【今日の市況】日経平均続伸、ヤマトHDのAmazon向け運賃値下げ報道で同業他社の株価下落など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数そろって反落しました。

プロクター・アンド・ギャンブル<PG>の決算は市場予想を上回って株価が上昇しましたが、マクドナルド<MCD>の決算は市場予想を下回り大幅安となりました。

NYダウ 26,788.10 -39.54 (-0.15%)
NASDAQ 8,104.29 -58.69 (-0.72%)
S&P500 2,995.99 -10.73 (-0.36%)

最近の米国市場は上昇下落を交互に繰り返していて不安定ですね。

昨晩決算発表のあった企業の株価は以下のようになりました。

プロクター・アンド・ギャンブル<PG> 122.18 +3.10 (+2.60%)
ユナイテッド・テクノロジーズ<UTX> 141.41 +3.06 (+2.21%)
トラベラーズ<TRV> 130.15 -11.76 (-8.29%)
マクドナルド<MCD> 199.27 -10.58 (-5.04%)
NYダウ反落し39ドル安、決算受けマクドナルドなどに売り
【NQNニューヨーク=横内理恵】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比39ドル54セント(0.1%)安の2万6788ドル10セントで終えた。2019年7~9月期決算で1株利益などが市

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数がすべて続伸しました。

日経平均は最初は高く始まったものの、すぐにマイナスに転落。

その後プラス・マイナスを行き来して、13:30ぐらいから上昇基調となり終盤にかけて上げ幅を拡大。

今日も終値ベースの年初来高値で引けました。

日経平均 22,625.38 +76.48 (+0.34%)
TOPIX 1,638.14 +9.54 (+0.59%)
JPX日経400 14,652.40 +86.73 (+0.60%)
JASDAQ平均 3,455.30 +17.19 (+0.50%)
マザーズ指数 853.80 +8.59 (+1.02%)

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

ヤマトHDのAmazon向け運賃値下げ報道で同業他社の株価下落

運賃値上げで荷物が減り、ピンチに陥っている宅配便のヤマトHD<9064>が、Amazon向けの運賃を値下げするとの報道が10月22日にありました。

これを受けAmazonの荷物を扱っている他の宅配便銘柄の株価は下落しました。

ヤマトHD<9064> 1,787 +4.5 (+0.25%)
SGホールディングス<9143> 2,557 -84 (-3.18%)
丸和運輸機関<9090> 2,507 -254 (-9.20%)
ファイズHD<9325> 708 -23 (-3.15%)
ロジネットJ<9027> 2,522 -48 (-1.87%)

ウチの地域のAmazonの配達は丸和運輸機関さんがやっているようなので、時々株価をチェックしていました。

ずっと上昇基調じゃったから、ちょっと買ってみようかと考えたこともあったんじゃが、やめといてよかったのぉ。

ヤマトがアマゾン向け運賃を値下げ!2年前の値上げから一転の事情
ヤマト運輸がアマゾンと宅配運賃の一部値下げで合意したことがダイヤモンド編集部の取材で分かった。27年ぶりの値上げを断行してから丸2年。両者そして運輸業界に何が起こっているのか。

TIの売上高見通しが市場予想を下回り半導体関連銘柄が売られる

米国市場の取引時間終了後に発表されたテキサス・インスツルメンツ<TXN>の決算で、10~12月期の売上高の見通しが市場予想に届かなかったとして、時間外の株価が10%近くの大幅安となっています。

この影響で今日の日本の半導体関連銘柄の株価は大幅安となりました。

ルネサス<6723> 685 -38 (-5.26%)
ローツェ<6323> 3,715 -165 (-4.25%)
東エレク<8035> 20,880 -895 (-4.11%)
ローム<6963> 8,460 -360 (-4.08%)
SUMCO<3436> 1,749 -47 (-2.62%)
ディスコ<6146> 21,180 -500 (-2.31%)
米半導体株が下落-TI10~12月売上高見通し、市場予想下限下回る
米半導体株は時間外取引で下落。テキサス・インスツルメンツ(TI)が22日公表した10-12月(第4四半期)の売上高見通しが最も弱気な市場予想に届かなかった。リンクス・エクイティのKC・ラージクマール、ジャハナラ・ニサール両氏を含むアナリストは、TIの予想を下回る見通しについて「半導体企業の決算シーズンにとって幸先の良い...

