【今日の市況】ドル円105円台、SUBARU 純利益40%増で株価上昇など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

台風8号が接近しているようです。

台風の進行方向にお住いのかたはご注意ください。

では、今日の市況についての投稿です。

先週末の米国市場

先週末の米国市場は、3指数とも続落しました。

前日に引き続き、対中制裁関税第4弾で米中貿易摩擦が激しくなるのではとの懸念から、中国関連銘柄を中心に売りが広がりました。

NYダウ 26,485.01 -98.41 (-0.37%)
NASDAQ 8,004.07 -107.04 (-1.32%)
S&P500 2,932.05 -21.51 (-0.73%)

また、7月の雇用統計が発表されました。

非農業部門の就業者数は前月と比べて16万4千人増と、市場予測通りの水準になりましたが、昨年と比べて伸びは鈍っています。

米雇用、7月は16万人増 貿易戦争で伸び鈍る(写真=ロイター)
【ワシントン=河浪武史】米労働省が2日発表した7月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数が前月比16万4千人増えた。増加幅は市場予測(16万人程度)並みを保っ

今日の日本市場

今日の日本市場は、先週末のNY市場の流れを引き継いで大幅に下落しました。

日経平均は一時20,514円まで下落する場面がありました。

日経平均 20,720.29 -366.87 (-1.74%)
TOPIX 1,505.88 -27.58 (-1.80%)
JASDAQ平均 3,387.61 -51.81 (-1.51%)
マザーズ指数 871.55 -21.03 (-2.36%)

また、今日も為替が大きく円高に動き、105円台に突入しています。

円急騰、一時105円台 政府・日銀が緊急会合
米中貿易摩擦の再燃に伴う金融市場の動揺が収まらない。5日の東京市場では円相場が一時、1ドル=105円台後半と7カ月ぶりの高値を付け、日経平均株価は前週末比500円超下落。長期金利の指標となる10年物

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

SUBARU 純利益40%増で株価上昇

SUBARU<7270>は、今日の取引時間中に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比40%増となりました。

これを受けSUBARUの株価は上昇しました。

SUBARU<7270> 2,553.5 +95.5 (+3.89%)

自動車はトヨタ以外は総崩れかと思ったらそうでもなかったようじゃの。

北米でよく売れたみたいです。

あっちの人は貿易戦争とか、気にしないみたいですね。

SUBARUの4~6月期、純利益40%増 北米中心に販売好調
SUBARUが5日発表した2019年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期比40%増の664億円だった。北米を中心に販売が大きく増加したほか、販売奨励金も減少したことで採算が向上した

アシックス 純利益61%増で株価大幅高

アシックス<7936>は、8月2日に1~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比61%増となりました。

併せて12月末に記念配当6円を実施すると発表しました。

これを受けて今日のアシックスの株価は、一時ストップ高になるなど大幅高となりました。

アシックス<7936> 1,395 +269 (+23.89%)
アシックス、記念配当6円 19年12月期純利益を上方修正
アシックスは2日、2019年12月期末に創立70年の記念配当6円を実施すると発表した。通期で従来予想の24円と合わせて30円配(前期は24円)となる。19年12月通期の連結最終損益が75億円の黒字(

オリンパス 黒字転換で株価大幅高

オリンパス<7733>は、8月2日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期の166億円の赤字から86億円の黒字に転換しました。

今日のオリンパスの株価は大幅高となりました。

オリンパス<7733> 1,226 +51 (+4.34%)
オリンパスの4~6月期、86億円の最終黒字 訴訟和解金など計上一巡
オリンパスが2日発表した2019年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が86億円の黒字(前年同期は166億円の赤字)だった。過去の不正会計に絡んだ機関投資家との損害賠償請求訴訟の和解金な

神戸製鋼所 4~6月期赤字で株価大幅安

神戸製鋼所<5406>は、8月2日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は11億円の赤字となりました。

海外で自動車向けの鋼材の需要が落ち込んでいるとのことです。

併せて通期の業績予想を下方修正しました。

これを受け今日の神戸製鋼所の株価は、一時ストップ安をつけるなど大幅安となりました。

神戸製鋼所<5406> 559 -100 (-15.17%)
神戸製鋼、20年3月期予想を下方修正 純利益7割減
神戸製鋼所は2日、2020年3月期の連結業績予想を引き下げた。純利益は従来見通しの250億円から、前期比72%減の100億円に下方修正した。記者会見した勝川四志彦取締役によると、採算の良い自動車向け

シスメックス 純利益29%減で株価大幅安

シスメックス<6869>は、8月2日に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比29%減となりました。

今日のシスメックスの株価は12%を超える大幅安となりました。

シスメックス<6869> 6,950 -988 (-12.45%)
シスメックスの4~6月、純利益29%減 原価率が悪化
血液検査機器大手のシスメックスが2日発表した2019年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比29%減の66億円だった。機器販売などは好調だったが、他社製品の仕入れ増加などで原価率

大成建設 純利益65%増で株価上昇

大成建設<1801>は、今日の取引時間中に4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比65%増となりました。

今日の大成建設の株価は上昇しました。

大成建設<1801> 3,810 +125 (+3.39%)
大成建の4~6月期、純利益65%増 工事採算が改善
大成建設が5日発表した2019年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比65%増の214億円だった。主力の土木事業と建築事業それぞれの売り上げが伸びたうえ、工事採算が改善した。売上高は10%増の3

今日の注目決算

今日の取引時間終了後に発表された決算についていくつかご紹介します。

太陽誘電

太陽誘電<6976>は、4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比27%増となりました。

太陽誘電、4~6月期の純利益27%増 コンデンサーが好調
太陽誘電が5日発表した2019年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比27%増の71億円だった。4~6月期として2年連続で最高益を更新した。主力のセラミックコンデンサーの販売が自動車向けなどに好

スズキ

スズキ<7269>は、4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比53%減となりました。

スズキの4~6月期、純利益53%減 インド・日本で四輪車低調
スズキが5日発表した2019年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比53%減の405億円だった。インドや日本で四輪車の販売が低調だった。売上高は8%減の9075億円だった。四輪車の世界販売台数は

ソフトバンク

ソフトバンク<9434>は、4~6月期の決算を発表しました。

純利益は前年同期比2%増となりました。

ソフトバンクの4─6月営業益3.7%増、宮内社長「計画少し上回る」
ソフトバンクが5日発表した2019年4─6月期(国際会計基準)の営業利益は前年比3.7%増の2688億円だった。リフィニティブが集計したアナリス...

明日に向けての注目点

国外については、今晩米国で以下の指標が発表されます。

  • 7月 非製造業PMI
  • 7月 ISM非製造業景況指数

国内は決算発表が続きます。

取引時間中(もしくは昼休み中)には、以下のような決算発表があります。

  • 鹿島建設<1812>

取引時間後には、以下のような決算発表があります。

  • 明治ホールディングス<2269>
  • キリンホールディングス<2503>
  • カゴメ<2811>
  • SUMCO<3436>
  • タカラバイオ<4974>
  • 東海カーボン<5301>
  • ダイキン工業<6367>
  • ワークマン<7564>
  • 三菱地所<8802>
  • 日本電信電話<9432>
タイトルとURLをコピーしました