【今日の市況】日経平均続伸、USENーNEXT 純利益2.2倍で株価ストップ高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日でWindows 7のサポートが終了します。

皆さんは新しいOSに更新しましたか?

Windows 7、きょうサポート終了 いまだに1400万台のPCが稼働中
米Microsoftは1月14日、「Windows 7」のサポートを終了する。同社はWindows 10への移行を勧めているが、日本国内ではいまだに約1400万台のWindows 7搭載PCが稼働していると推測されるという。

では、今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は3指数とも反発しました。

米中貿易協議第1段合意の署名式が1月15日に迫っていることや、米政府が中国を為替操作国から外す検討をしているとの報道が好感されました。

NASDAQとS&P500は過去最高値を更新しました。

NYダウ 28,907.05 +83.28 (+0.29%)
NASDAQ 9,273.93 +95.07 (+1.04%)
S&P500 3,288.13 +22.78 (+0.70%)
NYダウ反発、83ドル高 米中修復や企業決算への期待で
【NQNニューヨーク=張間正義】13日の米株式相場は反発した。ダウ工業株30種平均は前週末比83ドル28セント(0.3%)高の2万8907ドル05セントで終えた。米中貿易協議の「第1段階」の合意文書

ちなみに先週末に発表された12月の雇用統計は、市場予想を下回りました。

米雇用堅調、12月は14万人増 市場予測は下回る(写真=AP)
【ワシントン=河浪武史】米労働省が10日発表した2019年12月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数が前月比14万5千人増えた。市場予測(約18万人増)を下

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数の中ではマザーズ指数だけがマイナスとなり、その他はプラスとなりました。

日経平均はNY市場の流れを引き継いで高く始まり、24,000円台に乗せてきました。

ドル円が110円台に乗ってきたこともプラスに働いたようです。

日経平均 24,025.17 +174.60 (+0.73%)
TOPIX 1,740.53 +5.37 (+0.31%)
JPX日経400 15,583.91 +65.20 (+0.42%)
JASDAQ平均 3,912.87 +17.41 (+0.45%)
マザーズ指数 887.46 -2.43 (-0.27%)
日経平均続伸、1カ月ぶり2万4000円台
14日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前週末比174円60銭(0.73%)高の2万4025円17銭で終えた。終値での2万4000円回復は2019年12月17日以来およそ1カ月ぶり。米中関係

今日の取引時間開始前には国際収支の発表がありました。

経常黒字75%増の1.4兆円 19年11月、貿易赤字が縮小
財務省が14日発表した2019年11月の国際収支状況(速報)によると、海外との総合的な取引状況を示す経常収支は1兆4368億円の黒字だった。黒字は65カ月連続。黒字幅は18年11月に比べ75%拡大し

また、午後の取引時間中には12月の景気ウォッチャー調査の発表もありました。

12月の街角景気、現状指数は2カ月連続改善
内閣府が14日発表した2019年12月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、3カ月前と比べた足元の街角の景気実感を示す現状判断指数(DI、季節調整済み)は39.8と前月から0.4ポイント上昇し

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

USENーNEXT 純利益2.2倍で株価ストップ高

音楽、動画配信のUSEN-NEXT HOLDINGS<9418>は、1月10日に2019年9~11月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.2倍となりました。

通期の業績予想については据え置きとのことです。

これを受け今日のUSEN-NEXTの株価は終始ストップ高買い気配となり、昨年来高値をつけました。

USEN-NEXT<9418> 1,782 +300 (+20.24%)
USEN-NEXT HOLDINGSの19年9~11月期、純利益2.2倍14億円
USEN-NEXT HOLDINGSが10日に発表した2019年9~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.2倍の14億円となった。売上高は前年同期比19.3%増の474億円、経常利益は前年同期

良品計画 業績予想下方修正で株価ストップ安

無印良品でおなじみの良品計画<7453>は、1月10日に2019年3~11月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比32%減となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表。

純利益は従来予想では前期比13%減としていましたが、今回26%減へと改めました。

これを受け今日の良品計画の株価はストップ安となりました。

良品計画<7453> 2,128 -500 (-19.03%)
良品計画の今期、純利益26%減に下方修正 東アジアの情勢不安響く: 日本経済新聞
良品計画は10日、2020年2月期(今期)の連結純利益が前期比26%減の251億円になりそうだと発表した。従来予想(13%減の294億円)から43億円引き下げた。東アジア事業の一部の国や地域の情勢不安が収益の重荷となっている。

日産自動車 ルノーとのアライアンス解消検討との報道で株価下落

日産自動車<7201>がルノーとのアライアンスの解消を検討しているとの報道が1月13日にありました。

今日になって日産自動車はこの報道を否定するコメントを出しましたが、株価は下落して昨年来安値をつけました。

日産自動車<7201> 618 -18.9 (-2.97%)
日産幹部、ルノーとのアライアンス解消の可能性を検討-関係者
日産自動車の複数幹部は、会長だったカルロス・ゴーン被告の解任後、仏自動車ルノーとの関係が機能不全に陥ったとの懸念を背景にルノーとのアライアンス解消の可能性を精査している。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。
日産、ルノーとのアライアンス解消報道を否定 | レスポンス(Response.jp)
日産自動車は1月14日、ルノーとのアライアンス解消に向けた検討を行っているとの報道を否定する公式コメントを発表した。

