【今日の市況】日経平均続伸、ニチレイ 純利益4.4%増で株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は3指数とも大幅に続伸しました。

新型肺炎による経済への影響を軽減するための中国政府の経済対策が好感され、株が買われました。

NASDAQは終値ベースで過去最高値を更新しました。

NYダウ 28,807.63 +407.82 (+1.44%)
NASDAQ 9,467.97 +194.57 (+2.10%)
S&P500 3,297.59 +48.67 (+1.50%)

前日の決算発表で売上高の伸びが鈍ってきたアルファベットの株価は下落しました。

アルファベット<GOOG> 1,447.07 -38.87 (-2.62%)
アルファベット<GOOGL> 1,445.41 -37.19 (-2.51%)
NYダウ続伸、407ドル高 中国の景気支援策を期待
【NQNニューヨーク=張間正義】4日の米株式相場は続伸した。ダウ工業株30種平均は前日比407ドル82セント高の2万8807ドル63セントで終えた。上げ幅は一時500ドルを超えた。中国政府による積極的

取引時間終了後の決算発表

ウォルト・ディズニー<DIS>は、2019年10~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比24%減となりました。

ディズニー動画配信、会員2650万人に 開始2カ月で
【シリコンバレー=佐藤浩実】米ウォルト・ディズニーは4日、2019年11月に北米とオランダで始めた動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」の会員数が12月末時点で2650万人だったと発表した。先行

自動車のフォード・モーター<F>の、2019年10~12月期の決算は、16億7200万ドルの赤字となりました。

時間外の株価は大幅安となっています。

米フォード1800億円赤字 10~12月期、…(写真=ロイター)
【ニューヨーク=中山修志】米フォード・モーターが4日発表した2019年10~12月期決算は、最終損益が16億7200万ドル(約1800億円)の赤字(前年同期は1億1200万ドルの赤字)だった。主力の

今日の日本市場

今日の日本市場は主要な指数すべてが続伸しました。

日経平均は米国市場の流れを引き継いで高く始まり、23,300円前後の水準で行き来しました。

日経平均 23,319.56 +234.97 (+1.02%)
TOPIX 1,701.83 +17.59 (+1.04%)
JPX日経400 15,247.07 +157.06 (+1.04%)
JASDAQ平均 3,808.39 +22.41 (+0.59%)
マザーズ指数 844.97 +8.05 (+0.96%)
日経平均続伸、終値234円高の2万3319円
5日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比234円97銭(1.02%)高の2万3319円56銭で終えた。中国政府による経済対策への期待で買われた。前日の米株式相場が急伸し、短期筋が先物を買い戻

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

ニチレイ 純利益4.4%増で株価大幅高

冷凍食品のニチレイ<2871>は、2月4日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比4.4%増となりました。

通期の業績予想は売上高のみわずかに下方修正しました。

今日のニチレイの株価は営業利益が市場予想を上回ったことが好感され、大幅高となりました。

ニチレイ<2871> 2,871 +182 (+6.87%)
ニチレイの19年4~12月期、純利益4.4%増170億円
ニチレイが4日に発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比4.4%増の170億円となった。売上高は前年同期比0.4%増の4475億円、経常利益は前年同期比8.8%増の264億円、

NTTデータ 純利益3%減で株価大幅安

ソフトウェア開発のNTTデータ<9613>は、2月4日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比3%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

今日のNTTデータの株価は久しぶりの減益が嫌気され大幅安となりました。

NTTデータ<9613> 1,462 -110 (-7.00%)
NTTデータ、純利益9%減 4~12月 不採算案件が重荷
NTTデータが4日発表した2019年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比3%減の578億円だった。会計基準の変更で単純には比較できないが、同期間としては6年ぶりの減益だった。

ユーグレナ 国内でバイオジェット燃料が使用可能となり株価大幅高

ミドリムシのユーグレナ<2931>のバイオジェット燃料が、2月4日の国土交通省の通達により国内で使用できるようになったとのことです。

これを受け今日のユーグレナの株価は大幅高となりました。

ユーグレナ<2931> 1,012 +111 (+12.32%)
[更新]日本初「国産バイオジェット燃料」有償フライトへさらに大きな前進。国交省が通達改正
ユーグレナが2020年の民間機フライト実現を目指して開発中のバイオジェット燃料が、日本国内で使用できることになった。2014年12月の東証一部上場...

