【今日の市況】日経平均反発、富士通 ローカル5Gの無線局予備免許を付与され株価上昇など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、まちまちの動きとなりました。

前日にアップル<AAPL>が新型肺炎の影響で1~3月期の売上高予想には届かないと発表したことを受け、半導体関連を中心に株が売られました。

それでもNASDAQだけは終値ベースで過去最高値を更新しました。

NYダウ 29,232.19 -165.89 (-0.56%)
NASDAQ 9,732.74 +1.56 (+0.02%)
S&P500 3,370.29 -9.87 (-0.29%)
アップル<AAPL> 319.00 -5.95 (-1.83%)
NYダウ続落し165ドル安 中国関連に売り: 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=川内資子】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落した。連休前の14日に比べ165ドル89セント(0.6%)安の2万9232ドル19セントで終えた。

この日発表された、2月のニューヨーク連銀製造業景気指数は12.9となり、市場予想を上回りました。

NY連銀製造業指数、9カ月ぶり高水準: 日本経済新聞
【ニューヨーク=後藤達也】ニューヨーク連邦準備銀行が発表した2月の製造業景況感指数は12.9となり、1月より8.1ポイント改善した。2019年5月以来、約9カ月ぶりの高水準で、市場予想(4程度)も上回った。上昇幅は7カ月ぶりの大きさだった。

小売りのウォルマート<WMT>は、取引時間開始前に2019年11~2020年1月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比12%増となりました。

ウォルマート<WMT> 119.63 +1.74 (+1.48%)
ウォルマート3%増収予想 21年1月期、新型肺炎見通せず: 日本経済新聞
【ニューヨーク=高橋そら】米小売り最大手ウォルマートが18日発表した2019年11月~20年1月期決算は、純利益が前年同期比12%増の41億4100万ドル(約4600億円)だった。

欧州の出来事

ドイツでは2月のZEW景況感調査の結果発表がありました。

新型肺炎の影響を懸念して前月の26.7から大きく低下して8.7となり、市場予想を下回りました。

独ZEW景気指数、2月は急落 新型肺炎で製造業圧迫
ドイツ欧州経済センター(ZEW)が18日に発表した2月の独ZEW景気期待指数は8.7と、前月の26.7から大きく低下した。中国を発生源とする新型コロナウイルスの感染拡大で世界貿易が阻害され、ドイツの製造業が一段と悪化するとの懸念を背景に、エコノミスト予想の21.5を大幅に下回った。

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが反発しました。

日経平均は米国市場でのアップルの株価下落が限定的だったことを受け反発。

電子部品関連や半導体関連を中心に買い戻しが進みました。

今日はドル円も110円台に乗ってきましたね。

日経平均 23,400.70 +206.90 (+0.89%)
TOPIX 1,671.86 +6.15 (+0.37%)
JPX日経400 15,015.94 +61.68 (+0.41%)
JASDAQ平均 3,719.69 +24.44 (+0.66%)
マザーズ指数 830.15 +21.53 (+2.66%)
日経平均、5日ぶり反発 終値206円高の2万3400円: 日本経済新聞
19日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶりに反発し、前日比206円90銭(0.89%)高の2万3400円70銭で終えた。

取引時間開始前に発表された12月の機械受注は前月比12.5%減となり、市場予想を下回りました。

11月が高かったのは、鉄道車両の大きい案件があったからです。

19年12月の機械受注、前月比12.5%減 市場予想は8.8%減: 日本経済新聞
内閣府が19日発表した2019年12月の機械受注統計によると、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比12.5%減の8248億円だった。QUICKがまとめた民間予測の中央値は8.8%減だった。

また、1月の貿易統計(通関ベース)の発表もあり、3カ月連続の赤字となりました。

1月の貿易収支、1兆3126億円の赤字 3カ月連続赤字: 日本経済新聞
財務省が19日発表した1月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1兆3126億円の赤字だった。赤字は3カ月連続。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

