉新書 今期2桁減益の業績予想を発表し株価大幅安

終活の鎌倉新書<6184>は、3月12日に2020年1月期の決算を発表しました。

純利益は前期比53.7%増となりました。

併せて2021年1月期の業績予想を発表。

純利益は前期比48.3%減になりそうだとのことです。

これを受け今日の鎌倉新書の株価は一時ストップ安になるなど大幅安となり、昨年来安値をつけました。

鎌倉新書<6184> 912 -202 (-18.13%)
鎌倉新書の20年1月期、純利益53.7%増6億3800万円: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

神戸物産 純利益32%増でも株価大幅安

業務スーパーの神戸物産<3038>は、3月12日に2019年11月~2020年1月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比32%増となりました。

通期の業績予想については据え置きとのことです。

この決算は市場予想よりも良かったのですが、今日の神戸物産の株価は地合いの悪さに押されて大幅安となりました。

神戸物産<3038> 3,525 -355 (-9.15%)
神戸物産の19年11月~20年1月期、純利益32%増 PB出荷増で: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

来週に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下の指標の発表があります。

  • 3月 ミシガン大学消費者態度指数

来週の主な予定は以下のようになっています。

3月16日(月) 日本 1月 機械受注
中国 2月 小売売上高
2月 鉱工業生産
米国 3月 ニューヨーク連銀製造業景気指数
3月17日(火) 米国 2月 小売売上高
2月 鉱工業生産
3月18日(水) 日本 2月 貿易統計(通関ベース)
2月 訪日外国人客数
米国 2月 住宅着工件数
FOMC結果発表
3月19日(木) 日本 2月 全国消費者物価指数(CPI)
日銀政策決定会合結果発表
米国 3月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数
3月20日(金) 日本 休場(春分の日)
米国 2月 中古住宅販売件数
タイトルとURLをコピーしました