【今日の市況】日経平均反落、ヤマハモーターロボ ヤマハ発動機からTOBされて株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は3指数とも上昇し、過去最高値を更新しました。

昨晩の段階では新型肺炎の患者数の増加スピードが下がってきたとの見方から株が買われました。

NYダウ 29,551.42 +275.08 (+0.94%)
NASDAQ 9,725.96 +87.02 (+0.90%)
S&P500 3,379.45 +21.70 (+0.65%)
NYダウ反発し275ドル高 新型肺炎の懸念後退で最高値: 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=岩本貴子】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。前日比275ドル08セント(0.9%)高の2万9551ドル42セントで終え、過去最高値を更新した。

取引時間終了後にはシスコ・システムズ<CSCO>の決算発表がありました。

売上高は市場予想を上回りましたが、時間外の株価は大幅安となっています。

米シスコの11─1月期、収益が予想上回る セキュリティー部門好調
米ネットワーク機器大手シスコシステムズが12日発表した第2・四半期(1月25日終了)決算は、収益がアナリスト予想をわずかに上回った。ルーターやスイッチなどのネットワーク機器を提供する部門が低調だったが、セキュリティー部門が好調だった。

今日の日本市場

今日の日本市場は、マザーズ指数だけがプラスで、その他の指数はマイナスとなりました。

今日は取引時間開始直前に、中国での新型肺炎感染者数が急増したとの報道があり、軟調な展開となりました。

お昼にはクルーズ船でも新たに44人の感染が確認されたとの報道がありました。

日経平均 23,827.73 -33.48 (-0.14%)
TOPIX 1,713.08 -5.84 (-0.34%)
JPX日経400 15,364.72 -42.32 (-0.27%)
JASDAQ平均 3,806.70 -8.62 (-0.23%)
マザーズ指数 857.03 +4.54 (+0.53%)
日経平均反落、終値33円安の2万3827円: 日本経済新聞
13日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反落し、前日比33円48銭(0.14%)安の2万3827円73銭で終えた。中国で新型肺炎の感染者数が急増したと伝わり、海外投資家による株価指数先物への売りが出た。
新型コロナ:新型肺炎感染者の公表対象に臨床診断追加 中国湖北省: 日本経済新聞
【広州=比奈田悠佑】中国湖北省は13日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染者の公表対象を従来より簡易な臨床診断まで含めると発表した。
新型コロナ:クルーズ船から高齢者ら下船へ 新たに44人感染: 日本経済新聞
加藤勝信厚生労働相は13日、横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客のうち、重症化リスクが高い高齢者らを優先的に下船させる方針を明らかにした。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

ヤマハモーターロボ ヤマハ発動機からTOBされて株価ストップ高

二輪車のヤマハ発動機<7272>は、2月12日に2019年12月期の決算を発表しました。

純利益は前期比18.9%減となりました。

併せて2020年12月期の業績予想を発表。

純利益は前期比5.6%増になりそうだとのことです。

また、ヤマハモーターロボティクスホールディングス<6274>の株式を1株750円でTOBすると発表。

完全子会社化を目指すとのことです。

これを受けのヤマハ発動機の今日の株価は大幅安。

ヤマハモーターロボの株価は終日ストップ高買い気配のままとなりました。

ヤマハ発動機<7272> 1,952 -100 (-4.87%)
ヤマハモーターロボ<6274> 619 +100 (+19.27%)
ヤマハ発動機の19年12月期、純利益18.9%減757億円: 日本経済新聞
ヤマハ発動機が12日に発表した2019年12月期の連結決算は、純利益が前期比18.9%減の757億円となった。売上高は前期比0.5%減の1兆6647億円、経常利益は前期比13.4%減の1194億円、営業利益は前期比18.1%減の1153億円だった。
ヤマハ発、YMRH株をTOB 1株750円で: 日本経済新聞
ヤマハ発動機(7272)は12日、連結子会社であるヤマハモーターロボティクスホールディングス(6274)に対してTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。期間は2月13日から4月10日までで、1株750円で買い付ける。

ソフトバンクG 純利益69%減で株価大幅安

投資ファンド運営のソフトバンクG<9984>は、2月12日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比69%減となりました。

通期の業績予想は開示していません。

ちなみに2019年10~12月期の1四半期に限ってみると、純利益は前年同期比92%減でした。

これを受け今日のソフトバンクGの株価は大幅安となりました。

ソフトバンクG<9984> 5,458 -293 (-5.09%)

今日はこの銘柄だけで日経平均を63円押し下げました。

ソフトバンクグループの19年4~12月期、純利益69%減4765億円: 日本経済新聞
ソフトバンクグループが12日に発表した2019年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比69%減の4765億円となった。
ソフトバンクGの純利益、92%減の550億円 10~12月期: 日本経済新聞
ソフトバンクグループ(SBG)が15時に発表した2019年10~12月期連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比92%減の550億円だった。主力のファンド事業の営業損益が赤字となったことが響いた。

JFE 業績予想を下方修正して株価大幅安

製鉄のジェイ エフ イー ホールディングス<5411>は、2月12日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比82.8%減となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比79.8%減としていましたが、今回92.0%減へと改めました。

これを受け今日のJFEの株価は大幅安となりました。

JFE<5411> 1,273 -57 (-4.29%)
JFE HDの19年4~12月期、純利益82.8%減269億円: 日本経済新聞
JFEホールディングスが12日に発表した2019年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比82.8%減の269億円となった。売上収益は前年同期比3.4%減の2兆7915億円だった。

ルネサス 59億円の赤字でも株価大幅高

車載用マイコンのルネサスエレクトロニクス<6723>は、2月12日に2019年12月期の決算を発表しました。

純利益は59億円の赤字となりました。

併せて2020年1~3月期の業績予想を発表。

売上高は前年同期比16~22%増になりそうだとのことです。

これを受け今日のルネサスの株価は大幅高となりました。

ルネサス<6723> 792 +60 (+8.20%)
ルネサス最終赤字59億円 19年12月期、車載用低迷: 日本経済新聞
ルネサスエレクトロニクスが12日発表した2019年12月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が59億円の赤字になった。前の期は509億円の黒字だ。主力とする自動車用半導体の販売が伸び悩み、産業機器用も苦戦した。

ダイキン工業 純利益1.2%減で株価大幅安

エアコンのダイキン工業<6367>は、2月12日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比1.2%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のダイキン工業の株価は大幅安となりました。

ダイキン工業<6367> 15,540 -530 (-3.30%)
ダイキン工業の19年4~12月期、純利益1.2%減1480億円: 日本経済新聞
ダイキン工業が12日に発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比1.2%減の1480億円となった。

東海カーボン 今期の業績予想が良くない割には株価下がらず

炭素製品の東海カーボン<5301>は、2月12日に2019年12月期の決算を発表しました。

純利益は前期比56.4%減となりました。

併せて2020年12月期の業績予想を発表。

純利益は前期比48.1%減になりそうだとのことです。

今日の東海カーボンの株価は、今期の業績予想が良くない割には軽微な下落となりました。

東海カーボン<5301> 1,001 -3 (-0.30%)
東海カーボンの19年12月期、純利益56.4%減319億円: 日本経済新聞
東海カーボンが12日に発表した2019年12月期の連結決算は、純利益が前期比56.4%減の319億円となった。売上高は前期比13.3%増の2620億円、経常利益は前期比27.4%減の529億円、営業利益は前期比25.6%減の543億円だった。

三菱マテリアル 業績予想を下方修正しても株価上昇

銅、セメントなどの三菱マテリアル<5711>は、2月12日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比21.6%減となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では100億円の黒字としていましたが、今回570億円の赤字へと改めました。

今日の三菱マテリアルの株価は、業績予想を下方修正したにも関わらず上昇しました。

三菱マテリアル<5711> 2,880 +17 (+0.59%)
三菱マテリアルの19年4~12月期、純利益21.6%減100億円: 日本経済新聞
三菱マテリアルが12日に発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比21.6%減の100億円となった。

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

日産自動車

日産自動車<7201>は、2月13日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比87.6%減となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比65.5%減としていましたが、今回79.6%減へと改めました。

ちなみに、2019年10~12月期に限った場合の純利益は260億円の赤字でした。

日産自動車の19年4~12月期、純利益87.6%減392億円: 日本経済新聞
日産自動車が13日に発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比87.6%減の392億円となった。
日産、11年ぶり最終赤字 10~12月期: 日本経済新聞
日産自動車が13日発表した2019年10~12月期連結決算は、最終損益が260億円の赤字(前年同期は704億円の黒字)だった。同期間としてはリーマン・ショック時の08年10~12月期(831億円の赤字)以来、11年ぶりの赤字となる。

SUMCO

シリコンウエハのSUMCO<3436>は、2019年12月期の決算を発表しました。

純利益は前期比43%減となりました。

併せて2020年1~3月期の業績予想を発表。

純利益は前年同期比58%減になりそうだとのことです。

SUMCOの前期、純利益43%減 メモリー向けウエハーの不振で: 日本経済新聞
SUMCO(3436)が13日発表した2019年12月期(前期)の連結決算は、純利益が前の期比43%減の331億円だった。半導体の基板素材となるシリコンウエハーはメモリー向けが振るわず、在庫調整の影響も受け利益を下押しした。