イオン 社長交代を発表し株価上昇

総合スーパーのイオン<8267>は、1月10日に2019年3~11月期の決算を発表しました。

純利益は63億円の赤字となりました。

これは孫会社の不正会計などの修正額を計上したことによるものだそうです。

通期の業績予想については据え置きとのことです。

併せて3月1日付での社長交代も発表しています。

社長交代が材料視されたのか、今日のイオンの株価は上昇しました。

イオン<8267> 2,339 +59 (+2.59%)
イオンの19年3~11月期、最終損益63億円の赤字: 日本経済新聞
イオンが10日に発表した2019年3~11月期の連結決算は、最終損益が63億円の赤字(前年同期は6億3000万円の黒字)となった。

ローソン 純利益2.5%増で株価下落

コンビニエンスストアのローソン<2651>は、1月10日に2019年3~11月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.5%増となりました。

通期の業績予想については据え置きとのことです。

この決算では物足りなかったのか、今日のローソンの株価は下落しました。

ローソン<2651> 6,330 -150 (-2.31%)
ローソンの19年3~11月期、純利益2.5%増259億円: 日本経済新聞
ローソンが10日に発表した2019年3~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.5%増の259億円となった。

ビックカメラ 純利益46.1%増で株価上昇

家電量販店のビックカメラ<3048>は、1月10日に2019年9~11月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比46.1%増となりました。

通期の業績予想については据え置きとのことです。

これを受け今日のビックカメラの株価は上昇しました。

ビックカメラ<3048> 1,290 +24 (+1.90%)

年末年始のテレビ番組では、やたらと家電を紹介する番組が多かった印象があります。

おかげでちょっと電気鍋が欲しくなってしまいました。

ビックカメラの19年9~11月期、純利益46.1%増28億円: 日本経済新聞
ビックカメラが10日に発表した2019年9~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比46.1%増の28億円となった。

久光製薬 純利益16%増で株価大幅高

久光製薬<4530>は1月10日に2019年3~11月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比16%増となりました。

通期の業績予想については据え置きとのことです。

これを受け今日の久光製薬の株価は大幅高となりました。

久光製薬<4530> 5,940 +340 (+6.07%)
久光薬、純利益16%増 3~11月 新薬承認に伴う収入が寄与
久光製薬が10日発表した2019年3~11月期の連結純利益は、前年同期比16%増の154億円だった。体が動かしにくくなる「パーキンソン病」向けの貼り薬が国内で承認されたことに伴い、販売を担う協和キリ

コスモス薬品 純利益2.6%減でも株価大幅高

ドラッグストアのコスモス薬品<3349>は、1月10日に2019年6~11月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.6%減となりました。

通期の業績予想については据え置きとのことです。

減益にも関わらず、今日のコスモス薬品の株価は大幅高となり、昨年来高値をつけました。

コスモス薬品<3349> 24,610 +810 (+3.40%)
コスモス薬品の19年6~11月期、純利益2.6%減87億円: 日本経済新聞
コスモス薬品が10日に発表した2019年6~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.6%減の87億円となった。売上高は前年同期比9%増の3252億円、経常利益は前年同期比2.9%減の131億円、営業利益は前年同期比2.9%減の119億円だった。

コメダHD 純利益6%増で株価大幅高

珈琲店のコメダホールディングス<3543>は、1月10日に2019年3~11月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比6%増となりました。

通期の業績予想については据え置きとのことです。

これを受け今日のコメダHDの株価は大幅高となり、昨年来高値をつけました。

コメダHD<3543> 2,223 +80 (+3.73%)
コメダHDの3~11月、純利益6%増 消費増税後も新メニュー好調
「コメダ珈琲店」を運営するコメダホールディングス(HD)が10日発表した2019年3~11月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比6%増の40億円だった。10月の消費増税にあわせて展開し

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

東宝

映画の東宝<9602>は、1月14日に2019年3~11月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比24%増となりました。

通期の業績予想については据え置きとのことです。

併せて期末の20円特別配当や、200万株、75億円を上限とする自社株買いを発表しました。

絶好調ですね。

明日の株価は注目です。

東宝の3~11月期、純利益24%増 映画好調、増配と自社株買い: 日本経済新聞
東宝が14日発表した2019年3~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比24%増の294億円だった。主力の映画事業で自社配給の作品などが好調に推移した。売上高にあたる営業収入は7%増の2011億円だった。

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下の指標の発表があります。

  • 12月 消費者物価指数(CPI)

また、以下のような決算発表があります。

  • JPモルガン・チェース<JPM>
  • シティグループ<C>
  • ウェルズ・ファーゴ<WFC>

国内については、明日の取引時間終了後に以下の指標の発表があります。

  • 12月 工作機械受注
タイトルとURLをコピーしました