【今日の市況】バンナムHD日経平均採用、「Nintendo Switch Lite」登場など

株式
スポンサーリンク

こんにちは、進化型タヌキです。

今年の夏は気温が上がりませんね。

去年の夏はあれだけ暑かったのに、なんだか拍子抜けです。

では、今日の市況についての投稿です。

昨晩の米国市場

昨晩の米国市場は、パウエルFRB議長の議会証言により利下げ期待がさらに高まって、NYダウ、NASDAQ、S&P500がすべて上昇。

特にNASDAQは史上最高値を更新し、S&P500も取引時間中に大台の3000ポイントを超える場面がありました。

NYダウ 26,860.20 +76.71 (+0.29%)
NASDAQ 8,202.53 +60.80 (+0.75%)
S&P500 2,993.07 +13.44 (+0.45%)

今日の日本市場

今日の日経平均はNY市場の流れを引き継いで上昇しました。

日経平均 21,643.53 +110.05 (+0.51%)
TOPIX 1,578.63 +7.31 (+0.47%)
JASDAQ平均 3,460.53 +5.19 (+0.15%)
マザーズ指数 917.34 -2.83 (-0.31%)

以下、個人的に気になった日本市場の出来事をいくつかご紹介します。

バンナムHD日経平均採用

千代田化工建設<6366>が日経平均構成銘柄から除外されるため、その補充としてバンダイナムコホールディングス<7832>が新たに採用されることが昨日発表されました。

入れ替えは8月1日に実施されます。

バンナムHDの日経平均採用は誰も予想していなかったようで、本日の株価はストップ高のままでした。

逆にこれまで採用が予想されていたDMG森精機<6141>の株価は大幅に下落しました。

千代田化工建設<6366> 305 -8 (-2.56%)
バンナムHD<7832> 6,190 +1,000 (+19.27%)
DMG森精機<6141> 1,599 -174 (-9.81%)
バンナムH株に買い注文集中、日経平均採用で-DMG森精は急落
11日の東京株式市場で、バンダイナムコホールディングス株は買い優勢で始まり、ストップ高水準の買い気配になっている。日本経済新聞社は10日、日経平均株価の構成銘柄について千代田化工建設を8月1日から除外し、バンナムHを採用すると発表した。

任天堂「Nintendo Switch Lite」を発表

任天堂<7974>はNintendo Switchの携帯性をさらに向上させた「Nintendo Switch Lite」を9月20日に 19,980円(税別)で発売することを発表しました。

テレビに接続できる機能を省き、携帯に特化することで従来版から1万円程度価格をおさえています。

ネットでも「ボッチ用Switchが出た」と話題になっているようです。

今日の任天堂<7974>の株価は、年初来高値を更新しました。

任天堂<7974> 41,660 +1,660 (+4.15%)
Nintendo Switch Lite | 任天堂
「Nintendo Switch Lite』小さく、軽く、持ち運びやすい、携帯専用のNintendo Switch

今日は一般人にもなじみのあるホビー系の話題が豊富で楽しいです。

ワシはもう長時間ゲームをする体力がないでのぉ。

ファミリーコンピュータでエキサイトバイクをやってたころが懐かしいわい。

かんぽ生命保険の不適切販売

かんぽ生命保険<7181>の株価は昨日の記者会見を受けて、さらに大幅に下落しました。

かんぽ生命<7181> 1,795 -123 (-6.41%)

為替

米国の利下げ期待がさらに高まったことで、昨日の108.97からほぼ1円近く円高ドル安に動く場面がありました。

〔マーケットアイ〕外為:ドル107円台へ下落、1週間ぶり安値 米が...

個人的には外貨の資産も持っとるから、地味に効くのぉ。

主体別売買動向

毎週木曜日は主体別売買動向の発表日です。

今日は7月第1週の動向が発表され、9週ぶりに海外投資家が買いに転じたということです。

東証REIT指数が2015年の高値を突破

最近調子のいい東証REIT指数ですが、ついに2015年の高値を抜きました。

2007年以来11年数カ月ぶりの高値だとのことです。

東証REIT指数 2,008.31 +12.06 (+0.60%)
東証REIT指数、11年7カ月ぶり高値 利回り求め資金流入
不動産投資信託(REIT)相場の値上がりが続いている。国内REITの総合的な値動きを示す東証REIT指数は10日、2007年以来およそ11年半ぶりの高値を付けた。10年国債利回りがマイナス圏に沈むな

つい先日から東証REIT指数連動型の投資信託を積み立て始めたのじゃ。

でも、コメンテーターがこの状況をプチバブル呼ばわりしとって、心配になってきたぞ。

もうここらが天井なんじゃろうか。

明日に向けての注目点

安川電機

3~5月期の決算発表で営業利益が前年比58.2減となりました。

安川電機<6506>の決算は、ハイテク系銘柄の明日を占うバロメーターとして有名で、注目している人もたくさんいます。

明日の関連銘柄の値動きには要注意ですね。

安川電の19年3~5月期、純利益70%減 予想据え置き
安川電機が11日発表した2019年3~5月期の連結決算は、純利益が前年同期比70%減の47億円だった。米中貿易摩擦を背景に、中国などの顧客企業が設備投資を手控えた影響が大きかった。半導体市況が悪化し
タイトルとURLをコピーしました