【今日の市況】日経平均続落、コーエーテクモHD 純利益15%増で株価上昇など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は3指数とも続落しました。

NYダウは新型肺炎拡大を懸念した世界的な株安の流れを引き継いで大きく下落しました。

NYダウ 28,535.80 -453.93 (-1.57%)
NASDAQ 9,139.31 -175.60 (-1.89%)
S&P500 3,243.63 -51.84 (-1.57%)
NYダウ、5日続落し453ドル安 新型肺炎の拡大嫌気: 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=横内理恵】27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に5日続落した。前週末比453ドル93セント(1.6%)安の2万8535ドル80セントで終えた。下げ幅は昨年10月2日以来の大きさ。中国の新型肺炎の感染拡大が嫌気された。

この日は12月の新築住宅販売件数の発表がありました。

前月比0.4%減となり、市場予想を下回りました。

12月の米新築住宅販売、前月比0.4%減: 日本経済新聞
【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が27日発表した2019年12月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は69万4000戸で、前月比0.4%減少した。

今日の日本市場

今日の日本市場は主要な指数すべてが続落しました。

日経平均はNY市場の流れを引き継いで安く始まり、一時下げ幅が200円を超える場面もありましたが、引けにかけて下げ幅を縮小していきました。

日経平均 23,215.71 -127.80 (-0.55%)
TOPIX 1,692.28 -10.29 (-0.60%)
JPX日経400 15,151.93 -98.49 (-0.65%)
JASDAQ平均 3,872.78 -4.67 (-0.12%)
マザーズ指数 850.42 -1.03 (-0.12%)
日経平均続落、終値127円安 新型肺炎拡大の警戒続く: 日本経済新聞
28日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比127円80銭(0.55%)安の2万3215円71銭で終えた。新型肺炎の拡大を受けて前日の米ダウ工業株30種平均が急落し、投資家のリスク選好姿勢が後退した。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

コーエーテクモHD 純利益15%増で株価上昇

ゲームのコーエーテクモホールディングス<3635>は、1月27日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比15%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のコーエーテクモHDの株価は上昇しました。

コーエーテクモHD<3635> 2,825 +45 (+1.62%)
コーテクHD、純利益15%増 19年4~12月、不動産売却益など寄与: 日本経済新聞
コーエーテクモホールディングスが27日発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比15%増の97億円となった。開発人員の増加で人件費が膨らんだが、有価証券や不動産の売却益の計上で同期間として過去最高だった。

日東電工 純利益29.7%減で株価下落

テープなどの日東電工<6988>は、1月27日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比29.7%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

併せて9百万株、500億円を上限とする自社株買いも発表しました。

今日の日東電工の株価は、この決算を自社株買いでは相殺できず下落しました。

日東電工<6988> 6,020 -100 (-1.63%)
日東電工の19年4~12月期、純利益29.7%減426億円
日東電工が27日に発表した2019年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比29.7%減の426億円となった。売上収益は前年同期比9.4%減の5707億円、営業利益は前年同期比2

JSR 純利益32%減でも株価上昇

合成ゴムのJSR<4185>は、1月27日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比32%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日のJSRの株価は、朝方3%以上下げましたが午前のうちにプラスに転じました。

JSR<4185> 2,015 +12 (+0.60%)
JSR、純利益32%減 19年4~12月、合成ゴムの採算悪化: 日本経済新聞
JSRが27日発表した2019年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比32%減の189億円だった。主力の合成ゴム事業は、原料価格の下落をうけた販売価格の落ち込みで採算が悪化した。

弁護士ドットコム 純利益34.4%減で株価ストップ安

弁護士向けネットサービスの弁護士ドットコム<6027>は、1月27日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比34.4%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

これを受け今日の弁護士ドットコムの株価はストップ安となりました。

弁護士ドットコム<6027> 4,450 -1,000 (-18.35%)
弁護士ドットコムの19年4~12月期、税引き利益34.4%減1億4100万円: 日本経済新聞
弁護士ドットコムが27日に発表した2019年4~12月期の決算は、税引き利益が前年同期比34.4%減の1億4100万円となった。

東洋シヤッター 純利益1.3%減で株価大幅安

東洋シヤッター<5936>は1月27日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比1.3%減となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

今日の東洋シヤッターの株価は増収減益だったことが嫌気され大幅安となりました。

東洋シヤッター<5936> 691 -90 (-11.52%)
東洋シヤッターの19年4~12月期、純利益1.3%減5億1700万円: 日本経済新聞
東洋シヤッターが27日に発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比1.3%減の5億1700万円となった。