カプコン 業績予想を上方修正して株価大幅高

ゲームのカプコン<9697>は、2月4日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比42.3%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比11.5%増としていましたが、今回23.5%増へと改めました。

これを受け今日のカプコンの株価は大幅高となり、昨年来高値をつけました。

カプコン<9697> 3,355 +165 (+5.17%)
カプコンの19年4~12月期、純利益42.3%増130億円
カプコンが4日に発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比42.3%増の130億円となった。売上高は前年同期比13.6%減の529億円、経常利益は前年同期比38.1%増の187億

ソニー 業績予想を上方修正しても株価下落

スマホのカメラやゲームのソニー<6758>は、2月4日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比31%減となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比41%減としていましたが、今回36%減へと改めました。

この決算では物足りなかったのか、今日のソニーの株価は下落しました。

ソニー<6758> 7,659 -41 (-0.53%)
ソニー営業益2%減に上方修正 20年3月期
ソニーは4日、2020年3月期の連結営業利益(米国会計基準)が前期比2%減の8800億円になりそうだと発表した。従来予想は6%減の8400億円だった。スマートフォンなどに使われる画像センサーの半導体

ワークマン 業績予想を上方修正して株価上昇

作業服のワークマン<7564>は、2月4日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比47.4%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比11%増としていましたが、今回37%増へと改めました。

これを受け今日のワークマンの株価は上昇しました。

ワークマン<7564> 8,780 +60 (+0.69%)
ワークマンの20年3月期、税引き益37%増に上方修正 新型店の拡大寄与
作業服販売のワークマン(ジャスダック)は4日、2020年3月期の単独税引き利益が前期比37%増の134億円になりそうだと発表した。従来予想を25億円上回る。新型店「ワークマンプラス」の展開強化で顧客

武田薬品工業 業績予想を上方修正して株価上昇

医薬品の武田薬品工業<4502>は、2月4日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比74.1%減となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では2730億円の赤字としていましたが、今回1620億円の赤字へと改めました。

営業利益は1100億円の赤字としていましたが、100億円の黒字へと改めました。

武田薬品工業<4502> 4,328 +100 (+2.37%)
武田薬品工業の19年4~12月期、純利益74.1%減425億円
武田薬品工業が4日に発表した2019年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比74.1%減の425億円となった。売上収益は前年同期比82.6%増の2兆5194億円、営業利益は前年

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

マツダ

自動車のマツダ<7261>は、2月5日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比8%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

マツダの4~12月期、純利益8%減 国内外で販売低迷
マツダが5日発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比8%減の323億円だった。欧州通貨など外国為替の変動の影響が利益を下押しした。国内のほか北米や中国、東南アジアなどで自動車の

AGC

ガラスのAGC<5201>は、2月5日に2019年12月期の決算を発表しました。

純利益は前期比50%減となりました。

併せて2020年12月期の業績予想を発表。

純利益は前期比55%増になりそうだとのことです。

AGC、20年12月期は55%増益を予想 電子・化学品部門など好調
AGCは5日、2020年12月期(今期)の連結純利益(国際会計基準)が前期比55%増の690億円になりそうだと発表した。液晶用ガラス基板などの電子部門や、クロール・アルカリなどの化学品部門の収益が伸

パンパシフィック

ディスカウントストアのドン・キホーテでおなじみのパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス<7532>は、2月5日に2019年7~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比22.3%増となりました。

併せて通期の業績予想の上方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比6.7%減としていましたが、今回2.3%減へと改めました。

パン・パシフィック・インターナショナルHDの19年7~12月期、純利益22.3%増288億円
パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが5日に発表した2019年7~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比22.3%増の288億円となった。売上高は前年同期比67.3%増の8587

スクエニHD

ゲームのスクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、2月5日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.1倍となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

スクウェア・エニックス・HDの19年4~12月期、純利益2.1倍191億円
スクウェア・エニックス・ホールディングスが5日に発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.1倍の191億円となった。売上高は前年同期比4.4%増の1897億円、経常利益は前年

DeNA

ゲームのディー・エヌ・エー<2432>は、2月5日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は501億円の赤字となりました。

通期の業績予想は開示していません。

ディーエヌエ、493億円の減損損失計上 20年3月期は大幅赤字へ
ディー・エヌ・エー(2432)は5日、2019年4~12月期に総額493億円の減損損失を計上したと発表した。内訳はゲーム事業にかかわるのれんの減損401億円と、ソフトウェアの減損81億円など。繰り延

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下の指標の発表があります。

  • 1月 ADP雇用統計
  • 12月 貿易収支
  • 1月 ISM非製造業景況指数

以下のような決算発表もあります。

  • メルク<MRK>
  • ゼネラル・モーターズ<GM>
  • ゴープロ<GPRO>
  • クアルコム<QCOM>

国内については、明日の取引時間中に以下のような決算発表があります。

  • 川崎重工<7012>
  • トヨタ自動車<7203>
  • 三菱ケミHD<4188>
  • 三菱重工<7011>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • 明治HD<2269>
  • JT<2914>
  • スシロー<3563>
  • メルカリ<4385>
  • テルモ<4543>
  • 富士フイルム<4901>
  • 資生堂<4911>
  • 洋缶HD<5901>
  • IHI<7013>
  • ニコン<7731>
  • オリンパス<7733>
  • バンナムHD<7832>
  • ヤマハ<7951>
  • 丸井G<8252>
  • NTT<9432>
  • セコム<9735>

明日はいよいよトヨタ自動車の決算発表です。

どんな結果になるか楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました