【今日の市況】日経平均続伸、三菱電機 サイバー攻撃を受けたと発表し株価下落など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

先週末の米国市場は3指数とも続伸し、過去最高値を更新しました

この日に発表された中国の指標が悪くなかったことや、米国の12月の住宅着工件数が市場予想よりも良かったことが好感され、株が買われました。

NYダウ 29,348.10 +50.46 (+0.17%)
NASDAQ 9,388.94 +31.81 (+0.34%)
S&P500 3,329.62 +12.81 (+0.39%)
NYダウ5日続伸し、最高値更新 米中の景気改善に期待
【NQNニューヨーク=川内資子】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら5日続伸した。前日比50ドル46セント(0.2%)高の2万9348ドル10セントと3日連続で過去最高値を更新した。米
米住宅着工、13年ぶり高水準 利下げと好天候が後…(写真=AP)
【ニューヨーク=宮本岳則】米商務省が17日発表した2019年12月の米住宅着工件数は約160万8千戸(季節調整済み、年率換算値)で、前月の改定値より16.9%増加した。06年12月以来13年ぶりの高
12月の米鉱工業生産、マイナス0.3% 予測…(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)が17日発表した2019年12月の鉱工業生産指数(2012年=100)は109.4となり、前月の改定値から0.3%低下した。2カ月ぶりの低下でダウ・
米消費者態度指数、高水準で横ばい 1月速報値(写真=ロイター)
【ワシントン=長沼亜紀】米ミシガン大学が17日発表した1月の消費者態度指数(速報値)は99.1だった。前月から0.2ポイントの低下だが、高水準圏を維持した。ダウ・ジョーンズがまとめた市場予測(99.

737MAXのソフトウェアに別の不具合が発見されたとのことで、ボーイング<BA>の株価は下落しました。

ボーイング<BA> 324.15 -7.85 (-2.36%)
ボーイング、737MAXのソフトに別の不具合(写真=AP)
【ニューヨーク=中山修志】米ボーイングは17日、小型機「737MAX」のソフトウエアに新たな問題が見つかったことを明らかにした。運航システムの作動を確認するモニターの一部が起動しない不具合があったと

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数すべてが上昇しました。

日経平均は先週末の米国市場の流れを引き継いで高く始まりましたが、今晩の米国市場が休場ということもあって、商いは閑散としていました。

しかし、終値ベースで昨年来高値をつけました。

日経平均 24,083.51 +42.25 (+0.18%)
TOPIX 1,744.16 +8.72 (+0.50%)
JPX日経400 15,619.10 +75.48 (+0.49%)
JASDAQ平均 3,938.39 +17.81 (+0.45%)
マザーズ指数 885.26 +0.45 (+0.05%)
日経平均3日続伸、終値2万4083円 昨年来高値を更新
20日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に3日続伸し、前週末比42円25銭(0.18%)高の2万4083円51銭で終えた。昨年来高値を更新し、2018年10月3日以来の高値を付けた。米中の良好な経済

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

三菱電機 サイバー攻撃を受けたと発表し株価下落

総合電機の三菱電機<6503>は、大規模なサイバー攻撃を受けたと、今日発表しました。

不正アクセスに気づいたのは2019年6月らしいのですが、調査のために公表していなかったとのことです。

これを受け今日の三菱電機の株価は下落しました。

三菱電機<6503> 1,563 -22.5 (-1.42%)
三菱電機にサイバー攻撃 中国系か、防衛情報流出恐れ
三菱電機は20日、大規模なサイバー攻撃を受け、個人情報や企業機密が外部に流出した可能性があると発表した。流出した情報には防衛や電力、鉄道などの社会インフラに関する情報や、取引先との製品の受注・開発に

東芝 子会社で不適切会計が発覚し株価大幅安

総合電機の東芝<6502>は、連結子会社である東芝ITサービスで約200億円の売上を過大計上していたと、1月18日に発表しました。

これを受け今日の東芝の株価は大幅安となりました。

東証一部に返り咲く日が遠のいてしまったかもしれません。

東芝<6502> 3,815 -140 (-3.54%)
東芝、東証1部復帰に影 子会社で不適切会計発覚
東芝で再び不適切会計が発覚し、企業統治に疑念が生じている。18日、連結子会社が2019年4~9月期に売上高で約200億円を過大計上していたと発表した。東芝は15年の不正会計発覚後、内部統制を強化して

東芝機械 旧村上ファンド計の会社からTOBを受け株価大幅高

成型機の東芝機械<6104>は、旧村上ファンド系のオフィスサポートという会社からTOBの通告を受けたと、1月17日に発表しました。

TOB価格は不明とのことです。

これを受け今日の東芝機械の株価は大幅高となり、昨年来高値をつけました。

東芝機械<6104> 3,705 +590 (+18.94%)
旧村上ファンド系、東芝機械にTOB通告
東芝機械は17日、旧村上ファンド系のオフィスサポート(東京・渋谷)から東芝機械株へのTOB(株式公開買い付け)を実施する通告を受けたと発表した。オフィスサポートとその共同保有者は東芝機械株の11.4

前田道路 前田建設工業からTOBを受け株価ストップ高

準大手ゼネコンの前田建設工業<1824>は、道路舗装の前田道路<1883>の株式をTOBで現在保有している24%から51%まで買い増しして、完全子会社化すると発表しました。

TOB価格は3,950円とのことです。

対して前田道路は前田建設工業が保有している株式をすべて買い取って提携を解消したいようです。

これを受け今日の前田道路の株価はストップ高となり、年初来高値をつけました。

また、同じように親子上場している道路関係の銘柄に思惑買いが入りました。

前田道路<1883> 3,135 +502 (+19.07%)
前田建設工業<1824> 1,083 +61 (+5.97%)
日本道路<1884> 7,080 +660 (+10.28%)
NIPPO<1881> 2,625 +206 (+8.52%)
前田建設、前田道路にTOB 「親子」で異例の対立
準大手ゼネコンの前田建設工業は20日、持ち株比率で24%強を保有する前田道路を連結子会社にする方針を発表した。TOB(株式公開買い付け)で出資比率を51%に引き上げる。取得額は861億円の見通し。一

12月の訪日外国人客数は前年同月比4.0%減

1月17日に12月の訪日外国人客数の発表がありました。

2019年全体でみると前年比2.2%増で過去最高。

2019年12月は前年同月比4.0%減だったとのことです。

これを受け今日のインバウンド関連銘柄の株価は、百貨店の下落が目立ちました。

資生堂<4911> 7,802 -53 (-0.67%)
コーセー<4922> 16,900 +60 (+0.36%)
ファンケル<4921> 3,070 -55 (-1.76%)
丸井G<8252> 2,671 -31 (-1.15%)
Jフロント<3086> 1,499 -13 (-0.86%)
三越伊勢丹<3099> 965 -47 (-4.64%)
高島屋<8233> 1,226 -17 (-1.37%)
パンパシフィック<7532> 1,864 +6 (+0.32%)

これから春節で中国からの旅行者が増えると思いますが、新型肺炎の話もあっていろいろ大変そうです。

2019年の韓国人訪日客25.9%減 全体は2.2%増で過去最高も
日本政府観光局(JNTO)が17日発表した2019年の訪日外国人客数(推計値)によると、日韓関係の冷え込みを背景に韓国からの訪日客数が18年に比べ25.9%減の558万4600人と大幅に減少した。全

明日に向けての注目点

国外については、今晩の米国市場は休場(マーティン・ルーサー・キング・デー)です。

国内については、今日の取引時間終了後に12月のコンビニ売上高の発表がありました。

既存店ベースで前年同月比0.3%減だったとのことです。

明日のコンビニ各社の株価は注目です。

12月コンビニ既存店売上高は前年比0.3%減、3カ月ぶりのマイナス
日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した12月の全国コンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比0.3%減の9156億円と、3カ月ぶりのマイナス...
タイトルとURLをコピーしました