小野測器 業績予想を上方修正して株価大幅高

デジタル計測器の小野測器<6858>は、1月27日に2019年12月期の業績予想の上方修正を発表しました。

純利益は従来予想では1億6千万円としていましたが、今回3億円に改めしました。

これを受け今日の小野測器の株価は一時ストップ高になるなど大幅高となりました。

小野測器<6858> 654 +97 (+17.41%)
小野測器がストップ高交え急伸 前期増額をハヤす - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
 小野測器(6858)が急騰。12時50分時点では前日比80円(14.3%)高の637円。一時は値幅制限の上限である657円まで駆け上がる場面もあった。前日に集計中の前2019年12月期業績予想の上方

ブシロード 劇団飛行船とその親会社を買収し株価上昇

IPコンテンツやプロレスのブシロード<7803>は、劇団飛行船の親会社ソプラティコの株式を追加で取得し、完全子会社化すると1月27日に発表しました。

これまでも劇団飛行船との資本業務提携をしていましたが、完全子会社化することでよりシナジーを加速させたいのだそうです。

これを受け今日のブシロードの株価は上昇しました。

ブシロード<7803> 3,180 +30 (+0.95%)
ブシロード、劇団飛行船とその親会社を買収 IPディベロッパー戦略における"舞台"の重要性向上、シナジー加速を目指す | Social Game Info
ブシロード<7803>は、この日(1月27日)、劇団飛行船の親会社であるソプラティコの171株を追加で取得し、完全子会社化すると発表した。劇団飛行船と資本業務提携を行う旨の発表と行ったが、...

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

信越化学工業

シリコンウエハの信越化学工業<4063>は、 1月28日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

信越化、4~12月期純利益2%増 過去最高 半導体シリコン堅調
信越化学工業が28日発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比2%増の2468億円と同期間として過去最高だった。塩ビ・化成品や光ファイバー用など電子・機能材料が苦戦したものの、半

エムスリー

医療関係者向け情報サイトのエムスリー<2413>は、1月28日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比13.8%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

エムスリーの19年4~12月期、純利益13.8%増165億円: 日本経済新聞
エムスリーが28日に発表した2019年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比13.8%増の165億円となった。売上収益は前年同期比15.1%増の963億円、営業利益は前年同期比17.3%増の269億円だった。

日立化成

電子部品などの日立化成<4217>は、1月28日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比34.6%減となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比23.4%減としていましたが、今回30.4%減へと改めました。

日立化成の19年4~12月期、純利益34.6%減170億円: 日本経済新聞
日立化成が28日に発表した2019年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比34.6%減の170億円となった。売上高は前年同期比8.2%減の4796億円、営業利益は前年同期比32%減の216億円だった。

オービック

会計ソフトなどのオービック<4684>は、1月28日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比10.4%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

オービックの19年4~12月期、純利益10.4%増275億円: 日本経済新聞
オービックが28日に発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比10.4%増の275億円となった。

富士通ゼネラル

エアコンの富士通ゼネラル<6755>は、1月28日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比14%増となりました。

通期の業績予想は据え置きとのことです。

富士通ゼネラルの19年4~12月期、純利益14%増29億円
富士通ゼネラルが28日に発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比14%増の29億円となった。売上高は前年同期比11.6%増の1806億円、経常利益は前年同期比22.6%増の59

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下の指標の発表があります。

  • 1月 消費者信頼感指数

また、以下のような決算発表もあります。

  • アップル<AAPL>
  • アドバンスト・マイクロ・デバイシズ<AMD>
  • イーベイ<EBAY>
  • ロッキード・マーチン<LMT>
  • スリーエム<MMM>
  • ファイザー<PFE>
  • スターバックス<SBUX>
  • ユナイテッド・テクノロジーズ<UTX>
  • ゼロックス<XRX>

国内については、明日の取引時間終了後に以下のような決算発表があります。

  • LINE<3938>
  • サイバーエージェント<4751>
  • 日立建機<6305>
  • オムロン<6645>
  • NEC<6701>
  • アドバンテスト<6857>
  • ファナック<6954>
  • 日野自動車<7205>
  • スクリーン<7735>
  • キヤノン<7751>
  • 日立ハイテク<8036>
  • 大和証券G本社<8601>
  • 東北電力<9506>

日米共に重要な決算発表がありますので要チェックです。

タイトルとURLをコピーしました