【今日の市況】ユニーファミマ ドンキの株を買い増しで株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

お盆休みが9連休だったかたも、今日からお仕事ですね。

では、今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

先週末の米国市場は、長期金利の下落が一服したことで、3指数とも大幅に上昇しました。

NYダウ 25,886.01 +306.62 (+1.20%)
NASDAQ 7,895.99 +129.37 (+1.67%)
S&P500 2,888.68 +41.08 (+1.44%)
NYダウ続伸、306ドル高 長期金利上昇で買い戻し
【ニューヨーク=関根沙羅】16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比306ドル62セント高の2万5886ドル01セントで取引を終えた。景気減速の兆しとして市場で懸念されていた米長期金利

8月15日の引け後に5~7月期の決算発表を行ったエヌビディア<NVDA>は、純利益は50%減でしたが、思ったより悪くなかったということで株価は大幅高となりました。

エヌビディア<NVDA> 159.56 +10.79 (+7.25%)
米NVIDIA、5~7月期の純利益半減 減収には歯止め
【シリコンバレー=佐藤浩実】米半導体大手NVIDIA(エヌビディア)が15日発表した2019年5~7月期決算は、売上高が前年同期比17%減の25億7900万ドル(約2740億円)だった。主力のゲーム

今日の日本市場

今日の日本市場は、NY市場の流れを引き継いで上昇しました。

日経平均 20,563.16 +144.35 (+0.71%)
TOPIX 1,494.33 +9.04 (+0.61%)
JASDAQ平均 3,331.80 +9.20 (+0.28%)
マザーズ指数 865.52 +13.12 (+1.54%)

また、今日は貿易収支の発表がありました。

中国向けの輸出が5カ月連続で前年同月比を下回ったとのことです。

7月の貿易収支は赤字、中国向け輸出減
財務省が19日発表した7月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2496億円の赤字となり、前年同月比でも赤字幅は9・8%増え…

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

ユニーファミマ ドンキの株を買い増しで株価大幅高

ユニー・ファミリーマートホールディングス<8028>は、8月16日にドン・キホーテでおなじみのパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス<7532>の株式を追加取得すると発表しました。

市場ではこの発表が両社にとってプラスであると考えられたようで、今日の株価はそろって大幅高となりました。

ユニー・ファミマ<8028> 2,380 +191 (+8.73%)
パンパシフィック<7532> 6,470 +260 (+4.19%)

どちらの社名も長いです。

ユニー・ファミマHD、PPIH(元ドンキ)の株を買い増しへ
ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は16日、ディスカウント大手のパン・パシフィック・インターナショナルHD(PPIH、元ドンキホーテHD)の株式を…

神戸物産 2営業日で株価1,000円下落

業務スーパーでおなじみの神戸物産<3038>の株価が2営業日連続で大幅安となりました。

神戸物産の株価は、2018年2月の1910円を底にずっと上昇基調を続け、今年の8月15日には3倍以上の6,380円に達していましたが、ここ2営業日で約1,000円下げてしまいました。

これといってネガティブなニュースが出たわけではないのですが、ヘッジファンドが新規で売り始めたとの報道が出ています。

神戸物産<3038> 5,360 -490 (-8.38%)
神戸物産は4日ぶり反落、前日の上場来高値受け新規カラ売りも - 東洋経済兜町特捜班 - 経済:朝日新聞デジタル
 神戸物産(3038)は利益確定売りに押されて4日ぶりに反落。午後1時45分現在では前日比530円(8.3%)安の5840円で東証1部の値下がり率銘柄ランキングの上位に入ってきている。 当社は冷凍食品
<東証>神戸物産が大幅続落 「ヘッジファンドが新規で売り」の声: 日本経済新聞
(10時50分、コード3038)「業務スーパー」を展開する神戸物産が連日で大幅安となっている。一時、前週末比430円(7.4%)安の5420円まで売られ、7月11日以来およそ1カ月ぶりの安値に沈んだ。

東洋エンジ、日揮 抗体医薬生産設備開発報道で株価大幅高

8月18日に東洋エンジニアリング<6330>や日揮<1963>が、抗体医薬の生産設備の開発に乗り出すとの報道がありました。

これを受け今日の両社の株価は大幅高となりました。

東洋エンジ<6330> 553 +40 (+7.80%)
日揮<1963> 1,260 +39 (+3.19%)
「安い抗体医薬」へ生産設備参入 東洋エンジや日揮
エンジニアリング大手が製造コストを抑えたがん治療向け「抗体医薬」の生産設備の開発に動き出す。東洋エンジニアリングは原料を無駄なく使える設備を用い、製造コストを3割程度抑えた。抗体医薬は治療効果が高い

リクルート 内定辞退率の件で今日も株価下落

リクナビが内定辞退率のデータを提供していた件で、それを利用していた企業の名前が次々と明らかになっています。

新たに3社の利用が判明し、現段階で38社中の10社となりました。

  1. ホンダ
  2. トヨタ自動車
  3. 大和総研HD
  4. NTTコムウェア
  5. NTTファシリティーズ
  6. りそなHD
  7. アフラック
  8. 東京エレクトロン
  9. YKK
  10. レオパレス

リクルートHD<6098>の株価は、8月13日以降5日続落となり、トータルで9%以上下落しています。

リクルートHD<6098> 3,311 -101 (-2.96%)
リクナビの内定辞退率予測データ、YKKとレオパレスが購入を発表
 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが学生の内定辞退率を予測したデータを38社に販売していた問題で、YKKとレオパレス21は2019年8月16日、同データを購入していたと発表した。

KLab、ブシロード ツイッターアカウント開設で株価大幅高

ラブライブ!の開発中スマホゲームの公式ツイッターアカウントが8月17日に開設されたことで、配信間近との憶測からKLab<3656>とブシロード<7803>の株価が大幅高となりました。

KLab<3656> 1,017 +123 (+13.76%)
ブシロード<7803> 2,503 +247 (+10.95%)

ラブライブ!は9周年だそうです。

息の長いシリーズになってきました。

KLabが大幅反発、スクスタ配信日近いとの思惑 ツイッター開設で
・値上がり率で東証1部3位 ・ブシロードも上昇

明日に向けての注目点

国外については、今晩は特に大きな予定はありません。

国内については、串カツ田中<3547>が引け後に増配を発表したぐらいでしょうか。

串カツ田中、未定だった今期配当は17円増配
串カツ田中ホールディングス が8月19日大引け後(15:00)に配当修正を発表。...

今日の東証一部の売買代金も2兆円を割ってしまいましたが、この調子だと明日も怪しいですね。

タイトルとURLをコピーしました