【今日の市況】日経平均7日続伸、オリックス 大規模自社株買いで株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも続伸しました。

英国のEU離脱期限が来年の1月31日まで延期されたことや、トランプ大統領が米中貿易協議の部分合意がとても大きな内容になると述べたことなどが好感され、S&P500は3カ月ぶりに高値を更新しました。

NYダウ 27,090.72 +132.66 (+0.49%)
NASDAQ 8,325.98 +82.86 (+1.01%)
S&P500 3,039.42 +16.87 (+0.56%)

昨晩決算発表のあった企業の株価は以下のようになりました。

AT&T<T> 38.49 +1.58 (+4.28%)
S&P株価が3カ月ぶり最高値更新 NYダウは132ドル高
【NQNニューヨーク=古江敦子】28日の米株式市場で、機関投資家が運用の指標とするS&P500種株価指数は前週末比16.87ポイント(0.56%)高の3039.42となり、3カ月ぶりに過去最高値を更
英離脱、来年1月末まで延期 EUが合意(写真=ロイター)
【ブリュッセル=竹内康雄】英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、EUは28日、10月31日としていた離脱期限を最長で2020年1月31日まで3カ月延期することで合意した。英国に時間の猶予を与え、社会や経
トランプ氏、米中貿易合意「大きな内容」(写真=ロイター)
【ニューヨーク=宮本岳則】トランプ米大統領は28日、米中貿易協議の「第1段階」の合意について「とても大きな内容になる」と記者団に述べた。米メディアが伝えた。米中は11月中旬にチリで開かれるアジア太平
AT&Tが3カ年計画発表、エリオットの懸念に対応-株価上昇
通信・メディアの米AT&Tは28日、取締役会の定員を2人増やし、会長と最高経営責任者(CEO)の職務切り離しなどを盛り込んだ3カ年計画を発表した。同社に事業見直しを迫ったヘッジファンド、米エリオット・マネジメントからの圧力を緩和させる動き。28日の米市場で株価は一時、前週末比5.3%高となった。

また、フランスのLVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンが米国のティファニー<TIF>に買収提案したとのことで、ティファニーの株価は大幅高となりました。

ティファニー<TIF> 129.72 +31.17 (+31.63%)

LVMHはどれだけのブランドを傘下に持てば気が済むのでしょうか。

LVMH、ティファニー買収提案発表 1.6兆…(写真=ロイター)
【パリ=白石透冴】仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)は28日、米宝飾品大手ティファニーに買収を提案したと発表した。米仏メディアによると、LVMHは総額145億ドル(約1兆6000億円)

取引時間終了後には、Googleの親会社のアルファベット<GOOG><GOOGL>の決算が発表されました。

売上高は前年同期比20%増だったものの、純利益は23%減だったとのこと。

アルファベット決算、23%減益で予想下回る 時間外で株価下落
【NQNニューヨーク=岩本貴子】米グーグルの持ち株会社アルファベットが28日発表した2019年7~9月期決算は、純利益が前年同期比23%減の70億6800万ドルだった。売上高は伸びたが、投資先の株式に

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数がすべて上昇しました。

日経平均はNY市場の流れを引き継いで高く始まり、終日その水準をキープしました。

ドル円が一時109円台に乗るなど、円安方向だったこともプラスに働きました。

日経平均は今日も年初来高値をつけ7日続伸となり、一時23,000円を超える場面もありました。

JASDAQ平均とマザーズ指数は8日続伸となりました。

日経平均 22,974.13 +106.86 (+0.47%)
TOPIX 1,662.68 +14.25 (+0.86%)
JPX日経400 14,874.20 +126.94 (+0.86%)
JASDAQ平均 3,508.80 +6.19 (+0.18%)
マザーズ指数 877.30 +9.82 (+1.13%)

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

オリックス 大規模自社株買いで株価大幅高

リースのオリックス<8591>は、10月28日に4~9月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2.6%増となりました。

併せて1,000億円を上限とする大規模な自社株買いを発表しました。

これを受け今日のオリックスの株価は大幅高となりました。

オリックス<8591> 1,716 +66 (+4.00%)
オリックスの19年4~9月期、純利益2.6%増1591億円
オリックスが28日に発表した2019年4~9月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前年同期比2.6%増の1591億円となった。営業収益は前年同期比11.8%減の1兆1126億円、経常利益は前年同
オリックス、自社株買い1000億円 過去最大
オリックスは28日、1000億円を上限とする自社株買いを実施すると発表した。自社株買いは3年ぶりで、金額は過去最大。採算の合う投資案件が減るなかで、余剰資金を株主還元に振り向けて資本効率を高める。1

ファナック 通期の業績予想を下方修正して株価下落

工作機械大手のファナック<6954>は、10月28日に4~9月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比50.8%減となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表しました。

純利益は前回予想では前期比61%減としていましたが、今回62%減へと改めました。

これを受け今日のファナックの株価は下落しました。

ファナック<6954> 21,445 -195 (-0.90%)
ファナックの19年4~9月期、純利益50.8%減401億円
ファナックが28日に発表した2019年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比50.8%減の401億円となった。売上高は前年同期比24.4%減の2609億円、経常利益は前年同期比49%減の570億
ファナックの今期純利益、62%減に下振れ 設備投資意欲の減退で
ファナックは28日、2020年3月期(今期)の連結純利益が前期比62%減の579億円になる見通しだと発表した。7月に続き2回目の下方修正となる。従来予想である61%減の603億円から減益幅が拡大する

キヤノン 通期の業績予想を下方修正して株価下落

カメラや事務機器のキヤノン<7751>は、10月28日に1~9月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比49%減となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正を発表しました。

