【今日の市況】日経平均続落、ユニクロの月次がイマイチでファストリの株価が大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は3指数とも続落しました。

トランプ大統領が米中貿易協議の合意を来年の大統領選の後まで待つと発言したことを受け、世界景気の減速が長引くとの懸念から株が売られました。

NYダウ 27,502.81 -280.23 (-1.01%)
NASDAQ 8,520.64 -47.34 (-0.55%)
S&P500 3,093.20 -20.67 (-0.66%)
NYダウ280ドル安、1カ月ぶり安値 米中合意先送り懸念
【NQNニューヨーク=戸部実華】3日の米株式相場は3日続落し、ダウ工業株30種平均は前日比280ドル23セント(1.0%)安の2万7502ドル81セントと11月6日以来ほぼ1カ月ぶりの安値で終えた。最
米中合意「大統領選後でも良い」、トランプ氏が言及
【ロンドン=中村亮】トランプ米大統領は3日、中国との貿易協議をめぐる合意について「(2020年11月の米大統領)選挙後まで待つという考え方を気に入っている」と語った。中国経済への打撃となりうる貿易協

また、取引時間終了後には、米下院でウイグル人権法案が可決されました。

米下院、ウイグル人権法可決 中国「内政干渉」と反発
【ワシントン=永沢毅、北京=羽田野主】米下院本会議は3日、中国新疆ウイグル自治区で少数民族ウイグル族を弾圧する中国当局者に制裁を科すようトランプ米政権に求めるウイグル人権法案を圧倒的な賛成多数で可決

今日の日本市場

今日の日本市場は、まちまちの動きとなりました。

日経平均はNY市場の流れを引き継いで大きく下げて始まり、その後じわじわと下げ幅を縮めました。

JASDAQ平均は9日続伸し、年初来高値を更新しました。

日経平均 23,135.23 -244.58 (-1.05%)
TOPIX 1,703.27 -3.46 (-0.20%)
JPX日経400 15,211.21 -50.03 (-0.33%)
JASDAQ平均 3,700.53 +10.72 (+0.29%)
マザーズ指数 912.66 -2.66 (-0.29%)

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

ユニクロの月次がイマイチでファストリの株価が大幅安

ファーストリテイリング<9983>はユニクロの11月の月次売上高を12月3日に発表しました。

既存店売上高は前年同月比5.5%減で、3カ月連続の前年同月割れだったとのことです。

これを受け今日のファストリの株価は大幅安となり、この1銘柄で日経平均を126円押し下げました。

ファーストリテイリング<9983> 63,700 -3,500 (-5.21%)
国内ユニクロの11月既存店売上高5.5%減 気温高く防寒衣料が低調
カジュアル衣料品店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリング(9983)が3日発表した11月の月次販売動向で、国内の既存店売上高は前年同月に比べて5.5%減少した。前年を下回るのは3カ月連続。11

サインポスト 高輪ゲートウェイ駅にAI無人コンビニ設置で株価大幅高

JR山手線に新しくできる高輪ゲートウェイ駅にAI無人コンビニが設置されることになりました。

これを運営する株式会社TOUCH TO GOは、JR東日本スタートアップとサインポスト<3996>の合弁会社です。

これを受け今日のサインポストの株価はストップ高となりました。

サインポスト<3996> 2,247 +400 (+21.66%)
JR東日本のAI無人コンビニが高輪ゲートウェイ駅に2020年春オープン | TechCrunch Japan
JR東日本スタートアップは12月3日、同社とサインポストの合弁会社であるTOUCH TO GO(タッチトゥゴー)が運営する同名の無人AI決済店舗の常設設置を発表した。

任天堂 中国でのSwitch発売が発表されたとたんに株価下落

中国のテンセントが12月4日に何かを発表すると予告していて、きっとこれはNintendo Switchの中国での発売に違いないということで、今週に入ってから任天堂<7974>の株価は大幅に上昇していました。

そして、本日実際に中国でのSwitchの販売が発表されたわけですが、発表直後から任天堂の株は一気に売られてしまいました。

材料出尽くしということのようなのですが、非情ですね。

任天堂<7974> 43,830 -560 (-1.26%)
任天堂のスイッチ、中国で10日発売=テンセント
任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が今月10日に中国本土で発売される。同社と販売代理店契約を結ぶ中国の騰訊控股(テンセント・ホールデ...

トヨタ自動車

中国政府が2025年にEV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)の比率を25%にするとの報道がありました。

これを受けPHVを得意とするトヨタ自動車の今日の株価は上昇しました。

トヨタ自動車<7203> 7,783 +65 (+0.84%)
中国、新エネ車普及25%に 25年目標を引き上げ
■EVやPHVなど対象に環境対応強化■米欧をしのぐ「自動車強国」めざす■日本メーカーにも新エネ車重視の戦略迫る

親子上場解消の思惑から富士通の上場子会社株が大幅高

最近話題の親子上場解消について、富士通もやるのではないかとの雑誌記事が出たそうで、今日は富士通の上場子会社の株がどれも大幅高となりました。

富士通フロンテック<6945> 1,411 +300 (+27.00%)
新光電気工業<6967> 1,259 +177 (+16.36%)
FDK<6955> 930 +98 (+11.78%)
富士通ゼネラル<6755> 2,213 +145 (+7.01%)
富士通<6702> 10,290 +160 (+1.58%)
FDKなど富士通系銘柄が後場急騰、親子上場解消観測が台頭 - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
 富士通(6702)系銘柄が後場に入り、軒並急騰した。富士通フロンテック(6945)が一時、制限値幅上限の前日比300円高の1411円ストップ高まで上伸したほか、FDK(6955)が同じく982円スト

SBI 投資信託などの手数料無料化を発表し株価上昇

SBIホールディングス<8473>は、投資信託の販売手数料の無料化、信用取引の一部とPTS取引の手数料キャッシュバックを12月4日に発表しました。

これを受け今日のSBIの株価は上昇しました。

楽天証券も同じような発表を行ったようです。

SBI<8473> 2,269 +9 (+0.40%)
楽天<4755> 934 -9 (-0.95%)
SBI証券、投信など手数料の無料化を発表 16日から
SBIホールディングス(8473)傘下のSBI証券は4日、同社が取り扱う全ての投資信託の販売手数料を無料にすると発表した。16日から実施する。信用取引の一部と夜間の私設取引システム(PTS)取引の手

明日に向けての注目点

国外については、米国で以下の指標の発表があります。

  • 11月 ADP雇用統計
  • 11月 ISM非製造業景況指数

国内については、特に大きな予定はありません。

タイトルとURLをコピーしました