富士通 ローカル5Gの無線局予備免許を付与され株価上昇

ITサービスの富士通<6702>は、2月18日に全国で初めてローカル5Gの無線局予備免許を付与されました。

これを受け今日の富士通の株価は上昇しました。

富士通<6702> 12,680 +330 (+2.67%)
富士通、全国初のローカル5G無線局の予備免許を取得
総務省の関東総合通信局は、全国では初めて富士通にローカル5Gの無線局予備免許を付与した。

ローソン レジ無し店舗の実証実験を開始すると発表し株価上昇

コンビニのローソン<2651>は、レジ無しで自動決済する実証実験の店舗をオープンすると、2月18日に発表ししました。

これを受け今日のローソンの株価は上昇しました。

ローソン<2651> 6,280 +80 (+1.29%)

そのうちこういうコンビニが増えていくのでしょうが、スマホの誤動作とかで店舗に閉じ込められるんじゃないかと不安になります。

ローソン、レジなし実験店舗を川崎市内に期間限定オープン 商品持ち出すと自動決済
ローソンが、店から商品を持ち出すだけで自動決済できる実験店舗を、川崎市内に期間限定でオープンする。店内にはレジを置かず、フード・デザート・飲料など約250種類の商品を販売する。営業期間は2月26日〜5月25日の午前9時〜午後5時。

SUMCO 自社株買いを発表し株価大幅高

シリコンウエハのSUMCO<3436>は、218万株、33億円を上限とする自社株買いをすると、2月18日に発表しました。

これを受け今日のSUMCOの株価は大幅高となりました。

SUMCO<3436> 1,868 +74 (+4.12%)
SUMCOが3日ぶり反発、自己株買い発表受け見直す - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
 半導体用シリコンウエハ大手SUMCO(3436)が買い先行で3営業日ぶりに反発。午前9時32分時点で前日比31円(1.7%)高の1825円で取引されている。 18日の通常取引終了後に発行済株式総数の

清水銀行 SBIとの資本業務提携で株価上昇

SBIホールディングス<8473>は、清水銀行<8364>と資本業務提携をすると発表しました。

地銀連合構想の一環で、島根銀行<7150>、福島銀行<8562>、筑邦銀行<8398>に続く4つ目となります。

これを受け今日の清水銀行の株価は上昇しました。

清水銀行<8364> 1,989 +22 (+1.12%)
SBI<8473> 2,451 +22 (+0.91%)

4つ目ともなると上げ幅が小さく、盛り上がりに欠けますね。

SBI、清水銀と資本業務提携 4行目で初の相互出資
SBIホールディングスは18日、清水銀行(静岡市)と資本・業務提携すると発表した。同行もSBIに出資する。SBIが進める地銀連合構想では初めての相互出資となる。  SBIが出資をするのは4行目。清水銀

トレンドマイクロ 今期純利益2.3%減予想で株価下落

セキュリティソフトのトレンドマイクロ<4704>は、2月18日に2019年12月期の決算を発表しました。

純利益は前期比1.3%減となりました。

併せて2020年12月期の業績予想を発表。

純利益は前期比2.3%減になりそうだとのことです。

これを受け今日のトレンドマイクロの株価は下落しました。

トレンドマイクロ<4704> 5,850 -30 (-0.51%)
トレンドマイクロの19年12月期、純利益1.3%減279億円
トレンドマイクロが18日に発表した2019年12月期の連結決算は、純利益が前期比1.3%減の279億円となった。売上高は前期比3%増の1651億円、経常利益は前期比5.2%増の391億円、営業利益は

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国では以下の指標の発表があります。

  • 1月 卸売物価指数(PPI)
  • 1月 住宅着工件数

国内については、明日以下の指標の発表があります。

  • 2月 月例経済報告

また、今日の取引時間終了後に1月の訪日外国人客数の発表がありました。

前年同月比1.1%減だったとのことです。

新型肺炎の影響は来月発表の数字に出てくるようです。

1月の訪日外国人1.1%減、4カ月連続前年割れ 韓国訪日客減で
日本政府観光局(JNTO)が19日発表した1月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比1.1%減の266万1000人だった。前年を下回るのは4カ月連続。日韓関係の悪化を受け、韓国からの訪日客数が59

タイトルとURLをコピーしました