【今日の市況】日経平均反落、ソフトバンクG ファンドが犬の散歩代行会社の株を売却して株価下落など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は3指数とも反落しました。

NYダウは先週末に大幅高だった反動で下落しました。

今週はFOMC、英国の総選挙、15日に迫る対中関税第4弾など、今後のイベントが盛りだくさんであるため、その前にちょっと一服したかったようです。

NYダウ 27,909.60 -105.46 (-0.38%)
NASDAQ 8,621.82 -34.70 (-0.40%)
S&P500 3,135.96 -9.95 (-0.32%)
NYダウ、105ドル安 対中関税の発動期限迫り買い控え
【NQNニューヨーク=張間正義】9日の米株式相場は4営業日ぶりに反落した。ダウ工業株30種平均は前週末比105ドル46セント(0.4%)安の2万7909ドル60セントで終えた。対中制裁関税「第4弾」

今日の日本市場

今日の日本市場は、まちまちの動きとなりました。

日経平均は米国市場の流れを引き継いで安く始まり、その後下げ幅を縮めました。

JASDAQ平均は13連騰となり、年初来高値を付けました。

日経平均 23,410.19 -20.51 (-0.09%)
TOPIX 1,720.77 -1.30 (-0.08%)
JPX日経400 15,368.54 -7.57 (-0.05%)
JASDAQ平均 3,735.06 +13.52 (+0.36%)
マザーズ指数 906.21 +0.34 (+0.04%)
日経平均反落、終値20円安の2万3410円
10日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに小反落し、終値は前日比20円51銭(0.09%)安の2万3410円19銭だった。前日の米株式相場の下落を受けた売りが先行した半面、先高期待を背景にし

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

ソフトバンクG ファンドが犬の散歩代行会社の株を売却して株価下落

ソフトバンクG<9984>傘下のビジョン・ファンドが、保有している犬の散歩代行会社の株式を売却するとの報道がありました。

これを受け今日のソフトバンクGの株価は下落しました。

ソフトバンクG<9984> 4,295 -13 (-0.30%)
ソフトバンクGのファンド、「犬の散歩代行」の株売却
【ニューヨーク=野村優子】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は9日、ソフトバンクグループ傘下の投資ファンド「ビジョン・ファンド」が、米国でペット関連サービスを手掛ける「ワグ」の株式を同社

任天堂 今日から中国でSwitch発売で株価上昇

今日から中国でSwitchが発売されるということで、これに期待した買いが入り、任天堂<7974>の株価は上昇し、年初来高値をつけました。

任天堂<7974> 46,370 +1,290 (+2.86%)
任天堂「スイッチ」中国で発売 中国IT大手を代理店に3度目のチャレンジ
【北京=三塚聖平】任天堂は10日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売を中国で開始した。中国IT大手の騰訊控股(テンセント)を代理店として、中国市場に合…

太陽誘電 全個体リチウムイオン二次電池を開発したと発表し株価上昇

コンデンサなど電子部品の太陽誘電<6976>は、全個体リチウムイオン二次電池を開発したと、今日発表しました。

これを受け今日の太陽誘電の株価は上昇し、年初来高値をつけました。

太陽誘電<6976> 3,055 +103 (+3.49%)
太陽誘電、全固体リチウムイオン二次電池を開発
*11:30JST 太陽誘電、全固体リチウムイオン二次電池を開発 太陽誘電 本日、積層セラミックコンデンサ(MLCC)のプロセス技術などを活用した全固体リチウムイ…

加賀電子がエクセルの完全子会社化を発表し両社の株価は大幅高

半導体商社の加賀電子<8154>とエクセル<7591>が2020年4月1日付で経営統合すると12月9日に発表しました。

加賀電子がエクセルを完全子会社化する予定とのことです。

これを受け今日の両社の株価は大幅高。

加賀電子は年初来高値をつけ、エクセルはストップ高となりました。

加賀電子<8154> 2,615 +80 (+3.16%)
エクセル<7591> 1,561 +300 (+23.79%)
加賀電子、エクセルを完全子会社化 20年4月に
半導体商社の加賀電子とエクセルは9日、2020年4月1日付で経営統合すると発表した。最終的に加賀電子がエクセルを買収し完全子会社化する予定で、加賀電子は商社ビジネスの規模拡大を目指す。液晶ビジネスが

MTG 262億円の赤字で株価大幅安

シックスパッドでおなじみのMTG<7806>は、12月9日に2019年9月期の決算を発表しました。

純利益は262億円の赤字となりました。

日韓関係の悪化で韓国での美容ローラーの売れ行きが悪かったとのことです。

これを受け今日のMTGの株価は大幅安となりました。

MTG<7806> 829 -59 (-6.64%)
MTG、最終赤字262億円 19年9月 韓国で「リファ」苦戦
トレーニング機器「シックスパッド」などを販売するMTGが9日発表した2019年9月期の連結決算は、最終損益が262億円の赤字(前の期は40億円の黒字)だった。主力商品の美容ローラー「リファ」の販売が

カオナビ 株式分割を発表し株価上昇

企業向け人材管理システムのカオナビは<4435>は、12月31日付で1株を2株に分割する株式分割を行うことを12月9日に発表しました。

これを受け今日のカオナビの株価は上昇しました。

カオナビ<4435> 8,400 +230 (+2.82%)
カオナビ(4435)株式分割
カオナビ(4435)株式分割=12月31日現在の株式1株を2株

学情 今期2桁増益予想で株価大幅高

就職情報の学情<2301>は、12月9日に2019年10月期の決算を発表しました。

純利益は前期比24.8%増となりました。

併せて2020年10月期の業績予想を発表。

純利益は前期比14.2%増になりそうだとのことです。

これを受け今日の学情の株価は大幅高となり、年初来高値をつけました。

学情<2301> 2,055 +355 (+20.88%)
学情の19年10月期、税引き利益24.8%増14億円
学情が9日に発表した2019年10月期の決算は、税引き利益が前期比24.8%増の14億円となった。売上高は前期比9%増の70億円、経常利益は前期比27.8%増の20億円、営業利益は前期比32.9%増

明日に向けての注目点

国外については、ドイツで以下の指標の発表があります。

  • 12月 ZEW景況感調査

国内については、今日の取引時間終了後に11月の工作機械受注の発表がありました。

前年同月比37%減で、14カ月連続のマイナスだったとのことです。

明日の工作機械関連株の株価は注目です。

11月の工作機械受注11月37%減 19年の最低水準
日本工作機械工業会(日工会)が10日発表した11月の受注額(速報値)は、前年同月比37.9%減の817億円だった。14カ月連続のマイナスとなり、2019年に入って最低水準を更新した。業界で好不況の目
タイトルとURLをコピーしました