【今日の市況】日経平均反発、ワークマンの株価は今日も10%の大幅安など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数そろって反発しました。

発表された9月の鉱工業生産や10月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数は良くなかったのですが、今週から本格化している決算発表に対する業績期待から株が買われました。

また、英国とEUが離脱案で合意したこともプラスに働いたようです。

NYダウ27,025.88+23.90 (+0.09%)
NASDAQ8,156.85+32.66 (+0.40%)
S&P5002,997.95+8.26 (+0.28%)

昨晩決算発表のあった企業の株価は以下のようになりました。

ハネウェル<HON>167.52+3.89 (+2.38%)
モルガン・スタンレー<MS>43.44+0.65 (+1.52%)
NYダウ反発し23ドル高、米主要企業の業績期待で
【NQNニューヨーク=戸部実華】17日の米株式相場は反発した。ダウ工業株30種平均は前日比23ドル90セント(0.1%)高の2万7025ドル88セントとほぼ1カ月ぶりの高値で終えた。米主要企業の7~9月期の決算発表が本格化しており、業績改善を好感した買いが相場を押し上げた。17日に発表した7~9月期決算で特別項目を除く...
EU首脳会議、新たな英離脱協定案を承認 英議会可決は不透明
欧州連合(EU)は17日、英国を除く加盟27カ国による首脳会議を開き、英国と同日合意した新たなEU離脱(ブレグジット)協定案を全会一致で承認した。ジョンソン英首相には、議会承認というハードルが残っている。

今日の日本市場

今日の日本市場は、まちまちの動きとなりました。

日経平均はNY市場の流れを引き継いで高く始まり、11時に中国のGDP発表でさらに大きく跳ねたのですが、その後すぐに失速。

後場はさらに上げ幅を縮め、その後は横ばいで推移しました。

日経平均22,492.68+40.82 (+0.18%)
TOPIX1,621.99-2.17 (-0.13%)
JPX日経40014,510.17-18.72 (-0.13%)
JASDAQ平均3,429.99+13.61 (+0.40%)
マザーズ指数840.36+3.04 (+0.36%)

今日はファストリ<9983>が、1銘柄で日経平均を44円押し上げ、プラスに持って行きました。

ファストリ<9983>69,500+1,240 (+1.82%)

ファストリの決算発表直後はいつもこんな感じじゃ。

日経平均が変な動きになってホント嫌いです。

20個ぐらいに株式分割すればいいのに。

今日発表された中国の7~9月のGDPは過去最低でしたが、なんとか6%を死守しました。

中国6.0%成長に減速 7~9月、過去最低を更新(写真=共同)
【北京=原田逸策】中国国家統計局が18日発表した2019年7~9月の国内総生産(GDP)は物価の変動を考慮した実質で前年同期比6.0%増えた。伸び率は4~6月より0.2ポイント縮小し、2期連続で減速した。四半期で統計を遡れる1992年以降の過去最低を更新した。米国との貿易戦争で輸出が低迷し、消費や投資にも力強さがない。...

また、日本の9月の全国消費者物価指数(CPI)も発表されましたが、こちらは市場予想どおりの結果となりました。

9月の全国消費者物価、0.3%上昇 33カ月連続上昇
総務省が18日発表した9月の全国消費者物価指数(CPI、2015年=100)は生鮮食品を除く総合が101.6と、前年同月比0.3%上昇した。上昇は33カ月連続。QUICKがまとめた市場予想の中央値は

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

ワークマンの株価は今日も10%の大幅安

一昨日大きく下げて、昨日は若干反発した作業服のワークマン<7564>の株価ですが、今日はまた大きく下げて25日移動平均線の下に行ってしまいました。

この3日間で高値の9,650円から7,550円へと2,100円も下がってしまいました。

なんだか、8月中旬の神戸物産<3038>みたいになってきました。

ワークマン<7564>7,550-840 (-10.01%)