純利益は前回予想では前期比37%減としていましたが、今回45%減へと改めました。

キヤノン<7751> 2,911 -23.5 (-0.80%)
キヤノンの19年1~9月期、純利益49%減923億円
キヤノンが28日に発表した2019年1~9月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前年同期比49%減の923億円となった。売上高は前年同期比8.8%減の2兆6398億円、経常利益は前年同期比45.
キヤノンの今期、純利益45%減に下方修正 円高が圧迫
キヤノンは28日、2019年12月期(今期)の連結純利益(米国会計基準)が前期比45%減の1400億円になりそうだと発表した。従来予想(37%減の1600億円)から200億円下方修正した。対ユーロの

JR東日本 北陸新幹線の被害がまだ算定できず株価下落

JR東日本こと東日本旅客鉄道<9020>は、10月28日に4~9月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比5%増となりました。

通期の業績予想は、北陸新幹線の被害額がまだ算定できていないため、従来予想を据え置きとのこと。

これを受け今日のJR東日本の株価は業績の下振れ懸念から下落しました。

JR東日本<9020> 9,916 -77 (-0.77%)
JR東日本の4~9月期、純利益5%増 連休効果で最高益更新
JR東日本が28日発表した2019年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比5%増の1885億円だった。4月から5月にかけての大型連休で鉄道の利用が増えたのに加え、不動産事業も好調で4~9月期とし
JR東日本120億円減収 10月の台風、車両分は未確定
JR東日本は28日、台風に伴う計画運休などで10月の売上高は約120億円落ち込むとの見通しを発表した。北陸新幹線の基地浸水に伴う車両被害などは算定できておらず、影響額全体はさらに膨らむ見通しだ。20

日東電工

産業用テープの日東電工<6988>は、10月28日に4~9月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比17%減となりました。

しかし7~9月期だけを見ると増益になっていたり、進捗率が5割を超え例年よりも良かったりしたことから、今日の日東電工の株価は大幅高となりました。

日東電工<6988> 6,116 +372 (+6.48%)
日東電工の4~9月期、純利益17%減 スマホ材料の需要低迷
日東電工が28日発表した2019年4~9月期決算(国際会計基準)は、連結純利益が前年同期比17%減の291億円だった。米中貿易摩擦でスマホの製造工程で使われる材料などの需要が低迷したため。売上高は6

HOYA 純利益8%増と自社株買いで株価大幅高

レンズのHOYA<7741>は、10月29日の取引時間中に4~9月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比8%増となりました。

併せて自社株買いと自己株式の消却を発表しました。

この決算発表後、HOYAの株価は急上昇しました。

HOYA<7741> 9,506 +373 (+4.08%)
HOYAの4~9月期、純利益8%増 半導体素材が好調
HOYAが29日発表した2019年4~9月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比8%増の649億円だった。半導体チップを作るための素材「マスクブランクス」が、次世代の露光技術である「極端

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

NTTドコモ

携帯電話のNTTドコモ<9437>は、10月29日に4~9月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比9%減となりました。

値下げした料金プランが響いたようです。

NTTドコモの4~9月期、純利益9%減 通信事業が低迷
NTTドコモが29日発表した2019年4~9月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比9%減の3723億円だった。6月に料金を値下げした新プランを導入した影響で通信事業の低迷が響いた。売上

富士通

ITサービスの富士通<6702>は、10月29日に4~9月の決算を発表しました。

純利益は前年同期比21.5%減となりました。

富士通の19年4~9月期、純利益21.5%減636億円
富士通が29日に発表した2019年4~9月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比21.5%減の636億円となった。売上収益は前年同期比0.3%減の1兆8287億円、営業利益は前年同期比2

NEC

ITサービスの日本電気<6701>は、10月29日に4~9月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比3.2倍となりました。

日本電気の19年4~9月期、純利益3.2倍291億円
日本電気が29日に発表した2019年4~9月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比3.2倍の291億円となった。売上収益は前年同期比8.4%増の1兆4489億円、営業利益は前年同期比3.

カプコン

ゲームのカプコン<9697>は、10月29日に4~9月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比43.8%増となりました。

カプコンの19年4~9月期、純利益43.8%増98億円
カプコンが29日に発表した2019年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比43.8%増の98億円となった。売上高は前年同期比14%減の372億円、経常利益は前年同期比36%増の140億円、営業利

明日に向けての注目点

国外については、米国で以下のような決算発表があります。

  • メルク・アンド・カンパニー<MRK>
  • マスターカード<MA>
  • ケロッグ<K>
  • ファイザー<PFE>
  • ゼネラル・モーターズ<GM>
  • アドバンスト・マイクロ・デバイシズ<AMD>

国内については、明日の取引時間前や取引時間中に以下のような決算発表があります。

  • 大東建託<1878>
  • エーザイ<4523>
  • 塩野義製薬<4507>
  • 三井物産<8031>
  • 東京瓦斯<9531>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • LINE<3938>
  • 住友化学<4005>
  • 花王<4452>
  • OLC<4661>
  • サイバーエージェント<4751>
  • AGC<5201>
  • オークマ<6103>
  • 小松製作所<6301>
  • 日本精工<6471>
  • 日立製作所<6501>
  • セイコーエプソン<6724>
  • ソニー<6758>
  • アルプスアルパイン<6770>
  • アドバンテスト<6857>
  • 日野自動車<7205>
  • スクリーン<7735>
  • 大和証券G本社<8601>

他にもたくさんの企業の決算が発表されます。

数が多すぎて全部見ることは難しいです。

タイトルとURLをコピーしました