楽天

ネット通販の楽天<4755>は、2月13日に2019年12月期の決算を発表しました。

純利益は318億円の赤字となりました。

2020年12月期の業績予想については、証券を除いた連結売上収益で二桁の成長を目指すとしています。

楽天、8年ぶり最終赤字318億円 19年12月期: 日本経済新聞
楽天が13日に発表した2019年12月期の連結決算(国際会計基準)は最終損益が318億円の赤字(前の期は1422億円の黒字)となり、8年ぶりの最終赤字に転落した。

昭和電工

黒鉛電極などの昭和電工<4004>は、2月13日に2019年12月期の決算を発表しました。

純利益は前期比34%減となりました。

併せて2020年12月期の業績予想を発表。

純利益は前期比79%減になりそうだとのことです。

昭電工の今期、純利益79%減 新型肺炎などリスクの高まりで: 日本経済新聞
昭和電工(4004)は13日、2020年12月期(今期)連結純利益が前期比79%減の150億円となる見通しだと発表した。米中貿易摩擦や新型肺炎が世界景気に大きな影響を与えるリスクが高まっていることを反映した。

日揮HD

総合エンジニアリングの日揮ホールディングス<1963>は、2月13日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比51.9%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

日揮HDの19年4~12月期、純利益51.9%減47億円: 日本経済新聞
日揮ホールディングスが13日に発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比51.9%減の47億円となった。

サッポロHD

ビールなどのサッポロホールディングス<2501>は、2019年12月期の決算を発表しました。

純利益は前期比49%減となりました。

併せて2020年12月期の業績予想を発表。

純利益は前期比15%増になりそうだとのことです。

また、早期退職制度や中期計画も発表しました。

サッポロHDの前期純利益49%減 早期退職制度や中計も発表: 日本経済新聞
サッポロホールディングス(2501)が13日発表した2019年12月期(前期)の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の期比49%減の43億円だった。

アサヒGHD

ビールなどのアサヒグループホールディングス<2502>は、2019年12月期の決算を発表しました。

純利益は前期比6%減となりました。

併せて2020年12月期の業績予想を発表。

純利益は前期比1%増になりそうだとのことです。

アサヒの今期、純利益1%増 主力ブランドを強化: 日本経済新聞
アサヒグループホールディングスは13日、2020年12月期(今期)の連結純利益(国際会計基準)が前期比1%増の1430億円になりそうだと発表した。

サントリーBF

飲料などのサントリー食品インターナショナル<2587>は、2019年12月期の決算を発表しました。

純利益は前期比13.9%減となりました。

併せて2020年12月期の業績予想を発表。

純利益は前期比1.6%増になりそうだとのことです。

サントリー食品インターナショナルの19年12月期、純利益13.9%減688億円: 日本経済新聞
サントリー食品インターナショナルが13日に発表した2019年12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前期比13.9%減の688億円となった。売上収益は前期比0.4%増の1兆2993億円、営業利益は前期比0.3%増の1139億円だった。

日本マクドナルド

ハンバーガーの日本マクドナルドホールディングス<2702>は、2019年12月期の決算を発表しました。

純利益は前期比23%減となりました。

併せて2020年12月期の業績予想を発表。

純利益は前期比8%増になりそうだとのことです。

マクドナルドの今期、純利益8%増 デリバリーなど伸ばす: 日本経済新聞
日本マクドナルドホールディングス(ジャスダック、2702)は13日、2020年12月期(今期)の連結純利益が前期比8%増の182億円になりそうだと発表した。

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国では以下の指標の発表があります。

  • 1月 消費者物価指数(CPI)

また、米国で以下のような決算発表があります。

  • エヌビディア<NVDA>

国内については、明日の取引時間中に以下のような決算発表があります。

  • 東芝<6502>
  • DIC<4631>
  • 大塚HD<4578>
  • 東映<9605>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • キリンHD<2503>
  • 出光興産<5019>
  • リクルートHD<6098>
  • 日本郵政<6178>
  • クボタ<6326>
  • かんぽ生命保険<7181>
  • ゆうちょ銀行<7182>
  • アシックス<7936>
  • SOMPOHD<8630>
  • MS&AD<8725>
  • 第一生命HD<8750>
  • 東京海上HD<8766>
  • T&DHD<8795>
タイトルとURLをコピーしました