TSMCの決算が5四半期ぶりの増益で半導体関連銘柄の株価好調

台湾の半導体大手TSMCが、10月17日に発表した決算が5四半期ぶりの増益だったことを受け、今日の半導体関連銘柄の株価は好調でした。

アドバンテスト<6857>5,290+10 (+0.19%)
東エレク<8035>21,750-215 (-0.98%)
スクリーン<7735>7,660+560 (+7.89%)
ディスコ<6146>21,610-10 (-0.05%)
信越化学<4063>12,165+145 (+1.21%)
SUMCO<3436>1,788+73 (+4.26%)
ローツェ<6323>3,850+320 (+9.07%)
RSTECH<3445>4,210+305 (+7.81%)
タツモ<6266>1,270+96 (+8.18%)
マルマエ<6264>989+67 (+7.27%)
Vテク<7717>6,520+390 (+6.36%)
ヤマハMRH<6274>503+25 (+5.23%)
半導体市況 回復基調に TSMC、5四半期ぶり増益
【台北=伊原健作】世界の半導体業界の復調が鮮明になりつつある。大手の台湾積体電路製造(TSMC)が17日発表した2019年7~9月期決算は、本業の稼ぐ力を示す営業利益が5四半期ぶりに増益に転じた。前年同期比13%増で同期として過去最高となった。米アップルの新型スマートフォンや次世代高速通信「5G」向けの受注が好調で、今...

ホープ 台風19号によるイチゴの被害で株価ストップ高

台風19号の影響で各地のイチゴ農家に深刻な被害が出ているとの報道が相次いでいます。

これを受けイチゴの価格が上昇するのではとの思惑から、イチゴの生産や販売を行っているホープ<1382>の株が買われています。

ホープの株価は昨日に引き続き、今日もストップ高となりました。

ホープ<1382>1,626+300 (+22.62%)
【台風19号】栃木県イチゴも打撃深刻 出荷への影響を危惧 「全滅に近い」生産者も|経済,社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|台風19号|下野新聞 SOON(スーン)
記録的な豪雨を伴い東日本を直撃した台風19号の影響で、51年連続生産量日本一を誇る本県のイチゴにも甚大な被害が出ている。河川や農業用水路の氾濫などで佐野や栃木、鹿沼市など、県内各地でハウスの損壊や浸水で苗が水をかぶる被害が続出。今期の収穫を絶望視する農家もいる。本格的なイチゴのシーズンを前に、関係者からは出荷への影響を...

ネットワン 業績予想上方修正で株価上昇

クラウド、セキュリティのネットワンシステムズ<7518>は、10月17日に4~9月期の業績予想の上方修正を発表しました。

純利益が前年同期比51%増になりそうだとのことです。

これを受け今日のネットワンの株価は上昇しました。

ネットワン<7518>2,934+41 (+1.42%)
ネットワンの4~9月、純利益50億円に上方修正
システム開発のネットワンシステムズは17日、2019年4~9月期の連結純利益が前年同期比51%増の50億円になったと発表した。従来予想を15億円上回る。大企業を中心にクラウド構築が好調だったほか、下期に予定していた官公庁向けのクラウド関連のシステム構築案件を前倒しで計上したことが大きい。売上高は10%増の885億円と6...

くら寿司 増配発表で株価上昇

くら寿司<2695>は、10月17日に10円の増配を発表しました。

これを受け今日のくら寿司の株価は上昇しました。

くら寿司<2695>4,450+25 (+0.56%)
くら寿司、配当を10円増の年40円に 19年10月期
回転ずし大手のくら寿司は17日、2019年10月期の年間配当を従来予想から10円積み増し、40円にすると発表した。前期は30円。米国子会社が8月1日に米ナスダック市場に上場したのをうけ、記念配当を実施する。増配は2年ぶり。米国で上場

来週に向けての注目点

国外については、米国で取引時間開始前に以下のような決算発表があります。

  • コカ-コーラ<KO>

取引時間終了後には以下のような決算発表があります。

  • アメリカン・エキスプレス<AXP>

来週の主な予定は以下のようになっています。

10月19日(土)英国議会で離脱案審議
10月21日(月)日本9月 貿易統計
9月 コンビニ売上高
10月22日(火)日本即位礼正殿の儀で休場
10月23日(水)日本9月 全国百貨店売上高
10月24日(木)日本9月 全国スーパー売上高
欧州ECB理事会結果発表
米国10月 製造業PMI、非製造業PMI
タイトルとURLをコピーしました