エーザイ アルツハイマー薬を承認申請すると発表し株価ストップ高

米国の製薬会社バイオジェン<BIIB>とエーザイ<4523>は、共同開発しているアルツハイマー薬を来年米国で承認申請すると10月22日に発表しました。

これを受け昨晩の米国市場でのバイオジェンの株価は大幅高。

今日のエーザイの株価も終日ストップ高カイ気配のままとなりました。

この薬については、今年3月に効果が出なくて治験を中止したことにより、株価が9千円から6千円へと大暴落した経緯があります。

今回はそのリベンジです。

バイオジェン<BIIB> 281.87 +58.36 (+26.11%)
エーザイ<4523> 6,534 +1,000 (+18.07%)
米バイオジェンとエーザイ、アルツハイマー薬承…(写真=ロイター)
【ニューヨーク=西邨紘子】米製薬のバイオジェンとエーザイは22日、共同開発しているアルツハイマー病の新薬について、2020年に米国で承認を申請すると発表した。早期アルツハイマー病患者を対象とした治験

楽天 携帯の試験サービスがつながらなくて株価下落

楽天<4755>が10月から始めた携帯電話の試験サービスがつながらないとの相談が相次いでいるとの報道が10月22日にありました。

これを受け今日の楽天の株価は下落しました。

楽天<4755> 1,040 -24 (-2.26%)
楽天携帯「つながらない」相談相次ぐ 屋内で圏外に
楽天が10月から始めた携帯電話の試験サービスで、消費者から利用開始時に「接続できない」との相談が相次いでいることが分かった。楽天によると22日までに4500人以上に契約者情報を記録した「SIMカード

9月の全国百貨店売上高は駆け込み需要で23.1%増

今日の午後の取引時間中に9月の全国百貨店売上高が発表されました。

駆け込み需要により既存店の売上高が前年同月比23.1%増だったとのこと。

百貨店ならではの高級な商品が相当売れたようです。

大手百貨店の今日の株価は、この指標が発表される前から順調で、この発表を受けて大きく動くようなことはありませんでした。

丸井G<8252> 2,458 +42 (+1.74%)
Jフロント<3086> 1,408 +28 (+2.03%)
三越伊勢丹<3099> 889 +14 (+1.60%)
高島屋<8233> 1,273 +41 (+3.33%)

10月のここまでの状況についても言及があり、前年同月比2割減ぐらいで推移しているとのこと。

明日の百貨店の株価も注目です。

全国百貨店売上高、9月は23.1%増 駆け込み需要で高額品伸びる
日本百貨店協会が23日発表した9月の全国百貨店売上高は5153億円(全店ベース)だった。既存店ベースでは前年同月比23.1%増と、2カ月連続で前年実績を上回った。10月の消費増税前の駆け込み需要で高

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

日本電産

精密モーター大手の日本電産<6594>は、10月23日に4~9月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比64.9%減となりました。

併せて通期の業績予想の下方修正と増配を発表しました。

純利益は前回予想では前期比22%増としていましたが、今回10%減へと改めました。

単純な数字だけだと市場予想に届いていないようなのですが、明日の株価がどのように反応するかとても興味深いです。

日本電産の19年4~9月期、純利益64.9%減275億円
日本電産が23日に発表した2019年4~9月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比64.9%減の275億円となった。売上高は前年同期比0.6%減の7512億円、営業利益は前年同期比35.
日電産、営業益予想を下方修正、車載関連で開発費増加-予想下回る
日本電産は23日、今期(2020年3月期)の連結営業利益予想を従来比14.3%減の1500億円に下方修正した。車載関連で先行開発費が増加した。

明日に向けての注目点

国外については、米国で以下のような決算発表があります。

  • ボーイング<BA>
  • イーベイ<EBAY>
  • キャタピラー<CAT>
  • マイクロソフト<MSFT>
  • フォード・モーター<F>
  • ペイパル<PYPL>
  • テスラ<TSLA>

国内については、明日から東京モーターショーが始まります。

また、明日の取引時間終了後に以下のような決算発表があります。

  • MonotaRO<3064>
  • 中外製薬<4519>
  • 東京製鐵<5423>
  • ネットワンシステムズ<7518>
  • 信越ポリマー<7970>
タイトルとURLをコピーしました