【今日の市況】日経平均反発、習近平主席の武漢入りで電子部品や半導体関連銘柄が大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、 新型コロナウイルスと原油安の影響により3指数とも大幅続落しました。

  • S&P500の下落率が7%に達し、サーキットブレーカーが発動して15分間取引停止
  • VIX恐怖指数も62まで上昇
  • NYダウは2,000ドルを超える過去最大の下げ幅
NYダウ 23,851.02 -2,013.76 (-7.79%)
NASDAQ 7,950.67 -624.94 (-7.29%)
S&P500 2,746.56 -225.81 (-7.60%)

日本国内の証券会社にもアクセスが集中して、サイトが一時的に利用できなくなる場面がありました。

NYダウ急落、2000ドル超安 下げ幅は過去最大
【ニューヨーク=宮本岳則】9日の米国株式市場ではダウ工業株30種平均が急落し、前週末比2013ドル安の2万3851ドル(速報値)で終えた。下げ幅は過去最大になった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡
米「恐怖指数」が62台に上昇、08年以来の高…(写真=ロイター)
【NQNニューヨーク=岩本貴子】9日午前のニューヨーク市場で米株の変動性指数(VIX)が一時、前週末より5割近く高い62.12まで上昇した。取引時間中としては金融危機時の2008年以来の高水準。同指数
SBI証、一時取引困難に 米株急落でアクセス集中:時事ドットコム
株式や為替相場が急激に変動する中、インターネット証券などで取引が困難になるケースが出ている。最大手のSBI証券は10日、9日午後10時半から約1時間、顧客が取引しづらい状況になったと明らかにした。米株式市場で株価が急落し、ウェブサイトへのアクセスが集中したことが要因とみられる。複数あるサーバーを順次再起動し、正常な状態...

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが反発しました。

日経平均は一時19,000円を割るところまで大きく下落しましたが、トランプ大統領が給与税減税を今晩議会と協議すると発言したことがじわじわ効いてきて、午後にはプラスに転じました。

ドル円も一時105円近辺まで円安になる場面がありました。

日経平均 19,867.12 +168.36 (+0.85%)
TOPIX 1,406.68 +17.71 (+1.28%)
JPX日経400 12,676.96 +152.61 (+1.22%)
JASDAQ平均 3,105.54 +9.93 (+0.32%)
マザーズ指数 665.43 +19.23 (+2.98%)
日経平均、3日ぶり反発 トランプ減税期待で買い戻し
■日経平均株価は3営業日ぶりに反発 ■一時800円超安となり1万9000円を下回る場面も ■米国の経済対策検討を受け、リスク回避姿勢が和らいだ
給与税減税などを10日に議会と協議=トランプ米大統領
* トランプ米大統領:ホワイトハウス、給与税減税について議会共和党と10日協議へ

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

習近平主席の武漢入りで電子部品や半導体関連銘柄が大幅高

中国の習近平主席が今日武漢に入ったことや、中国の新型コロナウイルス感染者数の増加が減少してきたことなどを受け、中国への依存度が高い電子部品や半導体関連の銘柄の株価が大幅高となりました。

太陽誘電<6976> 3,035 +170 (+5.93%)
ディスコ<6146> 21,540 +1,060 (+5.18%)
東京エレクトロン<8035> 22,045 +825 (+3.89%)
アドバンテスト<6857> 4,790 +175 (+3.79%)
村田製作所<6981> 5,445 +194 (+3.69%)
ソニー<6758> 6,419 +205 (+3.30%)
スクリーン<7735> 5,130 +150 (+3.01%)
習近平主席、初の武漢入り 国内の反発に配慮(写真=新華社・共同)
【北京=羽田野主】中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は10日、国内で新型コロナウイルスの感染が広がって以来、初めて湖北省武漢市に入った。最高指導部ではナンバー2の李克強(リー・クォーチャン)首相

リコー リコーリース株の一部を譲渡すると発表し株価大幅高

事務機のリコー<7752>は、保有しているリコーリース<8566>の一部の株式をみずほリース<8425>に譲渡すると、3月9日に発表しました。

これを受け今日のリコーの株価は大幅高となりました。

リコー<7752> 970 +63 (+6.95%)
リコーリース<8566> 3,045 -145 (-4.55%)
みずほリース<8425> 2,395 +24 (+1.01%)
リコー、リコーリース株20%をみずほリースに譲渡
リコーは9日、リコーリースの保有株616万株(議決権比率20.00%)をみずほリース(東京都港区)に譲渡すると発表した。リコーの議決権比率は33.70%に低下し、リコーリースは連結子会社から持ち分法適用会社に変更となる。筆頭株主の立場は変わらず、譲渡は4月下旬を予定している。譲渡価額は367億円。

幸楽苑 今期は赤字に転落しそうだと発表し株価大幅安

ラーメン屋さんの幸楽苑ホールディングス<7554>は、今期の最終損益が4億円の赤字に転落しそうだと、3月9日に発表しました。

これを受け今日の幸楽苑の株価は大幅安となり、昨年来安値をつけました。

幸楽苑<7554> 1,335 -56 (-4.03%)
幸楽苑HDが4億円の最終赤字、20年3月期 期末配見送り
ラーメンチェーンの幸楽苑ホールディングスは9日、2020年3月期の連結最終損益が4億円の赤字(前期は10億円の黒字)に転落する見通しだと発表した。従来予想は11億円の黒字だった。業績悪化を受け、今期

明日に向けての注目点

国外については、特に大きな予定はありません。

国内については、今日の取引時間終了後に2月の工作機械受注の発表があり、前年同月比30.1%減となりました。

2月の工作機械受注額、前年比30.1%減 17カ月連続減、7年ぶり低水準
日本工作機械工業会が10日発表した2月の工作機械受注総額(速報)は前年同月比30.1%減の767億1400万円と、17カ月連続で前年実績を下回った。2013年1月(716億円)以来、7年1カ月ぶりの
タイトルとURLをコピーしました