バルチック海運指数がかなり上がってきました

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今回は巷ではあまり聞き馴れない指数、バルチック海運指数についての投稿です。

バルチック海運指数とは

バルチック海運指数(Baltic Dry Index)というのは、鉄鉱石、石炭、穀物などを運ぶ「ばら積み船」の不定期船運賃の指数です。

船の運賃が上昇するということは、それだけ運びたいものが多くある、つまり経済活動が活発であるということになりますので、この指数は2カ月ぐらい先の世界経済の先行指標として重宝されています。

※バルチック海運指数の最新のチャートは以下で見ることができます

BDIY 銘柄 - バルチック海運指数 名称
バルチック海運指数 (BDIY)のインデックス指数詳細 - 指数の値、チャート、指数概要や関連マーケットデータをご覧ください。

7月19日時点で2,170に到達

そのバルチック海運指数が6月中旬の1,100前後から、7月19日時点で2,170へと急上昇しています。

それ以前も上昇基調ではありましたが、ここに来てスピードアップ。

日経の記事によると、中国が景気刺激策でインフラ投資を増やしているからということなのですが、これが一時的なものなのか、それともしばらく続くのか、今後の推移に注目したいと思います。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO47558270Z10C19A7QM8000/

日本の海運株の状況は

このバルチック海運指数は海運会社の株価と関連性が高いと言われています。

日本の大手海運会社として、日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>の3社がありますが、ここでは商船三井の直近の株価のチャートを見てみましょう。

途中まではこの流れに乗っていたものの、もう十分儲かったのか皆さん売ってしまったようですね。

世知辛い世の中です~。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL09HCQ_Z00C19A7000000/

ブラジルの事故

ちなみにバルチック海運指数は、今年1月25日のブラジルの鉱山でのダム決壊事故以降急落し、2月11日に595をつけました。

当時は本当にブラジルの事故の影響だけなのか、それとも世界経済全体が落ち込んでしまう予兆なのか、とても不安に思っていましたが、その後回復基調に乗って現在に至っています。

SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト
SankeiBiz(サンケイビズ)は産経新聞グループの経済情報サイトです。「仕事・キャリア」「自分磨き」を主なテーマに、ニュースはもちろん、気鋭の経営者や識者が...
タイトルとURLをコピーしました