【今日の市況】日経平均反発、日本電産 業績予想を下方修正して株価下落など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場はまちまちの動きとなりました。

NYダウは新型肺炎を警戒して安く始まりましたが、WHOが緊急事態宣言を見送ると下げ幅を縮小しました。

NYダウ 29,160.09 -26.18 (-0.09%)
NASDAQ 9,402.47 +18.71 (+0.20%)
S&P500 3,325.54 +3.79 (+0.11%)
NYダウ3日続落、26ドル安 ナスダックは最高値更新
【NQNニューヨーク=戸部実華】23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落した。前日比26ドル18セント(0.1%)安の2万9160ドル09セントで終えた。新型肺炎の感染拡大が投資家心理の重荷

取引時間開始前には以下のような決算発表がありました。

プロクター・アンド・ギャンブル<PG> 124.99 -0.57 (-0.46%)
米P&G、純利益16%増 ヘルスケア用品など…(写真=ロイター)
【NQNニューヨーク=横内理恵】米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が23日発表した2019年10~12月期決算は純利益が前年同期比16%増の37億1700万ドル(約4060億円)だ

欧州の出来事

英でEU離脱法成立 1月末離脱、「移行期間」へ(写真=AP)
【ロンドン=中島裕介】英国の欧州連合(EU)からの離脱条件などを盛り込んだ関連法が23日成立した。22日までに英議会の上下両院を通過し、エリザベス女王が23日に裁可して成立した。これで英側の手続きは
ECBが戦略検証開始、総裁「調整力発揮」 成長リスク下向き
欧州中央銀行(ECB)は23日の定例理事会で主要政策金利を据え置くとともに、物価目標を含む政策戦略の検証を開始したと明らかにした。前任のドラギ氏は大規模な金融緩和による物価押し上げを目指したが、物価は長らく目標を割り込んでおり、現職のラガルド総裁が今後、政策目標や達成手段をどのように見直すかが注目される。

今日の日本市場

今日の日本市場はまちまちの動きとなりました。

春節で他のアジア市場が軒並み休場だったこともあり、日経平均は非常に狭いレンジでプラスとマイナスを行ったり来たりしました。

投資家の興味が決算プレイにシフトして行っているようで、新興市場の元気がなくなってきました。

日経平均 23,827.18 +31.74 (+0.13%)
TOPIX 1,730.44 -0.06 (0.00%)
JPX日経400 15,497.20 +13.91 (+0.09%)
JASDAQ平均 3,925.03 -24.78 (-0.63%)
マザーズ指数 869.40 -10.23 (-1.16%)
日経平均反発、終値31円高の2万3827円
24日の東京株式市場で日経平均株価は小幅反発し、前日比31円74銭(0.13%)高の2万3827円18銭で終えた。米インテルの好決算を受け、半導体関連株などを中心とした買いが優勢だった。新型肺炎の感

今日の取引時間開始前には12月の全国消費者物価指数(CPI)の発表がありました。

19年12月の全国消費者物価、0.7%上昇 36カ月連続上昇
総務省が24日発表した2019年12月の全国消費者物価指数(CPI、2015年=100)は生鮮食品を除く総合が102.2と、18年12月比0.7%上昇した。上昇は36カ月連続。QUICKがまとめた市

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

日本電産 業績予想を下方修正して株価下落

モーターの日本電産<6594>は、1月23日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比51%減となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比10%減としていましたが、今回23%減へと改めました。

また、400万株、500億円を上限とする自社株買いも発表しました。

これを受け今日の日本電産の株価は下落しました。

去年の同じ時期にも自社株買いを発表していましたが、実績としては1株も買っていなかったようです。

日本電産<6594> 15,200 -375 (-2.41%)
日電産の20年3月期、純利益23%減に下方修正 車載向けなど低調
日本電産は23日、2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比23%減の850億円にとどまりそうだと発表した。従来予想していた10%減の1000億円を150億円下回る。中国の車載向けや欧州な

ネットワン 架空取引を調整していた疑いがあるとの報道で株価大幅安

東芝ITサービスの架空取引の件で、新たに2社が関与した疑いが出てきたとの報道がありました。

これで、東芝ITサービス、ネットワンシステムズ<7518>、日鉄ソリューションズ<2327>、富士電機ITソリューション、みずほ東芝リースの5社の社名が出てきたことになります。

また、架空取引の販売先や価格をネットワンシステムズが調整していたとの疑いがあるということで、今日の同社の株価は大幅安となりました。

ネットワン<7518> 2,172 -290 (-11.78%)
NSSOL<2327> 3,455 -45 (-1.29%)
東芝<6502> 3,735 +20 (+0.54%)
富士電機<6504> 3,505 -40 (-1.13%)
みずほリース<8425> 3,300 -145 (-4.21%)
架空取引、東芝子会社など5社関与 循環で装った疑い:朝日新聞デジタル
 東芝の連結子会社の東芝ITサービス(川崎市)で架空取引が見つかった問題で、同社が商品の売買契約を結んだシステム開発会社のネットワンシステムズ(東証1部上場)を含め、少なくとも5社が架空取引に関わって…

