【今日の市況】アルゼンチンがすごいです、レオパレス 赤字だけど株価大幅高など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

いよいよ台風10号が迫って来ています。

お盆休みで帰省されているかたは、交通機関の状況など気になっていることでしょう。

では、今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも続落しました。

米長期金利の低下や米中貿易摩擦の激化懸念で売りが進みました。

NYダウは2カ月ぶりの26,000ドル割れとなりました。

NYダウ 25,897.71 -389.73 (-1.48%)
NASDAQ 7,863.41 -95.72 (-1.20%)
S&P500 2,883.09 -35.56 (-1.22%)

アルゼンチンの為替・株価がすごいことに

アルゼンチンの大統領予備選の結果で、現職の大統領が野党の候補に負けそうだということで、デフォルト懸念が再燃し、アルゼンチンの資産が急落しています。

昨晩アルゼンチンの通貨ペソは対ドルで15%安に、株式指数メルバルは37.93%下落するという大変な状況になっています。

そもそもアルゼンチンの最近のインフレ率は年50%を超えているようで、日本に住んでいるとまったくイメージできない、かなり厳しい経済状況のようです。

株式指数が1日で4割近く下げるなんて、こんなの見たことないです。

サラリーマンで昇給年1回だったりすると、インフレ率50%じゃ生きていける気がせんのぉ。

アルゼンチン資産が急落、ペソ最安値-大統領予備選の結果に衝撃
アルゼンチン大統領選の予備選挙で現職のマクリ大統領がポピュリストの野党候補に予想外の大差をつけられ2位となったことを受け、12日の金融市場で同国資産が急落した。

今日の日本市場

今日の日経平均は米国市場の流れを引き継いで、1%を超える大幅な下落となりました。

日経平均 20,455.44 -229.38 (-1.11%)
TOPIX 1,486.57 17.27 (-1.15%)
JASDAQ平均 3,357.79 -21.37 (-0.63%)
マザーズ指数 862.84 -8.90 (-1.02%)

また、今日の取引時間終了後に7月の工作機械受注が発表されました。

前年同月比33%減と10カ月連続で前年割れとなりました。

7月の工作機械受注額、前年比33%減 10カ月連続減
日本工作機械工業会が13日発表した7月の工作機械受注総額(速報)は前年同月比33%減の1012億6800万円と、10カ月連続で前年実績を下回った。内需は38.9%減の411億9300万円と8カ月連続

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

レオパレス 赤字だけど株価大幅高

レオパレス21<8848>は、8月9日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は57億円の赤字となりました。

しかし、この決算は市場予想よりは良かったようで、今日のレオパレスの株価は大幅高となりました。

レオパレス21<8848> 235 +11 (+4.91%)
レオパレスの4~6月期、最終赤字57億円に拡大 入居率の低下続く
施工不良問題を抱えるレオパレス21が9日発表した2019年4~6月期の連結決算は、最終損益が57億円の赤字(前年同期は9億5700万円の赤字)となり、2年連続の赤字となった。入居率の低下などで主力の

JDI 832億円赤字で株価大幅安

ジャパンディスプレイ<6740>は、8月9日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は832億円の赤字となりました。

今日のJDIの株価は大幅安となりました。

JDI<6740> 65 -5 (-7.14%)
Jディスプレの4~6月期、最終赤字832億円 772億円の債務超過に
経営再建中のジャパンディスプレイが9日発表した2019年4~6月期の連結決算は、最終損益が832億円の赤字(前年同期は17億円の赤字)だった。スマートフォン向け液晶パネルの販売低調が続いた。売上高は

東邦亜鉛 29億円赤字で株価大幅安

亜鉛の精錬大手の東邦亜鉛<5707>は、 8月9日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は29億円の赤字となりました。

併せて通期の業績予想を黒字から赤字へ下方修正しています。

これを受け今日の東邦亜鉛の株価は一時ストップ安になるなど大幅安となりました。

東邦亜鉛<5707> 1,724 -376 (-17.90%)
東邦亜鉛の20年3月期、一転最終赤字 亜鉛市況悪化で
東邦亜鉛は9日、2020年3月期の連結最終損益が15億円の赤字(前期は25億円の赤字)になりそうだと発表した。従来予想(30億円の黒字)から一転して2期連続の最終赤字となる。世界景気の減速懸念による

JFE 純利益65%減で株価大幅安

鉄鋼大手のジェイ エフ イー ホールディングス<5411>は、8月9日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比65%減となりました。

併せて通期の業績予想を下方修正しました。

これを受け今日のJFEの株価は大幅安となりました。

JFE<5411> 1,213.5 -81 (-6.26%)
JFEの今期、純利益45%減の900億円に 鉄鋼事業の採算悪化
JFEホールディングス(5411)は9日、2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比45%減の900億円になる見通しだと発表した。従来は事業利益だけを公表していた。主力の鉄鋼事業の採算が悪

ブリヂストン 純利益12%減で株価下落

ブリヂストン<5108>は、8月9日に1~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比12%減となりました。

北米などでタイヤの需要が弱かったとのことです。

併せて通期の業績予想を増益から減益へと下方修正しました。

これを受けて今日のブリヂストンの株価は下落しました。

ブリヂストン<5108> 3,933 -131 (-3.22%)
ブリヂストン、一転1%減益 19年12月期通期 自動車向け低迷
ブリヂストンは9日、2019年12月期通期の連結純利益が前期比1%減の2900億円になりそうだと発表した。従来予想(3%増の3000億円)を100億円下回り、一転減益となる。最終減益は3期ぶり。主力

湖池屋 純利益168%増で株価上昇

ポテトチップスでおなじみの湖池屋<2226>は、8月9日に2019年6月期の決算を発表しました。

純利益は前年比168%増となりました。

ポテトチップスが定番商品、高付加価値商品ともに売れたとのことです。

これを受け今日の湖池屋の株価は上昇しました。

湖池屋<2226> 4,895 +65 (+1.35%)
ポテチ好調、湖池屋の19年6月期 純利益2.7倍
相次ぐ減益決算を尻目に、ポテトチップスなどを手掛ける湖池屋が快走している。9日発表した2019年6月期の連結決算は純利益が前の期比2.7倍の3億6800万円だった。主力商品の売れ行きが好調に推移した

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

ドン・キホーテでおなじみのパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス<7532>は、2019年6月期の決算を発表しました。

純利益は前年比33%増となりました。

パンパシHD、吉田専務が社長に昇格 前期純利益は33%増
ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(7532)は13日、吉田直樹専務が社長に昇格する人事を発表した。大原孝治社長は創業会長特任

コロプラ

スマホゲームのコロプラ<3668>は、2018年10月~2019年6月期の決算を発表しました。

純利益は1.5億円の赤字となりました。

コロプラ、不適切取引問題の調査結果を公表 取締役1人が辞任
コロプラ(3668)は13日、6月に公表した不適切な取引に関する特別調査委員会の調査結果を公表した。役職者を含む従業員2人が自社費用を使って自社ゲーム「最果てのバベル」に課金するよう取引先に依頼し、

明日に向けての注目点

国外については、以下の指標の発表があります。

  • ドイツ 8月 ZEW景況感調査
  • 米国 7月 消費者物価指数

国内はあと少し決算発表があります。

明日の取引時間後には、以下のような決算発表があります。

  • MTG<7806>
  • スルガ銀行<8358>
  • CYBERDYNE<7779>
  • トリドールホールディングス<3397>
タイトルとURLをコピーしました