【今日の市況】日経平均反発、任天堂 米国の年末商戦が好調との報道で株価上昇など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

先週末の米国市場は3指数とも反落しました。

香港人権法が成立したことで、米中貿易協議の先行きに対する懸念から株が売られました。

NYダウ 28,051.41 -112.59 (-0.40%)
NASDAQ 8,665.47 -39.70 (-0.46%)
S&P500 3,140.98 -12.65 (-0.40%)
NYダウ反落、112ドル安 香港人権法案の成立で慎重姿勢強まる
【NQNニューヨーク=横内理恵】29日の米株式相場は5営業日ぶりに反落した。ダウ工業株30種平均は感謝祭前の27日と比べて112ドル59セント(0.4%)安の2万8051ドル41セント(速報値)で終え

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数の中ではマザーズ指数だけがマイナスで、その他はプラスとなりました。

11月30日に発表された中国国家統計局の11月の製造業PMIが7カ月ぶりに50を超えたことや、米国の年末商戦が好調にスタートを切ったことが好感されました。

日経平均とTOPIXは終値ベースで年初来高値をつけました。

JASDAQ平均は7日続伸して、年初来高値を更新しました。

日経平均 23,529.50 +235.59 (+1.01%)
TOPIX 1,714.49 +15.13 (+0.89%)
JPX日経400 15,324.80 +141.51 (+0.93%)
JASDAQ平均 3,685.54 +20.72 (+0.57%)
マザーズ指数 911.51 -3.63 (-0.40%)
中国景況感、7カ月ぶりに「拡大」
【北京=原田逸策】中国国家統計局が30日発表した2019年11月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は前月比0.9ポイント高い50.2だった。拡大・縮小の節目となる50を7カ月ぶりに上回った。クリス
米年末商戦、初日のネット販売は過去最高 一部で混乱も
【ニューヨーク=高橋そら】28日に始まった米国の年末商戦の出足が好調だ。感謝祭の同日のネット通販売上高は過去最高を記録した。その余波で米小売り各社のネット通販サイトに予想以上にアクセスが集中し、一時

取引時間中には中国の財新の製造業PMIも発表されました。

3年ぶりの高水準だったとのことです。

財新の11月中国製造業PMIは3年ぶり高水準、予想外の上昇
財新/マークイットが発表した11月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.8と前月の51.7から上昇し、2016年12月以来の高水準となった。堅調な生産...

午後には国内の11月の新車販売台数の発表もありました。

軽自動車も含めた全体で前年同月比12.7%減だったとのことです。

11月の軽含む新車販売、前年比12.7%減 台風の影響長引く
日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2日発表した11月の新車販売台数(軽自動車含む)は、前年同月比12.7%減の38万5859台だった。減少は2カ月連続。前年同月

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

任天堂 米国の年末商戦が好調との報道で株価上昇

先週のブラックフライデーから始まった、米国の年末商戦が好調との報道がありました。

Nintendo Switchもランキングの上位に来ているとのことで、今日の任天堂<7974>の株価は上昇し、年初来高値をつけました。

任天堂<7974> 43,240 +890 (+2.10%)
米ブラックフライデー商戦、話題アイテムは任天堂スイッチやiPhone
米年末商戦の開始を告げるブラックフライデー。玩具店から家電量販店に至るまであらゆる小売企業が正念場を迎える。今年のブラックフライデーは、オンライン販売が好調な滑り出しのようだ。

内田洋行、ウチダエスコ 決算好調で株価ストップ高

オフィス用品の内田洋行<8057>とその系列のウチダエスコ<4699>は、7月21日~10月20日期の決算を11月29日に発表しました。

どちらも好決算でしたが、特にウチダエスコは純利益が前年同期比4.8倍と大幅増となりました。

学校関連のICT需要が好調だったとのことです。

これを受け内田洋行とウチダエスコの今日の株価はどちらもストップ高買い気配のままとなりました。

内田洋行<8057> 5,240 +705 (+15.55%)
ウチダエスコ<4699> 3,460 +500 (+16.89%)
内田洋行の19年8~10月期、純利益24億円
内田洋行が29日に発表した2019年8~10月期の連結決算は、純利益が24億円(前年同期は1000万円)となった。売上高は前年同期比48.8%増の493億円、経常利益は41億円(前年同期は1億360
ウチダエスコの19年8~10月期、純利益4.8倍6億2600万円
ウチダエスコが29日に発表した2019年8~10月期の連結決算は、純利益が前年同期比4.8倍の6億2600万円となった。売上高は前年同期比68.9%増の59億円、経常利益は前年同期比4.8倍の9億8

学研HD 株式分割発表で株価上昇

教育関係の学研HD<9470>は、2020年3月31日付で1株を4株に分割する株式分割を行うことを11月29日に発表しました。

これを受け今日の学研HDの株価は上昇しました。

学研HD<9470> 7,490 +140 (+1.90%)
学研ホールディングス【9470】、株式分割に伴い配当予想を修正 | 決算速報 - 株探ニュース
 学研ホールディングス <9470> が11月29日大引け後(18:45)に配当修正を発表。3月31日割当の1→4の株式分割に伴い、年間配当を従来計画の80円→50円(前期は75円)に修正したが、実質配当は変わらない・・・。

スマレジ 累積取扱高が2兆円を超え株価大幅高

スマホを使ったレジアプリのスマレジ<4431>は、累積取扱高が2兆円を超えたと11月29日に発表しました。

消費税のポイント還元のからみで、取り扱い量が増えたようです。

これを受け今日のスマレジの株価は大幅高となりました。

スマレジ<4431> 2,870 +170 (+6.30%)
スマレジが強い 取扱高が2兆円突破 増税還元で需要増 - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
 マザーズ上場でスマホ使ったレジアプリのクラウドサービスを手掛けるスマレジ(4431)が強い。11時20分時点では前日比130円(4.8%)高の2830円と買いが先行。9時31分には2869円まで買わ

エイチワン 中国の同業他社と合弁会社設立で株価大幅高

車体骨格のエイチワン<5989>は、中国の同業他社と合弁会社を設立すると11月29日に発表しました。

これを受け今日のエイチワンの株価は大幅高となりました。

エイチワン<5989> 845 +96 (+12.82%)
エイチワン、中国・東風系部品と合弁設立
ホンダ系プレス部品メーカーのエイチワンは29日、中国の東風汽車集団系の同業メーカーと合弁会社を設立すると発表した。中国の自動車マーケットは、米中貿易摩擦による影響もあり購買意欲が減退して落ち込んでい

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

ピジョン

育児用品のピジョン<7956>は、2~10月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比21.8%減となりました。

ピジョンの19年2~10月期、純利益21.8%減95億円
ピジョンが2日に発表した2019年2~10月期の連結決算は、純利益が前年同期比21.8%減の95億円となった。売上高は前年同期比2.4%減の775億円、経常利益は前年同期比20.7%減の140億円、

伊藤園

お茶の伊藤園<2593>は、5~10月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.6%増となりました。

伊藤園の19年5~10月期、純利益2.6%増89億円
伊藤園が2日に発表した2019年5~10月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.6%増の89億円となった。売上高は前年同期比3.6%減の2654億円、経常利益は前年同期比0.4%増の138億円、営業

明日に向けての注目点

国外については、米国で以下の指標の発表があります。

  • 11月 ISM製造業景況指数

国内については、特に大きな予定はありません。

タイトルとURLをコピーしました