メルカリ オリガミ買収を発表しても株価下落

フリマアプリのメルカリ<4385>傘下でスマホ決済のメルペイが同業のオリガミを買収すると1月23日に発表しました。

メルペイとオリガミが統合しても、PayPay・LINE Pay陣営には勝てそうもないことから、今日のメルカリの株価は下落しました。

メルカリ<4385> 1,944 -55 (-2.75%)
スマホ決済、淘汰の時代 メルカリがOrigami買収
メルカリは23日、傘下のスマートフォン決済のメルペイ(東京・港)がスマホ決済のOrigami(オリガミ、東京・港)を完全子会社化すると発表した。スマホ決済を巡っては、ソフトバンクグループが手がける「

インテルの決算が好調でも半導体銘柄の反応はまちまち

米国市場の引け後に発表された米インテルの決算が好調だったということで、今日は半導体銘柄が賑わうのではと考えられていましたが、それほど過剰に反応することはありませんでした。

アドバンテスト<6857> 6,320 -140 (-2.17%)
東京エレクトロン<8035> 25,210 +205 (+0.82%)
ディスコ<6146> 27,680 +850 (+3.17%)
インテル、33%増益 データセンター復調鮮明
【シリコンバレー=佐藤浩実】米インテルは23日、2019年10~12月期の純利益が前年同期比33%増の69億500万ドル(約7560億円)だったと発表した。増益は4四半期ぶりで、19年前半に停滞して

ちなみに、半導体装置のディスコ<6146>は、1月23日に2019年4~12月期の決算を発表しました。

純利益は193億円となり、同社が業績予想で出していた170億円から上振れました。

ディスコの19年4~12月期、純利益193億円
ディスコが23日に発表した2019年4~12月期の連結決算は、純利益が193億円となった。売上高は1022億円、経常利益は270億円、営業利益は256億円だった。  顧客である半導体メーカの設備投資は

スズキ オランダで排ガス不正を認定され株価下落

自動車のスズキ<7269>について、オランダの陸運局が排ガス不正を行っていたと1月23日に発表しました。

これを受け今日のスズキの株価は下落しました。

スズキ<7269> 4,780 -126 (-2.57%)
スズキの排ガス不正、オランダ当局が認定(写真=ロイター)
【フランクフルト=深尾幸生】オランダ陸運局は23日、スズキと欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のディーゼル車で、排ガス不正があったと発表した。陸運局はスズキに是正を求め、その結

三菱地所 長期経営計画発表で株価大幅高

不動産の三菱地所<8802>は、今日「長期経営計画2030」を発表しました。

これを受け今日の三菱地所の株価は大幅高となり、昨年来高値をつけました。

三菱地所<8802> 2,154 +78 (+3.76%)
三菱地所/「有楽町・常盤橋」開発に7000億円投資、デジタル強化
三菱地所は1月24日、「長期経営計画2030」を発表した。 <吉田淳一社長> 2030年の計数目標は、ROA(事業利益÷総資産)5%、ROE(親会社株主に帰属する当期純利益÷ 自己資本)10%、EPS

バルチック海運指数が昨年の安値を割ってきました

ばら積み船の不定期船運賃の指数「バルチック海運指数」が1月23日時点で576ポイントまで下落してきました。

これは2019年の最低値である2月11日の595ポイントを下回るものです。

この指数は2カ月ぐらい先の世界経済の先行指標と言われていますので、ちょっと気になりますね。

これと関連性の高い海運株は今日は下落しています。

日本郵船<9101> 1,842 -20 (-1.07%)
商船三井<9104> 2,820 -14 (-0.49%)
川崎汽船<9107> 1,581 -20 (-1.25%)

バルチック指数の最新の値は以下で見れます。

BDIY 銘柄 - バルチック海運指数 名称
バルチック海運指数 (BDIY)のインデックス指数詳細 - 指数の値、チャート、指数概要や関連マーケットデータをご覧ください。

来週に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下の指標の発表があります。

  • 1月 製造業PMI、非製造業PMI

米国では以下のような決算発表があります。

  • アメリカン・エキスプレス<AXP>

来週の主な予定は以下のようになっています。

1月27日(月) アジア 香港、中国、韓国 休場
日本 12月 外食売上高
米国 12月 新築住宅販売件数
1月28日(火) アジア 香港、中国 休場
米国 1月 消費者信頼感指数
1月29日(水) 中国 休場
米国 FOMC結果発表
1月30日(木) 中国 休場
米国 4Q GDP
1月31日(金) 日本 12月 失業率、有効求人倍率
12月 小売業販売額
12月 鉱工業生産
中国 1月 製造業PMI
欧州 4Q GDP
米国 12月 個人所得、個人消費
タイトルとURLをコピーしました