【今日の市況】日経平均一時20,110円まで下落後下げ幅縮小、SUBARU続伸など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

台風8号が上陸したばかりなのに、もう台風10号が発生したそうです。

皆さんお気をつけ下さい。

では、今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、3指数とも続落しました。

NYダウは5営業日続落し、下げ幅は今年最大となりました。

また、取引時間終了後に米財務省が中国を為替操作国に指定したと発表。

これを受けNYダウ先物などもさらに大幅に下落する場面がありました。

NYダウ 25,717.74 -767.27 (-2.90%)
NASDAQ 7,726.04 -278.03 (-3.47%)
S&P500 2,844.74 -87.31 (-2.98%)
米国株、大幅続落 ダウ今年最大の下げ幅、米中対立の激化を警戒
【NQNニューヨーク=滝口朋史】5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に5日続落し、前週末比767ドル27セント安の2万5717ドル74セント(速報値)と6月5日以来2カ月ぶりの安値で終えた。下
米、中国を為替操作国に指定 圧力を強化
【ワシントン=鳳山太成】米財務省は5日、貿易で有利になるよう意図的に通貨を切り下げているとして中国を「為替操作国」に指定したと発表した。通貨・人民元の対ドル相場が1ドル=7元台に下落し、トランプ大統

今日の日本市場

今日の日本市場は、昨晩のNY市場の大幅下落や為替操作国認定のニュースの影響で、大幅に下落してスタートしました。

日経平均は取引開始直後に昨日の終値から600円以上安い20,110円まで下落したあと、徐々に下げ幅を縮小しました。

日経平均 20,585.31 -134.98 (-0.65%)
TOPIX 1,499.23 -6.65 (-0.44%)
JASDAQ平均 3,371.79 -15.82 (-0.47%)
マザーズ指数 871.95 +0.40 (+0.05%)

取引時間前の段階では、日経平均が2万円を割るだろうと覚悟しとったんじゃが、意外に踏ん張ったのぉ。

為替も急に1円以上円安に動いてしまって、なんだかとっても不自然です。

何か大きな力の介入があったのでしょうか?

GPIFが国外の資産を買ったとかいう噂が出とったが、そう勘ぐられても仕方ないぐらいの動きじゃったのぉ。

また、今日は6月の消費支出と勤労統計が発表されました。

6月の実質消費支出は2.7%増 夏休みの旅行費支払い膨らむ
総務省が6日発表した6月の家計調査によると2人以上世帯の消費支出は1世帯あたり27万6882円と、物価変動の影響を除いた実質(変動調整値)で前年同月比2.7%増加した。7カ月連続の増加で、夏季休暇に
6月実質賃金は前年比0.5%減、物価高止まり響く=毎月勤労統計
厚生労働省が6日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、6月の実質賃金は0.5%減少と、前年同月を6カ月連続で下回った。消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総...

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

SUBARU続伸

昨日の取引時間中に、純利益前年同期比40%増の決算を発表したSUBARU<7270>。

今日も株価は絶好調で、8%を超える大幅高となりました。

SUBARU<7270> 2,760 +206.5 (+8.09%)
SUBARUの4~6月期、純利益40%増 北米中心に販売好調
SUBARUが5日発表した2019年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期比40%増の664億円だった。北米を中心に販売が大きく増加したほか、販売奨励金も減少したことで採算が向上した

日本製鋼所 進捗率が高く株価大幅高

日本製鋼所<5631>は、8月5日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比9%減でしたが、営業利益の進捗率が高かったため、今日の株価は大幅高となりました。

日本製鋼所<5631> 1,788 +115 (+6.87%)
日製鋼の4~6月期、純利益9%減 固定資産売却益が減少
日本製鋼所が5日発表した2019年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比9%減の62億円だった。前年同期に計上した持ち分法投資利益がなくなったほか、固定資産の売却益が減った。営業利益は前年同期並

スズキ 純利益53%減でも株価はわずかにプラス

スズキ<7269>は、8月5日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比53%減となりました。

インドでの四輪車の販売が20%減ったとのことです。

今日のスズキの株価は一時年初来安値をつけましたが、最後はプラスに戻して引けました。

スズキ<7269> 3,918 +11 (+0.28%)
スズキの4~6月期、純利益53%減 インド・日本で四輪車低調
スズキが5日発表した2019年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比53%減の405億円だった。インドや日本で四輪車の販売が低調だった。  売上高は8%減の9075億円だった。四輪車の世界販売台数

ソフトバンク 純利益2%増で株価上昇

通信のソフトバンク<9434>は、8月5日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2%増となりました。

PayPayなどで出ていった分を携帯契約数の伸びなどでカバーしたとのことです。

これを受け今日のソフトバンクの株価は上昇しました。

ソフトバンク<9434> 1,479.5 +21 (+1.44%)
ソフトバンク、4~6月最終2%増益、携帯契約数伸びる
ソフトバンクが5日発表した2019年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が2%増の1647億円だった。積極的な販促で携帯電話の契約数が伸びた。格安スマートフォンなど複数の携帯ブランドで顧客が

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

ダイキン

ダイキン工業<6367>は、4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比6%増となりました。

ダイキンの4~6月期、純利益6%増 空調機器の需要拡大
ダイキン工業が6日発表した2019年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比6%増の631億円だった。国内外で空調機器の販売が堅調に推移し、業績をけん引した。  売上高は4%増の6812億円。国内は

SUMCO

シリコンウエハ大手のSUMCO<3436>は、1~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比18%減となりました。

SUMCOの1~6月、純利益18%減 ウエハー販売低調
SUMCOが6日発表した2019年1~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比18%減の229億円だった。スマートフォンの販売低調やデータセンター向けの投資抑制などを背景とした半導体需要の減少で、半導

キリン

キリンホールディングス<2503>は、1~6月期の決算を発表しました。

純利益は73億円の赤字となりました。

併せて通期の業績予想を下方修正しました。

キリンHDの今期、純利益66%減に下方修正 想定為替を見直し
キリンホールディングスは6日、2019年12月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比66%減の560億円になりそうだと発表した。62%減の629億円としていた従来予想から下方修正した。オセアニア総合

ルネサス

車載用マイコン大手のルネサス<6723>は、1~6月期の決算を発表しました。

純利益は30億円の赤字となりました。

ルネサスの1~6月期、最終赤字30億円 産業向け販売が振るわず
ルネサスエレクトロニクス(6723)が6日発表した2019年1~6月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が30億円の赤字(前年同期は501億円の黒字)だった。半導体市況の悪化や産業機器向けなどの

NTT

NTTこと日本電信電話<9432>は、4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比3%減となりました。

NTTの4~6月期、純利益3%減 NTTドコモの採算悪化で
NTT(9432)が6日発表した2019年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比3%減の2805億円だった。通信料金値下げに伴い傘下のNTTドコモ(9437)の採算が悪化した。  

明日に向けての注目点

国外については、今日は特に大きなものはありません。

国内は決算発表が続きます。

明日の取引時間中(もしくは昼休み中)には、以下のような決算発表があります。

  • 東芝<6502>
  • JXTGホールディングス<5020>
  • 日清食品ホールディングス<2897>
  • 森永乳業<2264>

明日の取引時間後には、以下のような決算発表があります。

  • 昭和電工<4004>
  • 電通<4324>
  • クボタ<6326>
  • ジャパンディスプレイ<6740> ⇒ 8月9日に延期
  • IHI<7013>
  • 大日本印刷<7912>
  • 丸井グループ<8252>
  • ソフトバンクグループ<9984>
タイトルとURLをコピーしました