【今日の市況】日経平均反発、しまむら 純利益1.1%増で株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今日から消費税が上がりました。

駅で切符が発券できなかったり、お店のレジが計算を間違えたりと、細かく不具合が起こっているようですね。

発券できない、旧運賃のまま…消費増税、各地でトラブル - 毎日新聞
 消費税増税に伴い、1日、各地の駅で切符が発券できないなどのトラブルが相次いだ。  大阪市で地下鉄を運行する大阪メトロによると、1日朝、増税に伴う運賃改定に合わせて新たに導入した券売機が正常に起動しないトラブルが24駅計57台で起きた。午前7時10分ごろまでに順次復旧したが、乗客9人が切符を購入でき
ミニストップ、会計で誤計算 増税直後にシステム障害:朝日新聞デジタル
 コンビニ大手のミニストップは1日、システム障害が起きたと発表した。障害は消費税率が10%に変わった午前0時に発生し、3時ごろまで続いた。税率10%で売るべき商品を8%で販売してしまったり、逆に1円以…

スシローは消費税が0%になってしまっているようですね。

スシローで「消費税0%」のシステム障害、増税どころか「免税」に
 回転ずしチェーン「スシロー」の一部店舗で2019年10月1日、消費税が「0%」になるシステムトラブルが発生している。トラブルが生じている店舗ではそのまま消費税を取らずに会計し、増税どころか減税を通り越して「免税」となってしまった。

では、今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数そろって反発しました。

米政府が中国企業の米国市場への上場を禁止しようとしているとの報道を、政府高官が否定したことで、米中対立の懸念が緩和しました。

NYダウ 26,916.83 +96.58 (+0.36%)
NASDAQ 7,999.33 +59.71 (+0.75%)
S&P500 2,976.74 +14.95 (+0.50%)
米国株、ダウ反発し96ドル高 米中対立への過度な懸念後退
【NQNニューヨーク=岩本貴子】9月30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前週末比96ドル58セント(0.4%)高の2万6916ドル83セントで終えた。「米国市場に上場してい

今日の日本市場

今日の日本市場は、主要な指数がすべて反発しました。

ドル円が108円20銭台と円安に振れていることもプラスに働きました。

日経平均 21,885.24 +129.40 (+0.59%)
TOPIX 1,603.00 +15.20 (+0.96%)
JPX日経400 14,331.12 +130.04 (+0.92%)
JASDAQ平均 3,385.13 +5.74 (+0.17%)
マザーズ指数 877.04 +1.04 (+0.12%)

また、今日は3Qの日銀短観が発表されました。

大企業製造業の景況感は3四半期連続で悪化しましたが、市場予想よりは良かったようで、これも株高に貢献したようです。

大企業製造業の景況感、3四半期連続悪化 日銀短観
日銀が1日発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)は6月の前回調査から2ポイント悪化し、プラス5となった。米中貿易摩擦の影響を受け、3四半期連

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

しまむら 純利益1.1%増で株価大幅高

アパレルのしまむら<8227>は、9月30日に3~8月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比1.1%増となりました。

過度な安売りを見直したようです。

これを受け今日のしまむらの株価は大幅高となりました。

しまむら<8227> 9,160 +600 (+7.01%)
しまむらの3~8月期、純利益1%増 低価格販売の見直しで
しまむらが30日発表した2019年3~8月期の連結決算は、純利益が前年同期比1%増の96億円だった。梅雨明けが遅れ7月に低気温の日が続いた影響で減収となったが、低価格販売の見直しなどで利益を確保した

最近好調だったゲーム関連が一転大幅安

ここのところずっと好調だったゲーム関連銘柄の株価が、今日は一転大幅安に。

でも、オルトプラス<3672>だけは、今日も元気にストップ高となりました。

「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-」の売り上げから配分があると発表したようですね。

KLab<3656> 1,088 -169 (-13.44%)
コロプラ<3668> 1,571 -212 (-11.89%)
gumi<3903> 694 -63 (-8.32%)
スクエニHD<9684> 4,845 -405 (-7.71%)
GameWith<6552> 898 -29 (-3.13%)
オルトプラス<3672> 719 +100 (+16.16%)

先週オルトプラスの株価が上がり始めてから、「ヒプノシスマイク」というものを知ったのですが、恐るべき人気ですね。

オルトプラス、『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』は売上配分あり サービス開始後の運営も行う | Social Game Info
オルトプラス<3672>は、10月1日、『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』参画発表後に寄せられた質問に対しての回答を行った。今回公開になったのは、質問の...

ヤフーの社名が「Zホールディングス」に

ヤフー<4689>の社名が今日から「Zホールディングス」に変わりました。

今日からキャッシュレス・ポイント還元事業が始まりましたが、小さなお店の集合体であるヤフーショッピングや楽天市場には、ポイント還元のあるお店が多いでしょうから、かなりお客さんが集まりそうな気がします。

今日は偶然にもZホールディングスと楽天の株価の上昇率が同じでした。

Zホールディングス<4689> 312 +8 (+2.63%)
楽天<4755> 1,093 +28 (+2.63%)

Amazonからヤフーショッピングや楽天に流れる人も多いかもしれんのぉ。

最近Amazonは配達が雑だったり、他人の購入履歴が見れたりと、イメージが悪くなっていますしね。

「Y」から「Z」へ…新生ヤフーの成長のカギは?
ヤフーが1日付で持ち株会社制に移行し、社名を「Zホールディングス(HD)」に変更する。同HDの傘下にネット広告や電子商取引(EC)事業を担うヤフー、金融系子会社の経営管理を担う中間持ち株会社を置く。

また、東芝メモリも今日から社名が「キオクシア」に変わりましたね。

課題山積で船出したキオクシア(旧東芝メモリ)、“船長不在”で大丈夫?
1日付で東芝メモリホールディングスから社名変更するキオクシアホールディングスは、“船長不在”という異例の船出となった。東芝時代からNAND型フラッシュメモリー事業を引っ張ってきた成毛康雄社長が病気療養

アダストリア 黒字転換で株価大幅高

アパレルのアダストリア<2685>は、9月30日に3~8月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期の赤字から、44億円の黒字へと転換しました。

これを受け今日のアダストリアの株価は大幅高となりました。

アダストリア<2685> 2,765 +336 (+13.83%)
アダストリアの3~8月期、最終黒字44億円 基幹ブランドが回復
カジュアル衣料のアダストリアが30日発表した2019年3~8月期の連結決算は、最終損益が44億円の黒字(前年同期は5億5400万円の赤字)だった。前年に苦戦していた基幹ブランドの販売が回復したほか、

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

キユーピー

マヨネーズでおなじみのキユーピー<2809>は、2018年12月~2019年8月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比0.3%増となりました。

キユーピーの18年12月~19年8月期、純利益0.3%増147億円
キユーピーが1日に発表した2018年12月~19年8月期の連結決算は、純利益が前年同期比0.3%増の147億円となった。売上高は前年同期比6%減の4074億円、経常利益は前年同期比4.2%減の262

アヲハタ

ジャムでおなじみのアヲハタは、2018年12月~2019年8月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比60.1%減となりました。

アヲハタがキユーピーの子会社だということを今日知りました。

アヲハタの18年12月~19年8月期、純利益60.1%減2億7200万円
アヲハタが1日に発表した2018年12月~19年8月期の連結決算は、純利益が前年同期比60.1%減の2億7200万円となった。売上高は前年同期比9.8%減の152億円、経常利益は前年同期比58.3%

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下の指標の発表があります。

  • 9月 ISM製造業景況指数

国内については、特に大きな予定はありません。

タイトルとURLをコピーしました