【今日の市況】日本市場は休場、中国のGDPは6.2%に減速、かんぽ全契約者に意向確認など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

3連休も今日が最終日です。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今日の日本市場はお休みですので、いくつかニュースなどについて投稿します。

先週末の米国市場

先週末の米国市場は、3指数とも上昇しました。

NYダウは前の営業日に初めて27,000ドルを超えたばかりなのですが、その翌営業日にはもう27,322ドルに達するという、ちょっと心配になるような上昇スピードを見せています。

NYダウ 27,332.03 +243.95 (+0.90%)
NASDAQ 8,244.14 +48.10 (+0.59%)
S&P500 3,013.77 +13.86 (+0.46%)

今日のニュース

中国のGDPは6.2%に減速

中国の国家統計局が、4~6月期の実質経済成長率を発表しました。

GDPは物価の変動を除いた実質で前年同期より6.2%増と、統計を遡ることのできる1992年以降で最低だったとのこと。

先週の安川電機<6506>の決算に続いて、ハイテクなど中国関連銘柄への悪材料となります。

明日の関連銘柄の株価は要チェックです。

ただ、今日の上海総合指数はプラスでした。

このGDPの結果は、既に織り込まれていて、逆に思ったほど悪くなかったと捉えられたのかもしれません。

上海総合指数 2,942.18 +11.63 (+0.40%)
中国成長率6.2%に減速、1992年以降で最低 4~6月
【北京=原田逸策】中国国家統計局が15日発表した2019年4~6月の国内総生産(GDP)は、物価の変動を除いた実質で前年同期より6.2%増えた。1~3月期から0.2ポイント縮小した。リーマン・ショック

ファーウェイが米国事業縮小

同じく中国関連ですが、ファーウェイが米国での事業を縮小すると、ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたとのこと。

もともと米国市場の開拓は進んでいなかったらしく、大きなダメージはないのかもしれませんが、気になるニュースではあります。

ファーウェイが米国事業縮小、制裁影響で 米紙…(写真=ロイター)
【広州=川上尚志】中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)が、米国事業の大幅な縮小を検討していることが14日分かった。複数の米メディアが報じた。米国による制裁で米企業との取引が事実上禁じられ、事

かんぽ全契約者に意向確認

かんぽ生命保険<7181>の不適切販売の問題で、販売委託を受けている日本郵便が、契約内容が合っていたかどうかなどについて、全契約者に確認するとのこと。

かんぽ生命の顧客は約2648万人とされ、大変大規模な確認作業となります。

先週金曜日の株価の下落は軽微でしたが、明日はまた大きく反応する可能性がありますね。

かんぽ生命<7181> 1,791 -4 (-0.22%)
かんぽ全顧客に意向確認 2900万件、不満なら返金も
かんぽ生命保険で多数の不適切販売があった問題で、同社と販売を受託している日本郵便が、すべての契約者に保険の契約内容が希望に合っているかなどの意向を確認することが分かった。2900万件に上る全契約を対

ボーイング機の運航再開が20年までずれ込む可能性

ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が、ボーイング<BA>の新型機「737MAX」の運航再開が2020年1月までずれ込む可能性があると報じたとのこと。

737MAXは2度の墜落事故を起こし、米連邦航空局や各国当局により、運航停止措置が続いています。

ボーイングはNYダウの採用銘柄ですから、指数にも影響が出そうですね。

ボーイング機の運航再開、20年に延びる可能性 米…(写真=AP)
【ニューヨーク=中山修志】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は14日、2度の墜落事故で停止している米ボーイングの新型機「737MAX」の運航再開が2020年1月にずれ込む可能性があると報

ちなみにNYダウ工業株30種平均の採用銘柄のリストは以下で見れます。

INDU Members - NYダウ 工業株30種
NYダウ 工業株30種 (INDU) の指数構成銘柄、上場株式を一覧表示でご覧いただけます。
タイトルとURLをコピーしました