【今日の市況】日経平均続伸、コロプラ ドラゴンクエストウォーク500万DL突破で株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

台風17号が発生しました。

3連休を狙って、またこっちにやって来るようです。

本当に困ったヤツです。

では、今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数まちまちの動きとなりました。

NYダウは序盤調子よく上昇していましたが、米中貿易協議が難航しているとの報道などがいくつか出たことで、終盤にかけてマイナスに転じました。

NYダウ 27,094.79 -52.29 (-0.19%)
NASDAQ 8,182.87 +5.48 (+0.07%)
S&P500 3,006.79 +0.06 (0.00%)
米国株、ダウ反落 米中貿易協議への懸念が重荷: 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=戸部実華】19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反落し、前日比52ドル29セント安の2万7094ドル79セント(速報値)で終えた。米中の貿易協議への進展期待から買いが先行し、一時は125ドル高を付けた。

今日の日本市場

今日の日本市場はJPX日経400だけがマイナスで、その他の指数は続伸となりました。

日経平均は上海の取引が始まる10:30ぐらいまでは上昇基調でしたが、その後はじわじわと上げ幅を縮小しました。

これからの3連休に備えて、ポジションを調整したようですね。

日経平均 22,079.09 +34.64 (+0.16%)
TOPIX 1,616.23 +0.57 (+0.04%)
JPX日経400 14,439.66 -3.89 (-0.03%)
JASDAQ平均 3,369.97 +4.39 (+0.13%)
マザーズ指数 863.98 +15.69 (+1.85%)

騰落レシオがとうとう136になってしまいました。

これは年に何回も起きない高い水準です。

さあ、来週はどうなるでしょうか。

今日の取引時間前に8月の全国消費者物価指数(CPI)の発表がありました。

上昇率がさらに鈍化しているようです。

消費者物価8月0.5%上昇 2年1カ月ぶり水準に鈍化: 日本経済新聞
総務省が20日発表した8月の全国消費者物価指数(CPI、2015年=100)は、変動の大きい生鮮食品を除く総合が101.7と前年同月に比べて0.5%上がった。上昇率は2年1カ月ぶりの小ささだった。

また、今日の取引時間中には8月の全国百貨店売上高の発表がありました。

5カ月ぶりのプラスだそうで、梅雨が長くて不振だった7月から一転、8月暑かったことが効いたのでしょうか?

8月の全国百貨店売上高、前年比2.3%増 5カ月ぶりプラス: 日本経済新聞
日本百貨店協会が20日発表した8月の全国百貨店売上高は4200億円(全店ベース)だった。

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

コロプラ ドラゴンクエストウォーク500万DL突破で株価大幅高

このブログでも先日取り上げたばかりですが、ドラゴンクエストウォークが好調のようで、500万ダウンロードを突破したとのこと。

これを受け今日のコロプラ<3668>の株価は、一時ストップ高になるなど大幅高となりました。

証券会社の目標株価も引き上げられたようで、こちらもプラス材料になったようです。

コロプラ<3668> 982 +101 (+11.46%)
スクエニHD<9684> 4,690 +95 (+2.07%)
ドラクエウォーク、500万DL突破 リリースから1週間で
スマホゲーム「ドラゴンクエストウォーク」のダウンロード数が500万件を突破。同タイトルは12日にリリースされたばかりで、そのペースにネット上では驚く声が上がっている。

KLab 全世界累計1億5000万ダウンロードで株価大幅高

スマホゲーム開発のKLab<3656>は、全世界のダウンロード累計が1億5000万を突破したと発表しました。

ここのところ話題が多く、株価が乱高下しているKLabですが、今日の株価は大幅高となりました。

KLab<3656> 1,204 +107 (+9.75%)

今日もゲーム関連の話題が多かったですね。

そういえば今日は「Nintendo Switch Lite」の発売日でもありました。

KLab、提供タイトルの全世界累計DL数が1.5億を突破…『スクフェス』や『ブレソル』など提供タイトルで記念キャンペーン | Social Game Info
KLab<3656>は、KLabGamesのスタートから10周年を迎え、 提供タイトルの全世界累計ダウンロード数が1億5000万を突破したと発表した(特定ユーザーの複数回ダウンロードも含む...

ヤマトHD 特に材料がないのに突如の株価大幅安

今朝のヤマトHD<9064>の株価は出来高を伴って大幅安となりました。

これと言って特に材料が出ていなかったので、情報の入りづらい個人投資家の間では、「何があったのか?」と話題になっていたようです。

後になって立会外でかなり安めの価格での大口取引があったからということが分かったのですが、なぜそんなに安売りしてまであわてて売る必要があったのか定かでないため、安くても買いずらい感じになってしまいました。

ヤマトHD<9064> 1,740 -159 (-8.37%)
ヤマトHD---急落、立会外で大口クロス観測など需給要因が中心か
ヤマトHDは急落。特に目立った悪材料は観測されていないものの、本日寄り付き前の立会...

ハブ ラグビーワールドカップ効果で連日株価大幅高

英国風パブ「HUB」でおなじみのハブ<3030>は、今日から開催のラグビーワールドカップ効果で株価が連日の大幅高となっています。

ハブ<3030> 1,360 +89 (+7.00%)

海外からたくさんお客さんが来てくれるとありがたいですね。

ビールを切らすな、ラグビーW杯で臨戦態勢-桁違いの消費に対応へ
「絶好の機会だ」。20日に日本で開幕するラグビーワールドカップ(W杯)を前に、ビール消費への期待を寄せるのは、英国風パブ「HUB(ハブ)」を運営するハブの太田剛社長。観戦に訪れる外国人ファンはオーストラリアやアイルランドなどビール消費が多いことで知られる国ばかりだ。桁違いの消費が見込まれるため、関係者らはビール不足を招...

日本金銭機械 通期見通し下方修正で株価大幅安

日本金銭機械<6418>は、9月19日に通期の業績見通しの下方修正を発表しました。

連結純利益が前期比88%減になる見通しとのことで、今日の株価は大幅安となりました。

日本金銭機械<6418> 953 -44 (-4.41%)
日本金銭機械、20年3月期純利益88%減: 日本経済新聞
貨幣処理機大手の日本金銭機械は19日、2020年3月期の連結純利益が前期比88%減の1億5000万円となる見通しだと発表した。従来予想を5億5000万円下回る。ドイツや米国でカジノ向け紙幣識別機の入れ替えが想定に届かない。

来週に向けての注目点

国外については、今晩は特に大きな予定はありません。

国内については、月曜日が祝日で休場です。

来週の主な予定は以下のようになっています。

9月23日(月) 日本 秋分の日
米国 9月 製造業PMI、非製造業PMI
9月25日(水) 日本 8月 全国スーパー売上高
米国 8月 新築住宅販売件数
9月27日(金) 米国 8月 個人所得、個人支出
タイトルとURLをコピーしました